人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2018年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Lot10にある安定的に美味しい焼肉トラジ。
ただ個別に、日本から輸入する和牛だけで言うなら酉家の方が私は好み。
そこはソレ、自由の効く個人店と大規模に経営し、しかも伊勢丹への出店と言う規則に縛られる有名店との違いは致し方ない。

ただただ、酉家は肉のみが突出しているのに比較してトラジは全般に料理もおいしい。
しかもきれいな泡の生ビールもあるし。更にハッピーアワーだしwww

なので我が家では時々「トラジ飲み」と称してトラジで焼肉以外のアラカルトをつまみに「韓国料理居酒屋」風に飲む。

冷奴。
韓国風タレと韓国海苔が美味しい最高のおつまみ。
一般的な日本の絹こし豆腐半丁分あって食べ応えあり。

f0189987_18020375.jpg
キムチ納豆。
納豆が冷凍を解凍したものではなく、日本で食べるもののまんま。
これを知ってから、あまり納豆に飢えなくなって伊勢丹の冷凍納豆を買わなくなった。

f0189987_18031639.jpg
キムチチヂミ。
あまり粉を使わずに、キムチ本来の味を味わうチヂミ。

f0189987_18051038.jpg
私たちは少食なので、これでビールを6杯も飲んだら適度にゴキゲン。
可能なら、トラジサラダ、ナムル、豆腐チゲも頼みたかったけどそこまで至らず。

ビールの泡も最高。

f0189987_18063977.jpg
ヒジャブの可愛い女の子が丁寧に丁寧に入れてくれるのを見ているのも楽しい。

賢明なお友達諸君はお気づきと思うが、これってすごいローカロリー、高たんぱくでヘルシー。

最近頻繁に参加する夜のワインパーティや、旨い店を見つけすぎて食べ過ぎている私にはちょうど良いダイエット食とナリマシタ。

それでいて、美味しくてサービスもいい気持のよい店なので気分がお腹いっぱい満足する。
特にこれが大切なポイント。
ヘタにダイエットとかって言って鶏のササミをボイルして食べたりしたら、結局脳が満足しなくて後から飢餓感でリバウンド食いしてしまうでしょ(笑)

食べ過ぎが気になって、いったん炭水化物と油分を少なくしたい時に最高にお勧めのトラジ飲み。
旨し。



………………………………………………………











by omoutsubo-bar | 2018-04-29 18:12 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
新しいことにどんどんトライしてくださる村上さん。

ネギトロに雲丹という贅沢なんだけど。

f0189987_07431929.jpg
 まずはネギトロを桜葉締めにして香り付け

f0189987_07440433.jpg
…と言うひとひねり。

ほのかな桜の香りで幸せキブン♪

思う壺ダンナはネギトロにもっと凝縮感があった方がいいとか贅沢ヌカすが、それまでに昆布締めの凝縮感を十分に味わった後だったからそう感じたんじゃないのか?
次回は、昆布締めを出してもらう前に出してもらおう(笑)



………………………………………………………


by omoutsubo-bar | 2018-04-29 07:47 | 旬の魚をKLで | Trackback | Comments(0)
公称166本…と言うが、ボトルの形が一定でないし、奥のものを取り出せなくなるほどには詰め込めないから150本入るかなあ、ワインセラー。
なんだかんだと言って既に100本近く貯め込んだら、とうとう「フランス赤」の棚は満杯になってしまった、今日(笑)

と言うのが、友人から紹介されたワインコレクターから直接バーガンディの赤ばかり13本も買ったから。

f0189987_19553977.jpg
20年以上ワインビジネスをしていた人がもう仕事は引退し、個人のワインコレクターとして保管しているワインが3,000本以上あり、ところが痛風になって自分ではそんなにワインは飲めないし、息子はワインに興味がない。

という事で買い貯めたものをワイン仲間で欲しがる人に譲っているとのこと。

ちょうどあまり若すぎなくて飲み頃のピノノワールを探していた私には渡りに船。
98年のジュヴレーシャンベルタンなんて、さすがに少し古すぎないかと思って紹介してくれた友人に尋ねたら、「先日飲んだら、デキャンタしても2時間持ったし、全般に保存状態が良いので安心していい」と言うので買ってみた。

ワインセラーの棚の容量を考えながら15本オーダーしたら、2本はどうも在庫が見つからなかったとのことで13本持って来てくれた。

今回はバーガンディ特集だけど、彼の手元にはボルドーもイタリアワインもバックヴィンテージの素晴らしいものがたくさんある様子。
ただし、一般向け販売ではないのでリストは名前とヴィンテージと価格のみ。
イタリアワインの分からない私には名前だけ見ても赤か白かの区別さえつかないものもある。

コマッタ、コマッタ。
またまたワインリストを調べながらじっくり読みこんで買物を決めないといけなくて忙しい(笑)→どういう訳かボルドーにはバーガンディほど魅力的な顔ぶれがなく、イタリアワインもそれほどの価格優位性はなかった。


………………………………………………………















by omoutsubo-bar | 2018-04-28 20:11 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)
知り合って以来、既に6ダース近く購入しているFermented Grape Juice。


ワイン知識も豊富で取り扱いも安心できる。
しかも、他のサプライヤーでは扱っていない造り手のワインも豊富で、珍しいものを取り揃えている。

ただ、同じ銘柄を他のサプライヤーが扱っている場合には、最安価格ではないこともよくある。

そしてIT技術者がまだまだ発展途上のようで、オンラインショッピングサイトにはヴィンテージが入っていなかったり、価格順並べ替えが動かないとか、そもそもの動作が遅いとかの問題はある。

今回オーダーしたものも1本在庫がなくなっていて他の銘柄に変更し、きちんと返金も受け取っているのにも関わらずオーダー履歴が変更前のまま。
これでは在庫数も実数と棚卸表でズレるでしょうに。

f0189987_10052649.jpg
オンラインショッピングサイトとしては、まだまだ改善の余地がありそう。

でもいいんです。
ワインサプライヤーの命は、インポートの腕と保管の品質だからね。


………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2018-04-28 10:10 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)
初めて利用してみたWine-Now.Asia


タイにも展開しているとか、かなり大規模なワインサプライヤーかと心配したが思いがけず丁寧だった。
大規模だから心配と言うのは、ワインの知識のないカスタマーサービスたちがマニュアル通りに顧客対応しているのかと思っていたけどそうではなかったと言う意味で。

あらかじめ5本の在庫をチャットで確認していたのだが、その後少し忙しくて実際に注文したのは数日後だった。
ところが全くデリバリーの連絡もないので、チャットで問い合わせると「明日、電話で連絡する」とのこと。

そこで分かったことが、「注文した5本中今届けられるのは2本のみ。2本は在庫がなくなって、新入荷は来月以降。1本は最後の在庫だったが、傷んでいて販売できない。今後入る予定がないから、同じ造り手のそれより値段の高いものをこの値段でいいのでお届けするか返金する。」

「後日入荷するものについては、その時点で注文するから一旦返金して欲しい、同じ造り手でも欲しいのは在庫のなくなったものだったから、それも返金して欲しい」と伝えて結局わりとすぐに飲む予定の2本だけをお買い上げ。

ところで、かけてきてくれた電話の雰囲気も印象がいいし、「痛んでいて販売できない」と言うところを詳しく聞きたかったので、色々と聞いてみると「痛んでいると言うのはコルクがダメになって液漏れを発見したから。」だと言う。

おー、出稼ぎの倉庫係りが機械的に出庫しているんじゃなくて、きちんと検品しているのだと安心した。←ムスリムでお酒を飲まない人も多いから、ワインの取り扱いを分かっているのかどうかから疑ってかかっている。

f0189987_09533174.jpg
知識も豊富で安心できそうだし、返金の手順やデリバリーも迅速。
私の好みを伝えて、ワインイベントやお勧めのワインが入ったら知らせてくれるようにお願いした。

これからもオーダーしたい。




………………………………………………………








by omoutsubo-bar | 2018-04-28 09:57 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)
「あなたは日本人なのだから、KLの美味しい日本料理の店を教えて欲しい」とローカルの友人によく聞かれるため、お勧めリストは用意してある。
そんな中で鮨について私の一番のお勧めは「鮨正」なのだが、「自分では行ったことはないけれど、舌の確かな友人が美味しいと太鼓判を押している」店として「麻布」も紹介している。
やはり「鮨正」はなかなか高価格帯なので、もう少しカジュアルな店についても聞かれるからね。

とは言え、そろそろ一度は自分でも行ってみて確かめたくなってきた。
と言うのが、ローカルの友人から「麻布の鮨職人が独立してフォーシーズンズに店を出すらしい」と噂になっていることを聞くくらいに「麻布」も知られてきているようなので。

「鮨正」に予定の魚が入らず日程変更することになったタイミングで、「鮨正」の村上さんにお願いして「麻布」の予約を入れてもらった。
村上さんと店長の寺戸さん、同業者同士親しくしておられるので。

ランチタイムでもランチセットメニューだけでなく、ディナータイムのメニューをオーダーできる。
そこで店長の寺戸さんの鮨を試しに来たのだからと、刺身その他のお料理はそぎ落とした鮨10巻で340RMのメニューを頼んでみた。

寺戸さんがニューヨークのミシュラン1星店Sushi azabuの立ち上げから関わって来られたことは知られているがその昔、日本では広尾、羽澤ガーデンの鮨カウンターにおられたとのこと。
広尾、麻布、白金界隈は今では銀座も越えるくらいのレベルの高い鮨屋激戦区。
しっかりと修行をしてこられた腕がよく分かる。


甘みがとろりと広がる帆立。

f0189987_17152577.jpg
絶妙のミディアム感、車海老。

f0189987_17154892.jpg
軍艦ではなく握りで、雲丹。

f0189987_17161685.jpg

どれもこれも丁寧な素晴らしい出来映え。
これなら自信をもって友人たちに「鮨正はちょっと予算オーバーだと思うなら、Lot10の麻布が素晴らしい。」とお勧めできそう。

ちなみに、独立してフォーシーズンズに店を出すと言うのは、店長の寺戸さんではなく二番手で握っておられた職人さんのことです。

そちらもまた機会があれば行ってみたいものだ。

………………………………………………………







by omoutsubo-bar | 2018-04-27 17:21 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
新築コンドの引き渡しを受けて2年半。
ようやく登記手続きが進み始めた。




しばらく前に登記費用の請求書を弁護士事務所から受け取っていたけど、その費用がそこそこ高額。
しかも今はマレーシアは選挙前でリンギ高。
日本円も現時点では米国との金利差や北朝鮮リスクの低下で円安。

円→リンギにコンバートするタイミングではないので、一番近い定期預金の満期を待って手続きを開始してもらうことにした。

登記費用はあらかじめ指定口座に振込済みだが、念のために振込の控えも用意して弁護士事務所のスタッフにコンドまで来ていただく。

目の前で数種類の書類にパスポートと同じ漢字のサイン。
使われる専門用語がよく分からないけど、売主と買主の売買証書(登記原因証書)テキな書類、弁護士への登記委任状テキな書類、チェックリスト形式になった登記申請書テキな書類?

それぞれ名前・住所・パスポートナンバーにミスタイプのないことを確認してサイン。

後は売買証書に売主のサインをもらって、登記手続きを開始、完了するまでに3~4か月かかるとのこと。

新築物件の登記が完了するのは竣工して約3年ってことだな。
日本とは何もかも随分違う。


………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2018-04-26 12:28 | KLで不動産購入 | Trackback | Comments(0)
オープンした頃にはそこそこ通って大晦日には初売り出しのおせち料理も買ってみた「吉成」、1年以上ぶりに行ってみた。


古本さんはもう夜しか料理をしないのかローカルの職人さんたちがランチの定食を慣れた手つきで作っていた。
f0189987_07534502.jpg


f0189987_07524355.jpg
品揃えも味も随分変わっていた。
以前は定食についてくる小鉢も美味しかったんだけどね。



………………………………………………………






by omoutsubo-bar | 2018-04-26 07:57 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
100リンギ以下のデイリーワインをガブ飲みしていた時はメンテナンスについて全く気にしていなかったが、数年寝かせてからじっくりと楽しもうかというワインについてはサプライヤーの倉庫保管状況やスタッフの知識レベルに慎重にならざるを得ない。

個人的に知り合って以来ずっとお世話になっているFermented Grape Juiceは信頼できるけれど、全く知らないところってどのくらい丁寧にボトルを扱って、どんな温度と環境で保管して、どんな状態でデリバリーするんだろうとかって分からないから、まずはじっくりとホームページを読み込んでみるしかない。

で今回は今までカジュアルワインは時々買っていたWine Talkでとりあえず3本お買い上げ。
すぐに飲む白1本と、しばらく寝かせる赤2本。

f0189987_18571510.jpg
よーくウェブサイトを読んでみると、きちんとヴィンテージの記載もあるし味わいの特徴のコメントもついていて親切。
しかも、もしもブショネとか万一酢になってたら(笑)連絡してくれれば交換又は返金するらしい。ただしボトルの半分以上が残っていて劣化を確認できることと購入してから1か月以内が条件。

実際のところ、購入して1か月以内に飲んでみることの方が少なそうだからこのルールの適用を受けることはなさそうだが少なくともその程度に自信をもって販売していることが伺える。

というわけで届いたワインは、今までのカジュアルワインがテキトーなリユースのダンボール箱で来たのと違って、ネームの入った綺麗な箱に入って届けられた(笑)

そんなコストは節約して、ワインそのものが安い方が嬉しいけどねw





………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2018-04-25 19:13 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)
 友人たちが美味しい日本の和牛を食べたいと言うので。
酉家さんにお願いして、パーティを仕切ってみた。

人数が6名と多いので丁寧に炭火焼とまでは行かなかったが、直火焼きの焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶと豪華。
ただし、うち2名が宗教上の理由で牛肉を食べることができずイベリコ豚で。

ランチタイムに貸切にしていただいて、いつものとおり持ち寄ったワインをテイスティングしていたら終わったのが5時!
夜の営業の準備もあるだろうに、大変ご迷惑をおかけしてしまった。
茂呂さん、ゴメンナサイ。

こんな見事なお肉で。

f0189987_07324583.jpg
すき焼き。
やっぱり酉家さんの肉は素晴らしい。この品質をこの価格で出せるのはKLでは酉家しかないと思う。

f0189987_07332108.jpg
ワイン。
f0189987_07334188.jpg
みんな中々トリッキーなワインを持って来る(笑)
ガメイは典型的なガメイで全員簡単に当てたけど、ボージョレーではなくスイスから。

逆にリオハのテンプラニーリョが、典型的なスタイルと全く違ってボルドー右岸に見えたり。

金曜夜みたいな渋滞の酷い時間でなければ、毎回参加したいんだけどね。
次に私が仕切る機会があれば、美味しい刺身と和食を食べてもらうために創楽屋さんに相談しよう。もちろんランチタイムで。



………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2018-04-25 07:42 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)