人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2017年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

いつも行くFlintの隣。


しばらく南米料理を探してみようかという事で、来てみた。
ここのスタッフはとても愛想が良くて、この隣のFlintに行くために前に駐車しようとすると気さくに挨拶してくれる。
今回は雨が降っていて、向かい側に路駐しようとすると、目があった途端に傘を持ってドアの前まで迎えに来てくれてとても感じがいい。

で、「今日初めて来てみたんだけど、前を通るとこの店とても楽しそうだから」と言うと
「覚えてるよ。いつも隣に来てるの。」って。


料理はメキシコ料理とステーキ。
ドラフトビールはカールスバーグだけで他はボトルだが、テキーラベースのカクテルなどお酒豊富。

ワカモレディップ。

f0189987_08295203.jpg
Socialに行くとおつまみにワカモレサラダを頼むことが多いが、こちらのはそれよりワカモレディップソースが少なくて、ちょっとザンネンだった。

チリチキンスープ。濃厚なトマト味が美味しい。

f0189987_11432721.jpg
チリコンカン。
こちらのはメキシカンライスがついてくるので、言わばメキシコ風ハヤシライスみたいな感じ。
これも濃厚なチリが美味しかった。

f0189987_11421251.jpg
どちらのチリもそれほど辛くなかった。

飲み物のハッピーアワーは夜しかないらしく夜ならどうしても隣のFlintに足が向いてしまうが、Flintが営業していないお昼になら時々来てみたい。


………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2017-10-29 08:20 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
 とうとう自分用デリーの写真付きメニュー作成も大詰めに。

Chicken Tandooriは骨付きチキン。
こちらのタンドーリチキンは、いつも骨なしのメニューを選ぶので、最後に残ったのがコレ。
味は美味しいんだけど、骨のある分、芯までウェルダンになっている。
骨なしだと火の通りが均一なので、表面はクリスピーで中がしっとり焼き上がっているんだけど。

f0189987_12483155.jpg
そしてChicken Curry。
辛みはそれほどではないが、日本に渡って来た「カレー」の元祖だなと分かる色合い。
具材も形の残る玉ねぎ。
さすがに人参とジャガイモはないけどね。

f0189987_12512837.jpg

あと数回通えば、以前食べて好みに合わずリピートなしとしたもの以外の私用写真付きメニューが完成する。


………………………………………………………












by omoutsubo-bar | 2017-10-27 12:53 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
 来年の今頃、参考にするために一番魚の美味しくなるこれからの季節、今年は何をいただいたか記録しておこう。

金目鯛のかぶら蒸。
良い蕪が入荷したとのことで、冬の味覚を。しかも今は、LOT10にオープンする新店舗の準備で和食料理人の田中さんが厨房におられて心強い。

f0189987_12370436.jpg
素晴らしい帆立が入ったとのことで、私はまるごと握ってもらったが、思う壺ダンナはわがまま言って磯辺焼きに。

f0189987_12392871.jpg
熱くて持てないらしい(笑)

f0189987_12395955.jpg
ぼたん海老。殻むき前。

f0189987_12403123.jpg
そしてバフン雲丹。
夏には殻付きのムラサキ雲丹をいただいたが、場所によってバフンはこの時期も美味しいらしい。
でもムラサキ雲丹の明るい黄色に慣れているマレーシアのチャイニーズたちは、なんか傷んでいるように勘違いして敬遠する人がいるって。じゃあ、それコッチによこせ(笑)

f0189987_12411345.jpg


………………………………………………………









by omoutsubo-bar | 2017-10-27 12:44 | 旬の魚をKLで | Trackback | Comments(0)
 日本の税法における非居住者判定に関して、去年出た所得税での事案が専門誌に寄稿されているのをみつけて日本から取り寄せてみた。

日本の非居住者である私たち、基本的には日本株からの配当以外には日本への納税義務はないのだけれど、富裕層の海外逃亡に当局の目が厳しい折、いつの間にかビックリするような法改正がされていて気づいたら脱税犯…とならないように注意しておかないと。

結論としては、特に新しい点はなく武富士や中央出版の事件と変わらず非居住者判定は総合判断。

気になっていたのは、今回の裁決が所得税の事案であること。(武富士、中央出版は贈与税)

そして、当該個人がPT(パーマネントトラベラー)っぽく、複数国を転々としていること。
どうやらこの方4か国以上の国々で暮らしているらしく、一番長く滞在しているのが約3か月の日本らしい。

今は間違いなくマレーシアの居住者である私も、遠い将来つぶちんの幸せな一生をお看送りしたら多分季節のいい時を選んで複数国を転々とする可能性が高い。
仮に3か国に4か月ずつ暮らしでもしたら国の選択によってはどこの国でも居住者に該当しないことも理論的にはありうる。
そこで仮に日本が「国籍が日本のPTの場合は、うちの居住者とみなすってことで納税ヨロシク」…なんて改正でもしたら1日も住まなくても日本に納税義務発生するもんねー(笑)

そこで、なぜこの方が年に3か月しか滞在していない日本で所得税法上の居住者とされたのか、何か重要なポイントがあるかとビビったんだけど、新しい論点はなかった。

3か月しかいないたって、この方。
生計を一にする妻が日本の居住者だとか、
日本にある法人の代表者で経営関与の実態があるとか、
日本に一番多くの資産を保有しているとか、
住民票を置いて健康保険に入っているとかetc.

もうそれだけ重ねたら、全部アカンやつやん(笑)
てか生計を一にする妻が完全に居住者で、自分も住民票置いてる時点で、「非居住者」と主張するのは既にムリやろw

という事で、自分に影響のある論点はなしということで落着。

引き続き、マレーシアで多額の納税しますわ。主にお酒の関税ですけど(笑)



………………………………………………………








by omoutsubo-bar | 2017-10-24 15:58 | 運用・金融・税務 | Trackback | Comments(2)
 自信たっぷりのインド人業者さん。




確かに言うだけあって床はきれいに研磨し、その時点では家具にもダメージなく一度目の研磨は終了した。

ところが一番最初の見分の時に言っていたのとは違って、現場の責任者が家具周りの床はやはり手作業では研磨できないと言い出した。キミらのボスが言ってたのとは違うんですけど…。

と、前回までのあらすじ。

その後みんなで色々と検討の結果、やはり家具を運び出して全部の床を研磨し直すことになり→運び出しの際に、キャビネットにキズがつき→運び込んだ別の部屋の床にも引きずりキズが大きくつき。

とにかく問題は、腕の立つお爺ちゃん家具職人の造る家具がムダにホンモノ過ぎて重いのが一番の原因なんだけど。
それと今回は、運び出される時に家具の表側に養生のカバーをかけなかった私のミスでもあるんだけど。

結果的に床の研磨作業は3回も入ってタイヘンだった。
ただ、このインド人業者さんはとにかく後片付けが丁寧で、おかげで壁からシーリングファンからクローゼットの一番上の棚まで、まるで大掃除のように全部拭いて帰ってくれる。

さて。

最後に残ったのは家具の正面についたキズ。

それと私自身の痛恨のミス。
書斎が使えなくなっている間、リビングのライティングデスクでペーパーワークをしていたのだが、その時にデスクの表面にシミをつけてしまった。

もちろん熱いものや水滴のついているグラスを直接置いてはいけないことを知っているのだけれど、表面には水滴のつかない、保冷タイプのボトルをほんの短い間ダイレクトに置いてしまった。
気づくとデスクの塗装に円状の白っぽい痕。

使うには支障なくても、美しい木目の表面のキズって目に入っただけで気分がダダ下がる。ので、再度家具職人さんに引き取ってもらって修理していただいた。

10日ほどで戻されたキャビネットもデスクも、キズが分からないように塗装し直されて大満足。
修理代は550RM。マラッカの工場から取りに来て、丁寧に修理して、設置してもらって、なんか申し訳なさ過ぎる安さ。

追加で、ライティングデスクにはデスクマットを置くことにした。
これまでは美しい木目を楽しむためにあえてマットを敷かずに使っていたが、それでも2年も使ううちに細かいキズはついていたので、今回みたいな痛恨のミスがなくともキズは増えて行く。それを避けるために。

で日本に注文したデスクマットが今日届いた。
サイズはデスクに合わせてオーダー。

f0189987_12550834.jpg


色は椅子や周りの色合いに合わせて黒革にブルーの麻糸。

f0189987_12561301.jpg


皮革の美しさと言えばイタリアのものも素敵だが、サイズまで細かくオーダーして作ってもらうにはやはり日本で注文するのが一番安心。日本にだって栃木レザーとか姫路レザーとかって高品質な皮革があるわけだし。
で、オーダーを確定するまでのメールのやりとりも、とても親切にしていただいたのが革工房ミカサレザー。




ウォルナッツのデスクも黒革のマットも、そして他の家具も、これからもっと注意して丁寧に使います。



………………………………………………………






   



by omoutsubo-bar | 2017-10-24 15:08 | KLで不動産購入 | Trackback | Comments(0)
もうね、サイコー♪

先週の月曜日の午後にトリートメントを受けて、ちょうど1週間。




まだ少し破片が残っているけれど、今夜洗顔したら全部剥がれ落ちそう。

で、明らかに肌のトーンが2段階くらい明るくなって、触るとつるつるすべすべ。
もちろん、元からあるシミ・シワ・タルミが消えるわけじゃないけど。←薄いシミはなくなったかも。

でもこの1週間のダウンタイムは酷かったーwww
月曜日の施術直後は顔全体が赤くて、表面がつっぱる感じ。

火曜日、ところどころちょっと赤黒くなって、ひどい日焼けの後みたい。で、表面の皮膚が明らかに死んだ感じになっていて、笑うとシワシワになる。
ちょうどねー、NHKの朝ドラの20代の主演女優さんが、女の一生みたいなストーリーの最後の方で老人メイクをして顔の表面に人工皺を作るでしょ。その老人メイクが不自然に失敗したような感じ。

水曜日、顔中汚れてますよーってくらいに黒い斑点。
でも鼻の周りの皮が剥がれ始めて、その下にすべすべピンクのお肌、チラ見せ。

木曜日から金曜日が、一番損傷激しくて、ほぼゾンビ。
剥がれ落ちる皮膚は、無理やり引っ張るのではなく自然に剥がれ落ちるのを待たないといけないから、顔中ボロボロ。

あまりにビロビロしてるのは鋏で切り落としたけど。

口や鼻の周りのよく動かす部分からどんどん剥がれて行って鼻の横あたりにはつるつるの肌が見えるので、かなりキブンは盛り上がってくる。

土曜日、施術後もほとんど変化がなくて色も白いままだし、少しつっぱる程度だったおでこのあたりもポロポロと粉っぽくなってき始めた。

そして1週間経った日曜日には80%以上剥がれ落ちて、醜いアヒルの子が生まれ変わりましたよ。

現在、95%脱皮完了。

日本にいた頃にもケミカルピーリングやレーザーピーリングをしたことがあるけど、今回のは自分史上最強のピーリングかも。
日本は色んな制限が厳しい上にクレーマー天国だから、なるべくモンスター患者に大騒ぎされないように抑えめの施術しかしないのかな。


もっともダウンタイム中の損傷が激しすぎて、人前に出る職業の人にはムリそう。

私はこの顔のままで毎日ゴハン食べに行ってても、周りはみんな忙しいから特別聞かれはしなかったけど。
たださすがに職人さんの真正面に座る鮨カウンターでは、ビックリされないようにあらかじめ自己申告した(笑)

あと数か月、月に1回は激しく損傷します、カオ。


………………………………………………………







by omoutsubo-bar | 2017-10-23 16:30 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)
 最近、いつも行く店に飽きてきたので積極的に新規開拓をしている。
とは言え、日本料理系、中華、韓国、タイ、インド、イタリアン、フレンチ、スパニッシュについてはほとんど、満足のいくお店を見つけてしまったから、私の中のベスト○○料理店を超えるどこかを見つけるのはなかなかむつかしい。

そこで次に注目しているのが、南米料理系。辛めの料理もあるので私好みだし。
中東系の料理は美味しいんだけど、お酒を置かない店がほとんどなのでザンネン、私にはw

さて今回行ってみたのがこちら。


ジャランアンパン沿いのグレンイーグルス病院の西隣。
ただし敷地への入り口はアンパン沿いではなくJalan Nipahにある。
敷地内に駐車場あり。

建物の地上階は黒潮とか言う名前の海鮮レストランになっていて、その建物の1階がこの店。

店内は明るく素敵な感じで、ワインあり。
ビールはボトルのみ。

料理はこんな感じ。
海老のジャンバラヤとか。

f0189987_10024739.jpg

フライドチキン。揚げ油、悪くない。

f0189987_09574016.jpg




メニューも多くないし、品揃えはパスタやハンバーガーなどファミレスくらいな感じだけど、オーダーしたものはどちらも味は悪くなかった。


ただ、ホールのスタッフのレベルにムラがあって、チャイニーズ系の女性や、名前から韓国系と分かる女性はテキパキとよく働いている。
一方、ヒジャブを被ったマレー系の女の子たちはただぼんやり立っているだけで、何というか使い物になっていない(笑)

基本、客席に注意を払ってなくて、目が合えばニコリと微笑むからやる気がないわけではないんだろうけど、上のチャイニーズやコリアンのスタッフとの動きの差が歴然。


わざわざまた行きたいと言うほどではないが、この近所でちょっと綺麗めな店を…と思うならちょうどいいかも。
グレンイーグルスにお見舞いにとか、健康診断を受けに来た帰りにとか?(笑)


………………………………………………………









by omoutsubo-bar | 2017-10-23 08:46 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
 大発見だ。

つぶちんはわりとよくしゃっくりをしている。

f0189987_11204719.jpg

放っておけば、いつの間にか止まっているが、ふと思いついて人間に効果のあるしゃっくりの止め方を試してみた。

と言うのは、耳の穴に指を入れて強めに押さえてやる、という方法。
しゃっくりは横隔膜の痙攣だから、横隔膜に影響する迷走神経に刺激を与えればいいという、アレだ。




自分自身でも急にしゃっくりが出て不快だったら、これで即座に止められることを知っているので、ふと思いついてしゃっくりしている彼女を抱き上げて、両耳を軽く圧迫してやった。

フェレットの耳は複雑な形をしていて、中に指を入れることなんて怖くてできないから、親指と人差し指の腹で優しく両耳を押さえたのだ。

そしたら、止まったwww

原理が同じなら効果があって当然だろうけど、なんか物凄くビックリした。

きっとつぶちん自身も不快に感じているだろうしゃっくり。
これでいつでも止めてあげられる(笑)




by omoutsubo-bar | 2017-10-18 11:21 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
しばらく前に撮った写真、忘れてた。
9月下旬から10月上旬には、秋の味覚満載。

9月下旬に秋刀魚に梅。
ところが10月に入ると、秋刀魚が不漁で脂の乗った丸々と太ったものが入荷しなくなったらしい。
f0189987_19181321.jpg
松茸の土瓶蒸し。
f0189987_19194790.jpg

そして10月中旬に入ると冬の味覚もそろそろ出始める。

カワハギに肝。
f0189987_19203987.jpg
いよいよ、日本の魚に一番脂が乗ってくる季節。

寒くないKLで、と言うかむしろ涼しくて快適なこの街にいながら、日本の冬の味覚を楽しめるのは贅沢だ。
でも、あの寒い冬の日本で、たどり着いた居酒屋で熱燗って言うのも捨てがたいけどねw


………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2017-10-16 19:23 | 旬の魚をKLで | Trackback | Comments(0)
KLに移住して3年半。
初めてケミカルピーリングを受けて来た。

痛かったーw

元々、日本ではシミのレーザーピーリングにはよく通っていて、顔全体のケミカルピーリングも経験ありだと思うんだけど、こんなに痛かったかなーと思うくらい。
日本で美容皮膚科のトリートメントを受ける時、痛い施術の場合は麻酔クリームを塗ってくれるから痛みを感じないだけなのかもしれないけど。

ベッドに横たわると、まず看護師さんが顔を洗ってくれて、その後先生が現れて施術前の写真撮影。
それから顔にピーリング剤を塗り始める。

優しいブラシで塗られるんだけど、臭いがキツい。
最初はフルーツみたいな良い香りだけど、鼻の周りを塗るときに強い酸の臭いにむせそうになる。
で、こんなに強い酸を塗るんだからかなり刺激が強いだろうなと思っていると、じわーっと痛くなってくる。

すると先生が「痛い?痛くなったら、この扇風機で自分の顔に風を当ててね。」と小さい乾電池式の扇風機を胸元に持たせてくれる。

それでも最初は我慢できる痛さだったけど、先生が丁寧に何度も何度もピーリング剤の上塗りを繰り返してくれるうちに痛みマックス。
もう顔が火傷でヒリヒリって感じ。

で30分近くかけて、何度も顔全体と、特にシミの多いところをピンポイントで塗ってくれた後、痛みが治まるまで風を当てておくようにと指示されて、先生は部屋から出て行った。

10分もすると焼け付くような痛みがなくなったので、側で待機してくれている看護師さんに伝えると先生が戻って来てチェック。
5時間後に顔を洗って薬剤を落とすこと、赤みは1~2日程度続き、1週間程度で角質がポロポロ剥がれてくること、この間保湿と紫外線予防を徹底すること。
具体的には保湿クリームを1日2回、乾燥が気になるなら3回、サンブロッククリームは4時間くらいで効果がなくなるから1日2回塗り直すこと、などの注意を受け、2週間後にフォローアップの予約をして終了。
処方された80RMくらいのクリームを購入して帰宅。全部で約1時間。

先生曰く、1か月に1回の施術を3回続ければ効果を実感できるらしい。
日本でエステティックサロンのやっているピーリングなんて週に1回ずつ何回で1セットとか言うらしいけど、こちらでは薬剤がより強いのか、施術後は1か月置かないといけないとのこと。

そう言えば去年、バンサーサウスの美容皮膚科でCO2フラクショナルレーザーの3回セットとレーザーピーリングを受けてみたけど、それほど効果を感じなかったのとバンサーサウスとの往復は時間帯次第でひどい渋滞になるので、結局続けなかった。

今回は歩いて行けるご近所だから、渋滞の心配はない。
費用は通常1回450RMだけど6回回数券だと2,200RM。

3か月後、乞うご期待。



………………………………………………………






by omoutsubo-bar | 2017-10-16 18:15 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)