人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2019年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

表題の件。
友人が丁寧にレポートして下さっているので、詳しくはこちら。




結論から言うと、現時点ではドライバーが極端に減っていると思う。

都心の渋滞のひどい道路沿いに住む我々は、これまでの方針は。

1. Grab Plusが比較的ドライバー数が多くて掴まえやすい。それより安いJust Grubはマイビー等乗り心地の悪い車が多いので、ドライバー数が多くても避けたい。

2. 5つ星ホテルとか高級レストランに乗り付ける時はドアマンの対応が違うから、高級車のGrub Premier。
ただしドライバー数が少なく掴まえるまでに時間がかかるので、時間にゆとりを持って呼び始める必要がある。


ただ、3日前からはGrab PlusやJust Grubのドライバーが激減して、夕方のピークタイムどころか昼間の通常時間帯でも掴まえられない。

逆に「1割のドライバーしかeVSを取得していない」と言われるそのドライバーさんの大半がGrub Premierの人なのか、Grub Premierならこれまで通りに掴まえられる。


結論として、夕方のピークタイムとランチ前後の通常時間帯に呼ぶならGrub Premier。
レストランから帰宅する3時前後のオフピークならGrab Plusでも時間をかければ掴まえられる。

と思われる。



さて実際に規制の始まった初日の金曜日昼と、期限は3か月延長とアナウンスされた後の日曜日の昼に乗ってみた実録は。


規制初日金曜のランチに出かけようとするとGrab Plusを30分呼び続けても掴まえられず、Grub Premierにしたらすぐにgetできた。

ランチ帰りの3時半頃にはGrab Plusをすぐにgetできた。

延長発表2日後の日曜日のランチはGrab Plusを20分呼んでみて諦め、Grub Premierにしたらすぐにgetできた。

ランチ帰りの3時にはGrab Plusを20分ほど呼んで諦めかけた瞬間にgetできた。
このドライバーさんに免許の件を聞いてみたら。

彼自身はパートタイムのドライバーで、現在eVP申請中。
金曜日にアナウンスされた規制3か月延期の報を聞いて、勤務再開。
申請自体はオンラインでできるから大きな手間ではなかった。
自分の車は3か月前に買った新車だから、厳しい条件を満たす必要がなかったから。
多分2週間くらいで免許を取得できると思う。



規制後4回の経験はこんな感じ。
4人目のドライバーさんみたいに申請中で勤務再開してくれる人が増えれば、週明け以降は事態も好転するのだろうか。






………………………………………………………












by omoutsubo-bar | 2019-07-14 19:40 | KL情報 | Trackback | Comments(0)
次回行ってオーダーしたら絶対写真を横から撮り直そう、メニューには載っていない特注の鰻巻。
中の鰻が捌き立て、焼き立てでトロッとした卵とタレに旨みが閉じ込められている。

f0189987_09542706.jpg


メニューに載っている鰻巻は、外見は一見同じに見えるが。

f0189987_09561445.jpg


鰻が真空パックのFactory-made鰻なので身が固くて少ない。

f0189987_09565437.jpg

値段は倍以上の1巻98RM++(通常のは48RM++)になるけど、味わいは倍どころか無限大に旨さが増すのでリーズナブルと思う。






………………………………………………………








by omoutsubo-bar | 2019-07-14 10:06 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
お気に入りのタイ屋台料理のJatujak。








ビールと豚串とか、ビールとポークネックのセットメニューがまるで私たちのためにあるようなものでゴキゲン。


f0189987_09450489.jpg


氷のたっぷり入ったバケツに瓶とグラスを入れて持って来てくれるので冷え冷え♪



f0189987_09274712.jpg


最初に来た時にいただいた海老のフライドライスがふわふわの出来で、マレーシアでよく出るパラパラ系ではなく日本の美味しい中華料理店で食べるチャーハンみたいな感じだった。

なので今回は蟹のフライドライス。

f0189987_09293017.jpg

こちらも優しくシンプルな塩味で、決して塩味が強すぎない。
お米がパラッとしてるけどフワフワ。決してベチャベチャでもボソボソでもなく最適な炒め具合。

食べられなくて持ち帰って冷えたままの状態で試すとフワフワ感は落ちているものの、MSGの人工的な旨みが全くない、上品な味わいであることが余計にはっきりする。←私はオーガニック原理主義者ではないので微量のMSGにはとやかく言わないが、一定量を超えたMSGには舌が痺れて警告するw




今回はオーナーがバンコクに買い出しに行っていて不在だったが、サービスレベルがきちんと保たれ、スタッフみんながキビキビと働いているしとても親切。
待遇が良くて、プライドを持って働ける良い職場なんだろうね。



近ければ間違いなく週1で通う、美味しくてサービスも良いタイ料理屋Jatujak。
都心からは渋滞がなくても30分、渋滞すると1時間以上かかってしまうのが悲しい145.png








………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2019-07-14 09:41 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
日本で最後に停電を経験したのは、多分60年近く前。
まだ就学前の幼児の頃に、突然停電することが度々あった微かな記憶があるが、それが最後。
今だから告白できるが、2011年の震災直後に東京中が計画停電した時期に都心3区だけは停電しなかった。千代田区は官公庁、中央区は東京株式市場。そして港区は大半の大使館があるため、政治経済外交上の理由で停電対象とはならなかったと聞いている。

それがマレーシアに来てから停電は日常。
ラウンドアバウトの信号が消えていても今更驚かないし←そもそもラウンドアバウトだから信号なしでもみんな徐行して行き交うことができる。

コンドの電気設備メンテのための停電も新築入居当時は数か月ごとにあったし、今でも年に1回くらいメンテ停電がある。

初めてのメンテ停電の日に工事の予定が入っていて急遽工事を延期してもらった時には、ビックリしてマネジメントオフィスに確認したら「掲示板に貼り出した」。
確かに。建物裏にある、その存在すら知らなかった掲示板に、期限のとっくに過ぎた案内と全く同じレベルで(つまり「重要」と大きなフォントで赤書きすることなく)さらっと貼り出されていた。

それ以来、掲示板を定期的に見に行くことは欠かさないようにしている。←日々これ学びですな。


さすがにマネジメントオフィスもこれではマズイと分かったらしく、その後は大フォント赤書き"Notice"と目を引く書き方に変わったし、エレベーターの中に貼り出すようになった。
念のために住民には登録してあるメアドにも連絡が届く。
朝10時実施の9分前、9時51分に受け取ったんだけどwww




さて、既に慣れている私たちは、まず外出のスケジュールを調整。
全エレベーター停止中に帰宅すると階段で部屋まで上ることになるからね。


当日は思う壺ダンナが雷サージプロテクターとかパソコンとかの電源を落として。
冷蔵庫を頻繁に開けられないから、特に今は2時間ごとにつぶちんの給餌があるので、アイスパックを入れた保冷バッグに必要物を移して簡易冷蔵庫。

停電中はエアコン、シーリングファン、ワイファイ、パソコンいずれも使えないから暑い書斎から涼しいリビングに退避。
風の通り抜ける窓際でモバイルワイファイとiPad利用。


エレベーター停止前に遊びに出かけて、戻ってきたら生活は元通りになっていた。
ビルトイン電子レンジの時計だけ時刻合わせしないといけないけど。


こんな風に年に1回くらいは計画停電のあるKLです。







………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2019-07-13 06:58 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
タパスバーのEl Toro Loco。
スリアKLCCには美味しいレストランがないので、スリアに用があって来た時には大抵Pラムリー付近でランチにする。
こちらはコンドとホテルのフレイザープレイス表側に今年オープンしたレストラン。




サービスはよく、雰囲気もこじんまりとしていながら天井の高い明るい店内の居心地は良い。(屋外席がお勧めのつもりらしいが、店の前はKLCC都心の渋滞道路でクラクションと排気ガスがひどいので、座りたい感じではない。)

料理はタパスバーなので良い感じに小ぶり。ただし、お酒のつまみという設定もあるのか何をいただいてもかなり塩辛い。


イベリコとマッシュルームのピンチョス。
ハモンイベリコの塩分がしっかり。

f0189987_19330887.jpg

ハモンセラーノのコロッケ。
タパスで揚げ物をオーダーするときにはいつも「昨日の油で揚げられてたら食べられない」とドキドキするんだけど、こちらは新鮮なオイルの揚げ物。美味しかったけど、これも塩辛い。

f0189987_19333023.jpg


パエリア。かなり水分多め系。
店のホームページ写真で見てもリゾットかと思う様なゆるーいゴハンなので、別に作り間違ったのではなくわざとこの仕上がりにしている様子。
それはいいとして、これまた塩辛い。

f0189987_19334788.jpg
ドラフトビールはアサヒだけだったので、タパスでアサヒビールの気分でもなかったからロゼのカバ。

f0189987_19344389.jpg




スリアと合わせて来るには場所も便利だし雰囲気やサービスもいいので、もう一度来て他のメニューを試しても良さそう。
ただし、次回は是非とも「塩分控えめ」と強くお願いしよう。



隣の和食店、タイ料理店と3店が同じ経営。
和食店の料理人さんはチャイニーズだが、タイ料理店はタイ人、ここタパスバーはスペイン人の料理人が厨房に立っているらしい。(ただし今日は不在だった。)

バレーパーキングが時間に関わらず15リンギ。






………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2019-07-11 17:54 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
今年も殻付きの雲丹の季節。

f0189987_18123919.jpg
土台が身の厚くなってきた旬の北海道ムラサキウニに。

f0189987_18140036.jpg
仙台のウニをたっぷり乗せた酢飯を盛り付けてあるので食べ応え十分。




他の料理も全て素晴らしかったけど、今回はまた南アフリカから「鮨はKLに限る」とやってくる客人と共に4人で4本のワイン。

さすがに60歳も近くなると1人1本のワインは上限イッパイイッパイなんだけど楽しいから仕方ない(笑)

f0189987_18162565.jpg








………………………………………………………

by omoutsubo-bar | 2019-07-10 18:11 | 旬の魚をKLで | Trackback | Comments(0)
以前は近所で足回りが最高に便利なCiaoに頻繁に通ったものだが、道路工事のためにCiaoが1年間休業となってからどういうわけかリストランテから遠ざかっていた。

そこで久々にSassorosso。



表通りにホテルアイビスが出来てから駐車場の契約をしたらしく、もしも店の前に駐車できなければホテルアイビスに駐車できるらしい。

以前は空いている時間帯に行くとイタリア人オーナーがバーカウンターで煙草を吸っているのがザンネンだったが(もちろん、「煙草の臭いの漂って来ない席に変わりたい」と伝えるとすぐに謝って外に出て行ってくれるのだが(笑))今は当然完全禁煙で居心地よし。

スモークサーモンのアペタイザー。

f0189987_18254850.jpg
しっかりと旨みの凝縮した自家製スモーク。



蟹のペンネ。

f0189987_18262862.jpg


ランチセットのチキンも脂のない胸肉にチーズの塩加減とコクのバランスよし。

f0189987_18275518.jpg
ワインを飲みながらゆったりできる。
メニューの全く変わらなかったCiaoとは違って、こちらはグランメニュー外の本日のお勧めも色々と変わるから楽しい。








………………………………………………………



by omoutsubo-bar | 2019-07-10 10:18 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
ここのところ、1日に6回~8回のウンチのうち、夜中の1回が下痢、後はバナナではないものの一応合格みたいなのが続いていた。
ホントは以前みたいに大半がバナナにまで回復して欲しいんだけど、バナナは数日に1回しか出ない。

ただ本人は元気そうだし体重も安定しているのでJenny先生と倉田先生に相談の上、徐々にi/d缶から離脱することにした。

特に倉田先生からのアドバイスが
「下痢の時間帯は決まっているか?
フェレットは空腹時に下痢することが多い。
i/d缶しか食べていないのにウンチに脂が多いのは、脂肪の消化を担当する脾臓が弱って消化酵素がうまく働いていない可能性が高い。
通常i/d缶の食餌だと油分の排出は起きないはずなので。
消化酵素剤の服用もJenny先生と相談した方が良い。」
とのこと。

確かに!
思い当たる!

日中は私が起きる早朝5時前から、思う壺ダンナが寝る夜11時くらいまで1時間半から2時間ごとに食餌を与えている。
2人とも寝ている深夜に空腹時間があって、その間のウンチが下痢。


と言う事で、i/d缶離脱開始。
1回6gのi/dを4gに減らし、減った2g分を腎臓療養食5粒で代替。
深夜は通常食のドライフードを置いて、お腹が空いたら自分で食べるようにする。

ウンチの状態と体重の増減を見ながら、これを3日くらい続け問題なければ次は2gに減らし、最終的に全部腎臓療養食に代替したい。


つぶちん、「目指せ下痢ゼロ、増やせバナナ」キャンペーンを開始しようぜ!





………………………………………………………












by omoutsubo-bar | 2019-07-10 06:47 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
5年以上住んでいても、まだ日本人のフツー感覚では計り知れないことが起きるものですね、マレーシア。

うちはインターネットプロバイダーとしてUnifiを利用していて、支払いは毎月クレジットカードからの自動引き落とし。
登録してあるカードはAmex。

毎月請求書がメールで届くが、何もする必要なくクレジットカードで支払われるのが5年以上続いていた。

ところが先月、クレジットカード明細をチェックしていると、引き落とされていなかった。

そういうことは締め日のズレの関係で時々起きて例えば電気代の支払が、ある月のクレジットカード支払いには載って来なくて、翌月分の最初と最後に2つ記載されてくるとか。
だから特に不審に思わなかった。

ところが今月に関しては「支払いができなかった」と言うSMSが届いたので、メールで届く請求書を見ると先月分も未払いで2か月分の請求になっている。

こういう時にわりと困るのがカスタマーサービスとの連絡。
電話対応は英語ネイティブでない私には結構大変で、うまく訛りのない担当者に当たればラッキーだが、電話の向こうでコテコテのマレー訛り英語を話されたら最後、全く聞き取れない。

そこでまずはUnifiのウェブサイトから連絡したり可能なら支払いまでしたいと思ったが、unifiのウェブサイトってインターネットプロバイダーとは信じられないような酷いサイト。

正しくパスワードを入れてもなぜかログインできないとか、ボタンをクリックしてもエラー続きとか。

PCからiPadからiPhoneから…とデバイス総動員してアクセスした結果、ようやくiPhoneだけなんとかチャットボックスに繋がった。
ただ、これでもまた解決しなくて。
チャットボックスで「支払いはここから出来る」とリンクを送ってもらっても、それがやはり機能しない。

とうとう諦めて、強い訛りの人に当たらないよう祈りながらカスタマーサービスに電話した。


担当者はかろうじて聞き取れるレベルにはマレー訛りの少ない英語だったから助かったのだが、その彼女から開口一番に言われたことにビックリ。

「5月からAmexでの支払いは止めて、今使えるのはビザとマスターだけになったので2か月分支払いができなかったんです。」

え゛っ、そんな連絡全く受けてなかった。

Unifiから来るメールは全てunifiフォルダに自動振り分けされるはずだが、フォルダ内にはそんなメールはない。
同様に過去のSMSを遡っても、そんな警告は届いていなかった。

改めて検索すると、ホントだ。Amexが支払い手段から消えている。






日本人のフツー感覚から言うと、Amexの利用を停止する半年前くらいからクレジットカードを変更するように依頼する郵便が届いて、1か月前にまだ自分で変更していない顧客には個別に電話して来てくれる。
(それでも変更しなくて支払できなかった顧客の中にはモンスター化するのがいて激怒。→悪くもないのにコールセンター平謝り、が日本でよくある図(笑))



凄いな、Unifi。
突然クレジットカードの取り扱いルールを変更しておいて、該当する顧客に連絡しないなんて。


とりあえずSMSだけはいつも注意しておいてよかった。
支払は自動でできているはずなんて信じ込んでいたら、7/25過ぎに突然インターネットが切れるんだろうね。(今月請求分の支払期日は7/25なので)



今の日本がどうなのかは知らないけど、マレーシアではとんでもなく重要な連絡がSMSかWAでフツーに届く。
だからこの2つだけは必須、常にチェック。



と言う、5年住んでいても未だにビックリさせらけるマレーシアの習慣なのでした。





………………………………………………………











by omoutsubo-bar | 2019-07-09 09:51 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
先月のKrugイベント以来何度も会ったり頻繁にWA交換して仲良くなった友人に、ディナーに招待していただいた。
出されたワインは素晴らしいものばかりだったのに、先に酔っぱらいすぎて味わう余裕もなかった。

もったいなかったー(泣)

で、言い訳なんですけど。

6時半の開始だからねと招待者の友人からリマインドをもらって、律儀で時間に正確な日本人としてはきちんと6時15分くらいには到着したのですよ。
メンバーはゲスト3組6名、合計8名と言う事で、1組のゲストを除いて6名は6時半過ぎには揃ってウェイティングバーで楽しく話をしていたわけですよ。

そこで出されるのが、フリーフロー状態のクリュッグ。
ところが最後の1組、保健省の大臣なのか高官なのか、とてもエライ人なので待たせることに慣れているらしく、現れたのが8時も過ぎてから。

その間、朝ごはんを食べたきりの空腹にクリュッグをわんこそば状態で飲んでしまったものだから←自分でボトル数を管理していなくて、注がれると飲んでしまうワタシとゲストが飲むと注ぐソムリエ。結果、ワンコ。

3組目のゲストが到着してディナーの始まる頃には記憶が薄れかけてるわけです。



クリュッグの後の、素晴らしいコンドリュー・コトー・ド・ヴェルノン2015(ジョルジュ・ヴェルネ)はまだ、「こんなに繊細でバランスのとれたコンドリュー初めて飲むわー」とか思う余裕はあったものの。


f0189987_09101248.jpg

肉料理の頃にはもうお腹は一杯ワインの味も分からない状態で、出されたのがレ・フォール・ド・ラトゥール2012。

f0189987_09115550.jpg
アミューズブーシュだけ前回のクリュッグイベントと重なっていたのだけど、その先。
フォアグラも思う壺ダンナ大絶賛の鴨も、もう食べられない。

フォアグラ。

f0189987_09134696.jpg

鴨。
f0189987_09135830.jpg
この素晴らしい料理とワインの前に飲み過ぎてお腹いっぱいなんて一生の不覚だ。
しかも「ダトゥーチャンがあんなに遅れて来なかったら、先にあんなに飲み過ぎなかった」と言い訳言ったら、思う壺ダンナに「でも待たされた6人のうち5人は別に飲み過ぎてないから、それは言い訳になれへん。」と却下された、ショボン。


頭の片隅に、料理の素晴らしい余韻も残ってる。
次回は自分でしっかりボトルの管理をして、飲み過ぎないで料理を楽しみたい。



しかし、もったいない飲み方してもたー(泣)









………………………………………………………










by omoutsubo-bar | 2019-07-09 06:50 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)