人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

パースでの9日間の旅行には、エアアジアの海外旅行保険に入ってみた。
やや長めの旅行なのと、友人の車を借りて運転すると言う計画があったため、念のために。

で旅行では交通事故など大きなトラブルはなかったが、預け荷物のスーツケースの足が一つなくなったので、経験のために保険請求にトライすることにしてみた。
キャスター4個は壊れていないので、利用には支障はないし、いつ捨てても惜しくない代物だけど(笑)

で、ウェブサイトを見ても簡単にクリックするだけで保険請求の手続きを進められるような造りにはなっていない。もちろん!

そんな程度で面倒がっていてはマレーシアでなんて暮らせないw
で、保険証に記載されているメアドを手入力してメールを送る。

そうすると、まずはエアアジアに事故証明を請求するようにとの指示。
今度はわりと親切に、クリックするだけで証明書請求のページに飛ぶようにリンクしてくれている。

と言ってもエアアジアの総合問い合わせ窓口のページ。
その中で、case categoryはcustomer requestを
typeはdocument requestを選んで、後は指示通りに情報を埋める。

内容は、預け荷物のスーツケースが壊れたからProperty Irregularity Report を発行してくださいと書いて、壊れた部分の写真を添付して送る。

最初は念のために角度を変えて写真2枚を送るつもりだったが添付ファイルは1MBまでと言うことなので、1枚だけにする。←今ココ。

さあて、この件片付くまでにいつまでかかるかな?
引き続きガンバリましょうwww




by omoutsubo-bar | 2017-01-24 11:34 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
 UBS香港がKLでランチセミナーを開くと言うので参加してみた。
日本にいた時は、クレディスイスとかソシエテジェネラルとかHSBCだったかな、全部は忘れたけど。とにかく色んなPBが開くパーティに出たことはあったが、マレーシアに来てからはほとんどなかったので体験したいと思って。

ほとんど…と言うのは。
それっぽいもののカンタンなヤツは、CIMBプレミアのハリラヤのゴハンに招待された。
その時は、どーせビールの一つも出ないだろハリラヤなんだからと思ったけど、ちょうど送金手続きがあったのでその日に支店に行ってみた。

思った通り、支店内のプレミアエリアがブッフェスタイルの会場になっていて、ホテルのケータリングみたいな料理が並んでいた。
もちろんお酒はない。もちろん。念のためにもう1回、もちろん。

やっぱりねーと言うことで速攻帰宅。
お酒もなしに、あんなところで脂っこいだけのゴハンなんて食べられないw

次の体験はRHBプレミアの招待。
このときはマレーシアの新進気鋭のアーティストの作品即売会と言うことで、会場の美術館に行ってみたら、美しく飾り付けられた会場をホテルのウエイターさんたちがアペタイザーと飲み物を配って歩いている。

見た限りは日本で開かれるパーティと同じ。
ただし!
飲み物はウェルカムシャンペンデモナクカクテルでもなく甘いジュースw

こんなに白ワインに合いそうなカナッペを、そのピンク色の甘いジュースで~とダダ下がるも、今回の目的は好きなアートを見つけることなのでアートだけ見て退散した。
ちなみに良いアーティストさんと出会えて、現在お仕事発注中。

この話を友人にしたら「RHBはイスラム系の銀行だからねー。」とか言われた。ホントかどうかは確かめてないけどw

と言う経緯があって、今回は香港から来た銀行ですよ。
出席者は大半がマレーシアンチャイニーズと思われる。
10人座れる円卓が多分30卓くらいあったので招待客は250人くらいはいたのかな?
一部インド人らしき人々もいるが大半は華人。
ところどころ見かける欧米系は招待客なのか、プライベートバンカーさんたちなのかは不明。
そんな中で日本人卓は1卓のみ。
まあ、平日のランチセミナーですからね。
やって来るのはリタイアした暇人だけなんでしょうが←他の方々、スミマセン(笑)

でも結論から言えば飲み物は甘いジュースだった。

今まではハリラヤだのイスラム系?だのという言い訳もあったが、今回はイスラムに関係ない外資系の銀行主催の、招待客にムスリムらしき人を見かけないパーティですよ。
UBS香港オマエモカーの脱力感。

で、ホテルのカフェでビール飲んで帰りました。
ちなみにセミナーの内容は全然分かんなかった。
世界経済と投資運用のことをナチュラルスピードとややチャイニーズ訛りの英語で話されて聞き取れるほどの能力はまだありませんわー。









by omoutsubo-bar | 2017-01-23 17:36 | KLイベント | Trackback | Comments(0)
先週木曜日夜10時過ぎにKL到着。
問題なく家まで帰ってざっと荷物を片付けて。

留守中もメイドさんのグローリアがいつも通り部屋に来て掃除と換気をしてくれていたから、1週間以上不在にしていた部屋も臭くない。

で、溜まっていたメールもダウンロードして、明日の朝からは通常通りの生活と思ったのに。

金曜の朝、普通にパソコン使っていたら突然壊れた。

青い自己修復画面になって再起動したにも関わらず、元には戻らない。
金曜日は1日掛りで思う壺ダンナがいじくり回した結果、メモリが壊れている気がするということで、土曜日ロウヤットプラザに持ち込み修理。

結局、電源装置が壊れているが、日本から持って来たdellは100Vの日本仕様なので交換部品などない。

で、新しいパソコンを購入し、うち独自の仕様に調整の上、今日は中身の復元中。
インド人のお兄ちゃん相手に英語でパソコンの細かい状況を話し合えたと自画自賛しながらw
思う壺エンジニア、偉い、偉い。












by omoutsubo-bar | 2017-01-22 11:52 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
いやー、旅行とかするととても楽しいけど、同時にクアラルンプールの良さ再確認するね〜。
パースは整った綺麗な街で、道路に穴開いてないけどw、意外と吸い殻のポイ捨てが多い。
あと、丸の内1丁目みたいに整備されたエリアから少し離れるとやや寂れた感のある一角とか、エロ下着売ってる店や深夜にストリップショーでもやってるんだろうな〜て区域も広い通り沿いにあって、ちょっと引くw
そういうエリアは、ちゃんと迷い込みにくい一角にまとめておいて欲しいわ、一般旅行者テキに。

クアラルンプールはやたらと道路に穴が開いてるし小汚いところはたくさんあるけど、さすがにムスリムの国だからか、ハダカのお姉ちゃんが踊っていそうなところは表通りにはなくて(都心を少し外れたところにはフーゾク地域もあるらしいけど)、基本、迷い込まない。

おっと、それはそれとして、Puduで安くて美味しいいつもの朝ごはんを10日ぶりに食べたら、心底ホッとした。
いつものワンタンミーのジョーはもちろんのこと、会う人ごとに「久しぶり。どこ行ってた?日本に帰ったのかと思った。」って声かけられたり。

話したことのない人まで、わざわざ満面の笑みで席まで声かけに来てくれたり。

‥と帰って来てよかった〜って思った金曜日の朝。

で、今朝。
土曜日だから自転車でPuduまで行こうと思い。
自転車置場で、オーストラリア土産持ち忘れたことに気づいて部屋まで取りに上がり。←だって、いつも愛想の悪い顔してるお母さんまで帰って来たこと喜んでくれるんだもん、ジョーにだけお土産あげて他のスタッフにあげないわけには行かないw

さて出かけようとしたら、ちょっと雨が当たった。
けどお出かけ強行したら途中で本降りになって、TRECの南で引き返し。

「最初にあのまま自転車で出かけてたら、帰れなくなるとこだった。忘れ物してかえって良かった。」って、駐車場に行って車に乗り換え。

で車で行ったらパーキングが異常な混み様で、全く駐車できず撤退。
そしたら雨が上がって「なんだ、やっぱり忘れ物せずに自転車でさっさと出かけてれば良かった。」と気分ダダ下がり。

疲れた気持ちで帰り道を間違えて、インビのチキンライス屋さんの前を通りかかったものだから、チキンライス屋さんに行くことを思いつき。

準備しているお母さんに聞いたら10時オープンだと言うので、一旦家にビールを取りに帰り。

帰ってカレンダー見て、外せない用事が11時に入っていることを思い出し、今日はもうゴハン食べに行く時間がないわとまた気分ダダ下がったのも束の間、その用事が延期になり。

そんなわけで、上がったり下がったりめまぐるしかった今朝のキブンは、美味しいチキンライスとBBQポーク、もやしをツマミに持込ビールで乾杯と言う幸せゴールとなりました。

やっぱり、クアラルンプールの朝は美味い!
f0189987_11425013.jpg








by omoutsubo-bar | 2017-01-21 15:56 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
今回のパース行きは、まずは友達の農場に泊めてもらってワイナリー巡りというところから決めたのだけど、同時に将来の避暑地候補の下見。
いずれにしてもオーストラリアには毎年しばらく滞在することになりそうだから、そのための生活資金口座を開設しておく。
これらが主な目的だった。

で、事前にクアラルンプールでメールのやり取りもして準備しておいた口座開設のため、パース支店訪問。
場所は滞在しているホテルから2ブロック離れているだけ。
丸の内2丁目テキな近さ。イメージ的に。



あらかじめ指示されていた通り、HSBCマレーシアの暗証番号デバイスを持参して、その場で自分のオンラインバンキングアクセス。
で最新12月のステイトメントをプリントアウトして添付。
先にメールで送ってあったんだけどね。

ともかく小1時間かけて、親切なインドネシア人RMがオーストラリアのAUD口座開設と、それをマレーシアの口座をネットバンキングでリンクしてくれた。
もちろんアクティベートも手伝ってくれて、後は2〜3週間後にクアラルンプールに郵送されるキャッシュカードを待つだけ。
正確には届くカードとpinでデビットカードをアクティベートすれば完了。

このインドネシア人RMのWendyは、日本大好きなご主人と共に1年に1〜2回は京都や東京を訪れるし、子供にはHanaって日本名をつけたらしい。

で日本贔屓の彼女には口座開設の細かい手続きから市内観光案内までお世話になって支店を後にした。

今はAUD86円くらいなのでこれから3年以内に次の円高がもし到来すれば、まとめてJPY→AUDにして確保しておこう。






by omoutsubo-bar | 2017-01-18 20:17 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
9日間の西オーストラリア旅行、最後の2泊は大都市パース。
ロットネストのしょぼいホテルからフェリーで移動したパースのホテルはフェリー乗り場の前にあるCOMO the treasury。

前と言っても中途半端に近いというか遠いw

ここからね。


ここ。


タクシーでは行ってもらえない距離。
フェリー降りて歩いて8分だけどそのうち半分はタクシー乗り場までへの移動みたいなもんだからw
軽い上り坂をスーツケース転がして歩くには割とメンドくさい距離だった。

でもホテルの設備は最高。
チェックイン時にホテルマンから案内を受けて説明されたのは、元々は郵便局本局や国税局みたいなお役所として長く使われて来た歴史的建造物の内部だけを最新設備にリノベし2015年にオープンしたばかり。
だからこの住所はグランドゼロ。いわゆる丸の内1丁目1番地ってヤツです。

オープンしてまだ1年半にも関わらず、全豪第2位のゴージャスホテルとしてパースで一番有名なホテルだと、こちらは友人からの情報。

実際、友人の家族がパースでのディナーを今一番クールなレストランで予約しようとしてくれたら1週間後の平日の夜にも関わらず既に満席。
たまたま、それが私たちの予約したホテルのメインダイニングだったので、宿泊客枠の空席をようやく確保できたとか言う。

今の東京を知らんけど、できた当時の六本木ヒルズのグランドハイアットでディナーってイメージでしょうかね。

確かに東京のハイセンスな超一流レストランでのディナーという感じで、価格と一品の量や質が港区と同じだったw
でも、あのでかいオーストラリア人には足らんだろwww

彼らにはディナーの後にもう一軒、でかいフィッシュアンドチップスを出すバーで飲み直してちょうどいいに違いないと思ったわー。

話を戻して、ホテルの内装なんだけど、美しくて隙がない。
カーテン、バスルームと言ったインテリアだけでなく、冷蔵庫の品揃え、グラス、ティッシュケース、タオルやスリッパ。
全てに至って、非の打ち所なくセンスが行き届いている。

ね、ルームキーまで素敵。
f0189987_11402115.jpg


部屋に入るなりテンションマックスwww
将来、避暑のためにパースで1ヶ月暮らすなら、このホテルで長期滞在してもいいわ〜と思うくらい。

でも一晩暮らして、それはないわーと考え直したけど笑

と言うのは、隣にちょっとした広場があってそこで頻繁にイベントをやるらしい。
宿泊した2泊はちょうどサーカス小屋みたいなのができていて夜10時までうるさかった。

あと、これは私固有の問題だが朝ごはんにアジア料理がない。
アメリカンブレックファストとか洋風のものだけ。美味しいんだけど。

私が基本にしているシャングリラホテルズならそれがたとえオーストラリアだって、ホライゾンクラブの軽食、朝食には点心とかお粥が入ってる。

最高に素晴らしい超お勧めのホテルだけど、そういうわけで私は2泊が限度のようですのん。









by omoutsubo-bar | 2017-01-18 13:59 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
土日は付近のワイナリー巡り。
土曜日、なかなか起きて来ない友人に朝ごはんのパイだけ残して車を借りて2人でワイナリーツアー。

一番近所にあるGalafrey Wines


行ってもドアは閉まっていて、ドアフォンで呼ぶと敷地内の母屋から鍵を開けに来てくれる。
ただ試して見ると買いたいほどでもなかったので、ちょっと試飲後次のワイナリーへ。
West Cape Howe Wines


きれいに整備されたワイナリーでどれも美味しかったのだが、まだまだたくさんワイナリーを周る予定だからと、シラーズを1本購入。

ここで一旦友人宅に戻ると、ラクトースに弱い彼は昨日食べたピザのチーズが原因で具合が悪いとのこと。
彼を残して車を借りて2人でフランクランドリバーのエリアまでドライブ。

ところが、オーストラリア内陸のだだっ広いこのエリア。
wifiコネクションがなくGoogleマップも使えない。
とは言え、道はひたすら1本。

およそ西に向かえば良いだけと距離感だけを頼りに直進する。
するとそのエリアまで来れば曲がり角にはワイナリーの案内板があるから、結局迷うことなく辿り着けた。

マレーシアでもよく見かけるAlkoomi Wines


意外と小さなワイナリーで呼び鈴を押すと裏から出て来たおばあちゃんが鍵を開けてくれた。
リースニング1本購入。

マウントバーカーへの帰り道に立ち寄ろうとしたFrank land Estateは平日のみの営業。
週末は事前予約のみと言うことで入れず。


マウントバーカーの中心部にあるPlantagenet Wines。
2種類試飲して見たが、まあ普通かな‥と思っているうち団体客が押し寄せたため何も買わず退散。


友人からレストランも美味しいよと教えられていたGilbert Wines and Cafeに立ち寄るも、時間が既に4時だったためシェフが帰ってしまい試飲後リースニングを1本だけ買った。


この日は食事をするタイミングを結局失ったので、マレーシアから持参した非常食のカップ麺で済ませることに。

翌日曜日は体調の回復した友人に連れられてアルバニーのモーニングマーケットに立ち寄った後、Wignalls Wines
日本で何かの賞を取ったこともあるとのことだったが、特に好みのものがなかったので次に進む。


この日のメインはCastle Rock Estate。
前日の朝立ち寄って、とても気にいったwest Cape Howeで他にお薦めのワイナリーがあるか聞いた時に勧められたワイナリー。


スパークリングをわざわざ抜栓してもらったけど3人とも気にいらず、若干申し訳ない気がしたのでリースニングを購入後、結局この2日間で一番好みに合ったのはWest Cape Howeだということで再訪。

「昨日勧められたCastle Rock行って来たよ」なんて話してたら、「あそこは昨年全オーストラリアで2位を取ったんだ」と言う。
「え?それは試すべきだったけど何で?」「総合点で」
うーん、少なくともスパークリングは受賞に貢献してないねと心密かにディスりながらw、結局こちらでまたスパークリングとシャルドネを追加購入。
さらにワイナリー名の入ったリーデルのスティムなしワイングラスをお土産に買った。

West Cape Howe Wines
樽の香りが素晴らしいシャルドネはパースのホテルで飲んでしまったけれどスパークリングとシラーズはKLまでお持ち帰り。
来て良かった。
私たちのお気に入りの西オーストラリアワインを見つける事が出来た。
マレーシアで買えるかどうかは分からないけど。

と2日で7ワイナリーを巡ったワイナリーツアーはとてもとても楽しかった。
f0189987_11334841.jpg


by omoutsubo-bar | 2017-01-15 21:13 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ワイナリーのたくさんあるこの辺りはデンバーカートライアングルとかって呼ばれているらしい。
滞在しているのは一番小さな田舎町マウントバーカーで、南東にあるエリア一番の大きな?町アルバニーと、南西にあるデンマークとを結ぶ三角地帯をこう呼ぶんだって。

で昨日はデンマーク。
海辺に行ったり、大木のあるVally of the Giantsって森林でツリートップウォークとかって木の上に架けられた600m程の橋を歩いて渡ったり。
f0189987_11312841.jpg
https://www.google.com.my/maps/place/Valley+of+the+Giants+Tree+Top+Walk/@-35.0069844,116.8891535,10.75z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xfcc2a60eabeef2f9!8m2!3d-34.9775487!4d116.8935013?authuser=1

まあ、いわゆる観光っぽいことを楽しんだ。

それより楽しかったのは、海岸の駐車場に繋がる道で危うく蛇を轢きそうになったり。←轢かずに済んで、そのコは草むらに逃げて行った。
黒くて1mくらいはある長いコだったけど、友人に言わせると「小さい」。

なんかね、サイズを表す基準が私たちと違うんだよね。
ここのハンバーガーは小さいから日本人でも1人一つ食べられるよなんて言ってるのが、実際に運ばれて来たらデカいし。
それを大きいって騒いでたら、後ろの席のおじさんに笑われるし。

生きてるカンガルーを見つけたけど、そのコたちはたまたま草むらにいる野生のカンガルーだったのか、悪さして農場主に逮捕されてるカンガルーなのかは分からなかった。
フェンスの側にいたの。
友人はあんなフェンスは飛び越えられるから、閉じ込められてたわけじゃないって言ってたけど。

あと、ビールのブルワリー併設のレストランでゴハン。
ちゃんと薪を焚べるピザ窯もあって美味しかった。
f0189987_11320773.jpg

今は農場内で朝からビール飲みつつ日向ぼっこ。
1月半ばは夏の盛りらしいけど、暑くない。常にフリースを手放せなくて日本で言えば釧路の夏くらい。
乾燥してるから快適ではあるけど、KL仕様の私の肌にはちょっとキツい。
唇カサカサでリップクリームを手放せない。

さてそろそろワイナリーツアーにでかける時間かな。





by omoutsubo-bar | 2017-01-14 11:15 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
普段は旅行先で観光ってしないんだけど、今回は友人が連れ回ってくれるのでお世話になってるw

正直言ってオーストラリアの田舎町で美味しいものは期待していなかったけど、マウントバーカーで一番有名なベーカリーのパイ、とんでもなく美味しかった!

https://www.google.com.my/maps/place/Mt+Barker+Country+Bakery/@-34.6605378,117.629614,12.42z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x1661fb6a9ae25a4f!8m2!3d-34.6337023!4d117.6640034?authuser=1

大きくて一つ7audくらいするんだけど。
パイ自体がそんなにバターたっぷりの重いタイプではなく、中身が旨い。
ビーフカレーと、ポークベリー&ライスって2つを買ったけど、要するにたっぷりの美味しいシチューをパイ生地で包み込んで持ち運べるようにしてある感じ。
具沢山の旨いおにぎりみたいな位置付けなんだろうな。

一方、子供連れのファミリーがやって来る動物ふれあい公園みたいな施設に併設されたカフェ。
そこのスペシャリテだと言うフレッシュウォーターロブスターはイマイチだった。
味が淡白過ぎて、特に旨味を感じない。
単にしっとりと柔らかい白身の海老の身。以上。

https://www.google.com.my/maps/place/Nippers+Cafe+Maroon+Farm+&+Park/@-34.9561697,118.0640805,15.25z/data=!4m12!1m6!3m5!1s0x2a38dc6323a28249:0x11a91671858a8a59!2sThe+Old+Marron+Farm!8m2!3d-34.959042!4d118.062005!3m4!1s0x0:0xb38d847a6a0ea7f5!8m2!3d-34.9555816!4d118.064028?authuser=1
f0189987_11282428.jpg
期待していなかったのに行ったら迫力に圧倒されたのは、Gapって岬。
東尋坊みたいな切り立った崖で、その上に突き出すように設置された展望台から下を見ると波が崖にぶつかって砕け散るの。

いつまで見ていても飽きない迫力だった。

https://www.google.com.my/maps/place/The+Gap/@-35.0357391,117.86903,10.75z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xeb00bdc5745fd311!8m2!3d-35.1182938!4d117.8926563?authuser=1

新しいんだけど既に数多くの受賞をしている、今オーストラリアで非常に注目されているというウイスキー蒸溜所にも行った。

ウイスキーを飲まない私には分からないけど、思う壺ダンナが「こんな美味しいウイスキー飲んでしまったら、マレーシアで売ってるパチもん飲めんようになってまう〜」と泣いてたw
ちなみに、パースで泊まった素晴らしいホテルの部屋に置かれていたのもこのウイスキーだった。

f0189987_11292650.jpg



なぜか特に用事がある風でもなく、友人の農場ってのにも連れて行かれた。
うちのファームは20エーカーだけど、こっちのファームはその10倍だかなんだか言われても、そもそもエーカーって単位で話された時点で世界が遠いしw

で、先日生まれたばかりの双子の子牛とかを遠くから見て雑談してるわけ。
私はもう、相手の女性の口元にとまっているハエが喋ってる間に口の中に入ってしまいそうで気になって気になってwww

昔シドニーに行った時もハエの多さにびっくりしたけど、オーストラリアって本当にハエの国なんだねー。
そのうち慣れるって言われたけど、無理です、1週間やそこらの滞在じゃw

あれ?結局なんの目的でその農場に行ったのかはよく分からなかった。
マレーシアから来た日本人がうちに泊まってるから、見せに行くわーって目的だったのかな笑

今日はデンマークって隣町に出かけるらしい。




by omoutsubo-bar | 2017-01-13 10:09 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
今マウントバーカー滞在中。
西オーストラリア、パースから車で3〜4時間、南東に進んだ田舎町。
友人宅にしばらく泊めてもらう。

昨日の早朝にパース空港に到着したんだけど、楽しかった〜〜w

オーストラリアは国外からの持込に厳しいからイミグレでの検査にすごく長い行列がある。
で、列に並んでいると一番右側で隔離されたところで黒いラブちゃんが働いているのを見つけた。

わー、あそこに集められている人たちってヘンなもの持ち込んでいる可能性があって調べられてるんだと犯人たちを見るように見ていたら。

しばらく前に進んだところで私たちの周り8人くらい、別ルートに隔離された。
でもどうやらスーツケースを開けてしっかり調べられるカウンターがない列に案内されて行く‥と思ったら、一番右端。

肩にかけた荷物も下に置くように指示され、係のお兄さんがビーフジャーキーを入れたバッグを私のスーツケース2つの間に置いて、今からワンコの訓練に協力してもらうと言う。

で、隣のケージから出されたラブちゃんが我々8人くらいの乗客の荷物の間を嗅いで回り、係官が紛れ込ませたバッグの前に来るとお座りして係官を見上げ、見つけたよ、褒めて♪って顔をする予定。

‥が、その子私のスーツケースの右から2回、左から1回目的物の側を通ったのに見つけて立ち止まったのは左からの1回だけ笑

あの子はまだまだ訓練が必要らしい。
でも係のお兄さんを見上げて見つめるお目々がウルウルして可愛くて。

楽しかった〜!
by omoutsubo-bar | 2017-01-12 09:18 | 旅行 | Trackback | Comments(0)