人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2017年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

アンパンのラリサタ近くにあるベルギービールカフェ。





他のレストランではなかなか置いていないようなドラフトベルギービールがあって楽しめる。

f0189987_11085692.jpg
女の子向けの甘いジュースっぽいが、ロゼのホーガーデンなんかもある。

ただし、料理は全般に塩味強め、火が通り過ぎ気味なので食事に行くと言うよりビールを飲むためだけに行く店。
メニューには平日は2時からハッピーアワーと記載されているが、実際にはランチタイムの1時過ぎに行ってもハッピーアワーだった。

Googleマップを参考に初めて行く時は注意が必要で、ラリサタにアクセスする時みたいにJalan Ampang hilirからJalan Mengkuduを北上して右折すればいいかと思っていたら、道が完全にブロックされていて右折できなかった。
なので、Jalan Ulu Klangからアクセスして二重駐車で通りにくいフードコート側から入る必要がある。

ランチとディナーの間に休憩なくオープンしているので、午後の適当な時間に美味しいビールを飲みたくなった時に重宝しそう。




………………………………………………………

















by omoutsubo-bar | 2017-12-30 11:24 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
 先週受けたケミカルピーリング。
10月に受けた時と違って、ダウンタイムの損傷が穏やかだった。

前回は、「雪山から帰還した冒険家の悲惨な程黒焦げになった顔面」状態だったが、今回はピークの術後4日目でも普通に人と会える。
その頃からうっすらと皮が剥け始めるが、前回みたいに厚めの死んだ皮膚が大きく剥がれるのではなく、顔を洗う時にポロポロと細かく剥ける程度。

1週間経って、ほぼ剥け落ちた模様。
前回に比較して痛みも少なかったけれど、元々が「初回より強い薬剤にする」とドクターに脅されていた位なので薬剤が弱くなったとも思えない。

考えられる要因としては前回が数年ぶりのピーリングだったので、角質化した皮膚がぶ厚く表面を覆っていたからではないかと思う。
実際、目よりも下の顔面の損傷が激しく、普段前髪に覆われていてシミひとつない額の部分は黒くもならず今回同様にポロポロと薄く細かく剥け落ちただけだった。

自分でも明らかに「顔がくすんでいる」と感じていたのが一度のピーリングで劇的に改善された後、2回目のピーリング時にはこの2か月間に角質化した部分だけが反応したのではないか。

こんなわけで、前回ほど劇的な変化は見られないものの顔面改善計画は順調に推移中(笑)



………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2017-12-30 10:57 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)
 数週間前から換毛期に入っていたつぶちん。
ピークも過ぎて、そろそろ毛が舞い飛ばないようになってきた。

前回は6月だったのでちょうど半年で入れ替えるらしい。

換毛期に入ると彼女を抱っこした時にシャツにつく毛がスゴい。
2人いた頃なんて、その量が2倍以上。
男の子は体そのものが大きいし、女の子に較べると剛毛で1本1本の存在感が大きい。

今はその分ラクになったけど、換毛するのはちゃんと代謝していることだもんね。
また半年後にもきれいでふわふわの毛に着替えてね。つぶちん。




………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2017-12-29 07:55 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
 我が家一押しの鮨正にも、今年最後の出勤。
お店はホテル内にあるため通常どおりの日曜定休で営業はしているものの、1月上旬は築地からの新鮮な魚が入って来ず、数の子や昆布締めなどお正月料理テキな品揃えになる。

なので我々も2週間はお休みする予定で、半月分の新鮮な魚を堪能し貯めておいた。

天然鰤。養殖だと身が白いが天然物はうっすらピンク。
脂もあっさりとしつつ味わい深い。

f0189987_18251665.jpg
槍烏賊。
身の下に歯ごたえの良いエンペラを二段重ねして、うっすらとのぞく緑は大葉。そして、イカ墨で炒った墨塩をパラリ。

f0189987_18265579.jpg
今年も1年ありがとうございました。
おかげでマレーシアにいながら日本の季節を感じることができました。



………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2017-12-27 18:27 | 旬の魚をKLで | Trackback | Comments(0)
 前回のトラジでいただいたチヂミがとても美味しかったので、焼肉以外の一品を試してみようとやって来た。

 頼んだのは、チヂミ、イカフェ、納豆キムチあえ、カルビ石焼ビビンパ。
カルビ石焼ビビンパはランチセットを頼んだせいなのか、それとも元々このお肉を使うのか、肉質が固くて好みじゃなかった。
と言うか、この肉を使うならもっと薄切りにするとか細切りにするとか工夫してくれないと噛み切れない。
でも、ビビンパの味自体はとても美味しかった。

イカフェは、旨い韓国料理店ならこんな感じと言う味。烏賊は新鮮で臭みもないが、味付けはトラジならではという個性は特に感じなかった。

そして納豆キムチ。
最初はマレーシアで食べる納豆と言えば冷凍で粘りがなくなり食感が悪いものじゃないかと躊躇したが、冷凍されていない本来の食感の納豆だった。
それを卵とキムチだれで合えてあるのだが、このキムチの味わいがとても複雑。

f0189987_18045345.jpg

クアラルンプールでいくつかの気に入った韓国料理店があるが、美味しいキムチはなかなかみつからない。
東京では麻布十番の韓国大使館前に素晴らしい韓国食材店「第一物産」があって、ここの手作りキムチが素晴らしかった。

KLに来て、本場韓国料理店を中心に複雑な旨みの凝縮したキムチを探し回っているが、いまだに第一物産同等のレベルはみつからなかった。
そんな中、こちらのキムチの味わいが期待しているものに一番近くて美味しい。

次回は単品で白菜キムチをオーダーしてしっかりと味わいたい。


………………………………………………………






by omoutsubo-bar | 2017-12-27 08:05 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
バイク乗りだった思う壺ダンナは、白バイを見ただけで心臓バクバクするらしい。
ツーリングで白バイに遭遇するときって、大抵がスピード違反か追い越し禁止でやっつけられる時だもんね(笑)

で今日、路上駐車の枠内にクルマを停めようとする思う壺ダンナの脇で私がパーキングメーターを操作しようとしていた時。
突然後ろから誰かに声を掛けられたので振り返ったら白バイのお巡りさん。
「今日はクリスマスで祭日だからパーキングチケット買わなくても無料だよ。」
と教えてくれた。

なんて親切なお巡りさん。
で去って行く彼らを「ありがとう」と言って見送っている私の脇で思う壺ダンナ、固まってた(笑)

縦列駐車やりかけのままクルマをピタッと停めて、目を合わせようとしない。

「何言われてたん?」
「今日はチケット買わなくても祭日だから無料だよって教えてくれた。」

白バイにやっつけられることもあるけど、同じくらいに親切なお巡りさんたちにも遭遇するよ、クアラルンプール。
日本より絶対住みやすい街です、知らんけどw



………………………………………………………







by omoutsubo-bar | 2017-12-25 18:32 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
今日はありがとうね、つぶちん。

通常KLでお付き合いする人たちは同年代のジジババ夫婦かお子さんができる前の若いカップルと言う大人ばかりで、子供のいるご夫婦とはつきあいがない。
ところがたまたま知り合って一緒にランチすることになった素敵なローカル華人のご夫婦が、乳母さんがクリスマスでフィリピンに帰ってしまったとのことで、子連れでランチ。
そして、可愛らしい6歳と2歳のボーイズが案の定、つぶちんの写真を見て「この動物に触りたい」と言い出した(笑)

いいよ、いいよ、小動物の天敵だけどね、2歳の♂ニンゲンって(笑)
何も事件が起きないように、細心の注意を払うから。

そしてやってきた天敵2名。
6歳ボーイはまだ理解ができて、「小さな動物を大切に優しく、そっと扱わないといけない」と言う親の言葉を順守している。
しかし、2歳ボーイはそもそも自分がしっかり歩くこともままならず、乱暴に扱ってしまう以前にヘタしたらつぶちんの上に転んで倒れるんじゃないか心配。

ニンゲンの大人たちはとても楽しかったし、ボーイズも優しくて動物好きな可愛い子供たちだったけど、つぶちん相当疲れ果て。

虐待されているわけじゃないから全く問題はないんだけど、カノジョ的にはほとんど突然の台風襲来としか言えないw
今ゴハン食べ終わったのに、ゴハン粒を口元に持って来られるし。
水飲んだって言ってるのに、器をムリクリ口元に持って来られるし。
しばらく一緒におもちゃの取り合いで楽しく遊んで、休憩しようと思っても鼻先に更におもちゃ持って来られるし。

さすがにボーイズに「そろそろ、お昼寝の時間だから、このコはベッドに行くからね。」と引き離した(笑)

不測の事態を想定してものすごい緊張感の中、思う壺ダンナか私かいずれかが2歳ボーイの動きを常にカバーしながら、つぶちんとの触れ合いの時間を楽しんでいただいた、ボーイズ。←ふれあい動物園の小動物って、もしかして意図せずに被虐待動物じゃないの…と思うくらいにつぶちんがぐったりのびてしまったけど。


でもね、つぶちん。
普段つきあうオトナのニンゲンたちとは違う、パワフルでアクティブで体温の高い別の小動物がやってきたと思ってよw

キミがボーイズと共にオモチャを追いかけるのを止めて動かなくなった時には、さすがに限界感じてタオル投げ込んだからさ。
で、その後つぶちん今ものすごい勢いで爆睡。

お疲れさま、接待部長。

f0189987_09032668.jpg



………………………………………………………







by omoutsubo-bar | 2017-12-24 19:27 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
恋い焦がれたアルミ製釜で炊いた、おこげのできる釜めし!

ここまでの経緯はこの通り。




せっかくの炊き立て釜めしのふたを開けたら、なんと内側がテフロン加工された釜で、全くおこげがない!
底の部分は多少醤油の焦げ茶色をしているものの、あの、憧れのパリパリおこげがない!

でこの時に「日本人のためにおこげのできる釜で釜めしを炊いてくれる」という話だったので次回喜び勇んで出かけたのに、またテフロン釜だった。
料理長の金さん曰く
「元々使っていた釜もこちらに残していると思っていたのは勘違いで、全部テフロン釜に取り換えて古いものは日本に送り返してしまっていた。」
で、
「次回、日本に帰国した時にアルミの釜を持ってくる。」
と約束して下さった。

そして今回。
私たちのために2つだけ、日本から持ち帰ってくださったアルミ釜で炊いた釜めし。

最初、通常のテフロン釜と同じ時間にセットして炊いていただいた釜めしは、まだ底にパリパリのおこげがこびりついていなかったため、「強火で2分」とお願いして再加熱してもらった。

それがこちら。
通常の帆立釜めしに、追加で甘辛く煮た椎茸とタケノコのトッピングをオーダーしたスペシャル釜めし。

f0189987_18251277.jpg
しゃもじで底からひっくり返すと、こんがりパリパリのおこげが満を持して登場する。
今はまだプラスチックしゃもじを使用していて雰囲気が盛り上がらないため、近々竹のしゃもじが日本から届く予定とのこと。
しかもプラスチックしゃもじでは、しっかりこびりついたおこげをこそげると折れそうだから、竹のしゃもじが待ち遠しい。

写真では違いが分かりにくいが、参考までに内側がテフロン加工の釜はこちら。
確かに、底にこびりついたおこげを綺麗に取るにはしゃもじの良し悪しだけではなくスキルが必要で、ローカルの人にはテフロン加工の方が良いに違いない。

f0189987_19483634.jpg
でもね、若い頃に銀座の鳥ぎんで「どっちが見事におこげをこそげ落とせるか選手権」を戦った私たち(そもそもが二人ともビンボー家庭の育ちなので、お米一粒だって粗末にしたらホトケさまのバッチが当たってしまう(笑))。

その我々にテフロン加工の釜で提供するなんて、税理士に10桁しか表示しない電卓を渡すが如し。

実はこの店の名前を口にするたびに「いちえって私の妹やねんけど」ってセトウツミの樫村一期ちゃんのセリフを枕詞としてつけないと思う壺ダンナの強烈なダメ出しを食らうメンドクサさも乗り越えて、大変美味しくいただきました♪


ちなみに、1月半ばからはサッポロのドラフトビールが入るそうです。乞うご期待。




………………………………………………………



by omoutsubo-bar | 2017-12-23 18:26 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
10月にケミカルピーリングを受けてから2か月。
二度目のピーリングに行ってみた。

先月のレーザートリートメントの時に
「最初は軽くやったけど、肌の調子も問題ないみたいなので二度目は強めの薬剤でやろう。」
とドクターから言われてびびってた。

前回けっこう痛かったのに、それより強く?って。

ところが覚悟が大きかったせいか、それともピーリングに慣れたからか。
今日は思ったほど痛くなかった。

もちろん痛いんだけど、もっと痛くなったら扇風機を当ててクールダウンしよう…と思っているうちに終わってしまって、結局手渡された小さい扇風機は使わないまま。

あと、「クリスマスプレゼントだよ。」ってドクターが軽口叩きながら首までピーリング剤を塗ってくれた。

5時間経ってから顔を洗う事。
その後は保湿剤を1日2回塗る事、サンブロックをしっかり塗る事など、前回と同じ注意を受けて終了。
保湿剤は前回調剤したものより高いけど、こちらの方が効果が高いと別のクリームを薦められて購入。

左が前回のEucerinユーセリン、右が今回買ったRevitatrolリバイタトロール。

f0189987_16392697.jpg

支払は6回分のパッケージ2,200リンギと保湿剤Revitatrol477リンギで合計2,677リンギ。
クリスマスの時期に顔の激しい損傷で冬眠してます。


………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2017-12-21 16:35 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)
今年の漢字は、頻繁にモノが壊れてそれぞれ直したから「繕」だと12月に入って確定したのに。

ゆうべ、インターネットのルーターか何かが突然使えなくなった。
それでTMunifiに電話して、明日技術チームから電話が来て修理に来てくれるスケジュールを調整するという事になっていたが、今日の午後また突然直った。
多分、うちの問題じゃなくてTM側で起きたトラブルだったのかもね。

それにしても今年は最後の最後まで何が壊れるか分からないねーとビックリしていたら。
思う壺ダンナが過去の履歴を見て
「2015年にもwifiルーターとインターネットのルーターが壊れて取り換えてもらってる。
2014年に引っ越してきてから、あれこれ壊れて修理はしている。2016年がなぜか平穏でほとんど何も壊れず、その分今年に一気にいろんなモノの寿命が来たのかも。」

確カニソウカモシレン。

色んな故障があっても、2014年は移住そのものが大きすぎるイベントだったし、2015年には弟おむくんを亡くすという大きなショックがあったし。
だから、いちいちモノが壊れても大きなイベントではなかったんだ。

ようやくマレーシアでの生活も軌道に乗った去年に、たまたま多くのモノたちがおとなしく壊れずに動いてくれていて、今年2年分の勢いで寿命が来ているのかも知れない。

逆に言えば、2017年はモノが壊れて修理した以外にとんでもない大事件もなく平穏に暮らしているから、それが目立つだけ。
ひったくり被害の事件はあったけどね。怪我もなくiPhoneだとか財布だとか単に買い直せば解決できるだけのことだったし。

年末まで約10日。
できればこの後は何も壊れず、あるいは壊れてもすぐ修理できますように。



………………………………………………………









by omoutsubo-bar | 2017-12-20 17:53 | 白金&KL season | Trackback | Comments(0)