人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2016年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 3週間近く前に少し膝を痛めた。
日本にいた時に靭帯を損傷してもう走れない膝ではあったが、日常生活には問題ない程度まで復活している。が、ちょっと無理をしたり何かアクシデントがあると必ず一番先にダメになる私の弱点。←まあ、この鬼ババア、一つくらい弱点があっても良かろうと思う壺ダンナは思っているに違いないけどw

で10日くらい朝の散歩でICC puduまで行くのを止めていた。

その間、思う壺ダンナが車を出してくれて往復。
行きは楽勝なんだが、帰りは朝の通勤ラッシュの真っただ中…のはずのところ、渋滞回避のルートを見つけてくれた。

要は、大渋滞のJalan Tun Razakを北上することなく、Jalan Changkat Thambi DollahをUターンして旧インビマーケット付近からJalan Bukit Bintangを東に向かって戻って来るというルートなんだけどね。
これだと全く渋滞知らず。

で、10日くらいして膝の方はほとんど問題なくなったんだけど、それ以来結局朝は車でpuduまで出かけることにした。

と言うのが、TRXの南側エリアの工事。
Jalan Kamoung Pandanの南側、野鳥の楽園は完全に大きな工事現場になってしまったどころか、一部歩道までなくなってしまった。
ここがとてもキケン。

見通しの悪いカーブで、車道にまではみ出して作られた工事用フェンスの外側を歩いている間、いつバイクが突っ込んでくるかとヒヤヒヤする。
ヘタしたら車にだって引っ掛けられかねない。

全く、歩行者など存在しないという前提の設計だからねー。

でまあ、少なくとも車道まで大きくはみ出した工事用のフェンスがなくなるまでは、徒歩でのpudu往復は中止することにした。

ところでICC puduの1階(日本でいう2階)は駐車場なんだけど、無料。

朝は常に満杯になっているこの駐車場に停めるコツは、食事を終えて車に戻って来る人を待つこと。

所詮みんな通勤途中の朝ゴハンなんだから、15分もあれば食べ終わって車に戻って来る。なので、エスカレーターを上がってくる人がいれば、その人たちが車に乗り込むのを待って、空いたらそこに駐車する。

みんな暗黙のルールがあって、通路に前の車が停車してしまっても後ろの車列はおとなしく待っている。
2台の車の出し入れを待つだけのことだから。

一方、自分が車に戻って来た時に駐車場に入って来た車があればドライバーと目で会話。
「うん、今出庫するからちょっと待っててね」と言う合図をして、ささっと枠から出る。
そこに入庫する車が、後ろの車列をしばらく停めてくれている状態なのだから、枠から離れたところで落ち着いてシートベルトをつける。

この町では二重駐車とか色々と日本人からすればカオスっぽく見えることがあるけど、慣れればそれなりのローカルルールがあって、うまく回っている。

こうやってどんどんKLローカルになっていけるんだろうなー。
嬉しいなー。











by omoutsubo-bar | 2016-09-29 18:20 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
 ここ2~3か月以内で、3回バイク事故に出会った。
朝の散歩や昼のランチ時にTunRazak沿いで。

 昼、車でラウンドアバウトに差し掛かった時に、大きな音でそちらを見た瞬間、人が宙を飛んでた!
 バイク2台の接触事故で、ぶつかる瞬間は見ていないが片方のライダーがほんとに宙に浮いていて、2台のバイクが道路の縁石にぶつかるところと、別のライダーが道の真ん中に着地しているシーン。

 飛ばされたライダーも歩いて戻って来て、自分のバイクを起こそうとしていたから大きな怪我には見えなかったけど。

 先日は朝、平日の渋滞の真っただ中でライダーがなぜか道を渡ろうとしているのに気付いて、危ないのに何をするつもりなんだろうと見ていると、反対車線まで飛んだヘルメットを回収して戻って来た。
それで振り返ると手前の歩道に座り込んでいるおじさん。
自損なのか、後ろに乗せたおじさんのヘルメットがぶっ飛んだ後らしかった。

 昨日の朝は、道端で肘から出血して横たわっている怪我人の横で、今まさに携帯で救急車を呼んでいる様子のライダー。
少し先では別のライダーが、側に停まったバスの運転手に何やら助けを求めている様子。

いずれも命に関わる大事故ではない様子だったが、骨折くらいはしていてもおかしくないレベルの事故。

バイクのみんなわりと運転雑だし、きちんと安全教育を受けていないのでヘーキで半袖やビーサンでバイクに乗ってる。
暑いけどライダーはちゃんと長袖長ズボン、適切な靴で防御しないと痛いのも死ぬのも自分なんだけどね。

私たちは、コワイからこの町ではやっぱり乗れないわ、バイク。
motoGP観るだけで楽しもう、エアバイク乗り。







by omoutsubo-bar | 2016-09-28 16:19 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
 東京にいたころは3週間に1回まつげエクステに通っていたけど、KLに移住してから止めていた。
ネイルとかならいいんだけど、なんかスキルの低いアルバイトのお姉さんに雑に触られるんじゃないかと不安で。
どうしても日本人技術者に対する信奉みたいなものがあったのでね、当初は。

でもここで生活して2年半。
きちんと選べば、きちんとできる人たちがたくさんいることも分かったし、日本でだって安かろう悪かろうの商売は同じ。
美容皮膚科だってきちんとしたドクターがいるし、ネイリストさんもとんでもなくフレンドリーだけど(笑)技術はきちんとしているし。

と言うことで、まつげエクステに初トライしてみた。

ベルジャヤタイムズスクエアの7階にあるAC Beaute Paradise。


店内も清潔で雑然とした感じがなく居心地がいいし、とても丁寧にエクステしてもらった。

今回はグルーポンの利用だったけど、通常は99rm。適切にキープしていれば1か月持つというのは日本と同じ。

その他、1時間のマッサージ88rm、30分のフットマッサージ48rm、リップタトゥー680rmなど、いろんなメニューがあるらしい。

家から近いし、平日の昼間は静かでのんびりできそうだし、また何かやってもらいに行ってみよう。

あ、でも静かは静かなんだけど、このショッピングモールには室内遊園地があるので、ジェットコースターが動き始めると壁の向こうでグングンって機械音が響く。

私はあんまり気にならなくて「あ、ジェットコースターが動き始めた」とか思いながらうとうとしてたけど。






by omoutsubo-bar | 2016-09-26 18:19 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)
この記事はテーマ盛りだくさん3項目だよーん。

まずね。KL Fun Expatsってグループがあるの。

状況はよく分からないけどInternationsって外国人たちの集まる有料コミュニティがある。
けど、それとは違って会費無料のコミュニティ。→派生したのかなあ。

ここからtaste MIGFって催しに参加する?ってお誘いがあって、近いから行ってみた。
場所はベルジャヤタイムズスクエアホテル。


催しは簡単に言うと最初に入場料を払って参加する縁日ね。
ホテルの14階フロア全体で催される企画は、入場料一人50rm払うと中で使えるクーポンをくれて、それを使って縁日で買い食いするってカンジ。

KL Fun Expatsというグループは、そのメンバーであることを伝えるとソフトドリンクくれたり、このグループのためのテーブルが確保されてるらしい。

真ん中のステージではなんかのショーもやってるし、周りに出してる屋台はわりと知られた人気店もあるし。

そこそこ楽しみました。こんなの参加してみたの初めてだし。

ただし、これも笑えるハナシなんだけど、50rm払ってもらったクーポン、多分正しくは10枚綴りらしい。でも10枚ついてなかったりするん。

教訓;クーポンは何枚綴りか確認してその場で数えるべし(笑)

2人でもらったクーポン、1つは9枚綴りでもう一方は10枚綴りだったwww
きっと誰かが先に1枚抜き取ったと思われる。

こーゆーことマレーシアでは普通に起きるから、受け取ったまま数えなかったワタシがマヌケ(笑)

ま、それはどーでもいいことで。
クーポンで支払って食べる屋台のフードは、別にそれほど美味しいものではなし。
むしろ、一緒に出店している試食販売とかワインの試飲販売を楽しんだってことでした。

さて、帰り。ぼったくりタクシーには乗らなかった件。

会場はベルジャャタイムズスクエアってブキビンタンのど真ん中で、日曜日の夜。
Uberが簡単に掴まらなかったため、ホテル前のタクシー乗り場で乗ろうとした。

うちはTRECの2軒隣だから、じゃー帰りにTRECで少し飲みなおしてから歩いて家まで帰ろうかと。

そしたら提示されたのが35RM。ありえないボッタクリ。
普通、5~10rmで帰れます。

もう、ビックリするわ。35rmと言ってもたかだか1,000円なんですけどね。
高くても250円で普通に帰れるはずの距離を4倍って、ないわー。
ホテルに滞在する観光客を良いようにカモにするのは、観光都市としてどーよってハナシですな。

「はーん?高っ!ありえねー」って(心の中で)悪態つきながらタクシーカウンターから離れたらベルボーイが「あれ?タクシーなかった?」って聞くので「高すぎて最悪」って言ったら申し訳なさそうに「前の道路で掴まえた方がいいよ」って言ってくれた。

あんがと、お兄ちゃん。キミのせいじゃないから悲しそうな顔しないでね。

…で結局20分歩いて帰りました。
もう1回言います。歩いて20分の距離で35rmはありえないです。車で30分かかる隣の文化圏まで25RMで行けるのだから。

さて来年またMIGFって縁日に行くかと言えば、まー1回経験してみただけだけで十分かな。
もともと日本でも縁日には興味ない方だったし。

でももし来年も行くなら、自前の飲み物持ち込もう。
残念ながら売ってるビールは小瓶のみで生ビールがなかったし、グラスワインもねムニャムニャ。

参加するなら飲み物持参で、フード買ったり試食もらったりして遊ぶのが楽しそうよ。













by omoutsubo-bar | 2016-09-25 21:43 | KLイベント | Trackback | Comments(0)
いやーん、出かけようと思てたのにー。

気持ちよく昼間からバスタブにお湯張って、ワイン飲みながらのんびりお風呂入ったら眠くなって風呂上りにうたた寝。
うつぶせで。

そしたらこうなった。

f0189987_17293504.jpg
これでは出かけられへんわーゆうて。

「半魚人!」って笑いを取ろうと思ったら思う壺ダンナ、
「アリエル」とぬかす、半笑いでなー。

その半笑いヤメレ、コロス!







by omoutsubo-bar | 2016-09-25 17:32 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
 いつも自分のための備忘録としてブログ書いてるけど、たまには誰かのための情報提供もしようかなっと。
この週末ねワリと暇ですから、ワタシ。

ICC Puduのいつものジョーの店のエリアの真向かいをしばらく工事してたんだけど9/20に新しい店がオープンしました。…と言ってもジョーの店のエリアと経営は同じだって言ってるんだけどね。新業態を拡張ってのが正確かもビジネス的には。

f0189987_14401911.jpg
上記の通り、夜はスチームボートの店らしい。

で朝は、こんなメニュー。

f0189987_14413802.jpg
ちょっと試してみたいんだけど、私ってジョーの手先だから(笑)
なんか、ジョーの店がオープンしてるときには行けないwww

ジョー、「あっちの店、行ってみないの?」とか聞くの。
でも実際に行ったら、すすーっと側に寄って来て、耳元で「お前は誰だ。オレはオマエみたいなヤツ知らんぞ」的に呟くのよ、きっと(笑)

今のところ、いつものこっちの常連客は。

新しい方のエリアには行かないのでガラガラ。

Tシャツとエプロンとスカーフが揃いのお姉さんたちは、手持無沙汰。

ジョー、たまには臨時休業しなよ、そのスキに行くからさw








by omoutsubo-bar | 2016-09-25 14:39 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
 この前の火曜日にやってきたばかりだがBraavaさん、活躍中。


並行輸入ではない正規品は、まだこのオンラインショップでしか買えないらしい。
私たちは、たまたまスバンジャヤまで行く用事があったから、ウェブサイトに「ショールーム」と記載されているところに出かけてひどく迷ったけど結果オーライで、ミッドバレーのロビンソンで販売しているのはルンバくんだけでブラーバの現物は見られないとのことだった。

で、連れ帰ったブラーバさん。
翌日から働いてくれているが、大理石や木の床にはルンバくんよりブラーバさんの方がぴったりかも。

小回りも効くし、ルンバくんってゴミ捨てのプロセスが気分的に負担だったけどブラーバさんは取り付けたダスターをぴろっと外してさっと水で洗って干すだけ。

小さくて軽いから、取り扱いを負担に感じない。
これって重要だよね。
ルンバくんは大型でその分重いから、最初は毎日使っても徐々に億劫になったりしてたから。

乾いた雑巾がけなら56畳、濡れた雑巾がけなら20畳の広さを雑巾がけできるらしいので、リビングと廊下の掃除、各部屋の掃除を別々にやっている。

ダイソンがバキュームロボットをマレーシアで販売開始したら買おうと思っていたけど、このブラーバさんさえいれば、メイドさんの来ない日の掃除は十分かもしれない。

ありがと、ブラーバさん。









by omoutsubo-bar | 2016-09-25 12:21 | KL情報 | Trackback | Comments(0)
日本料理の「華家」。
実は以前から名前は知っていたものの、同じ経営の古くからある日本料理店はかなりローカライズされた店ではっきり言って美味しくなかった。
なので、アソコと同じ経営じゃあどうよーって、行く気にならなかったのが正直なところ。とは言え背に腹は代えられない現状でトライしてみたわけだ。

 実際のところ、こちらの料理人さんはとても素敵だと思う。
同じ経営の中でも一番本格的な日本料理を標榜しているらしい。

パビリオンのすぐ西隣、グランドミレニアムホテルのグランドフロア。
★3.0

大阪で修業された料理人さんは楽しく気持ちのいい方だし、なんと言っても「唐墨茶漬け」として出されたお出汁がきちんとしていて、裏方さんも含めて腕のある料理人さんが揃っておられるのが分かる。
さらにデザートが素晴らしく丁寧な和のデザート。アイスクリームもケーキも日本のパティシェの、甘すぎず品の良いお味。

にもかかわらず、お★3.5かなあ…となってしまうのは、もう料理人さんの腕前の問題ではなく「海外のホテルで、日本料理店と称する店が期待されるものを提供せざるを得ない」と言う、いわば十字架ですな。
その意味で、私が決して言及しないKLの一流ホテル内にある日本料理店さんたちはみんな同じ十字架を背負っている。可哀想なことに。

例えばさ。
マグロ、いいものが入らなくても期待されてるから出さざるを得ない。(刺身全般にエッジがユルい、土曜日とは言え。ほら、ねー。)
天ぷらも、ぬるくてボンヤリしたヤツとりあえず出さざるを得ない。
せっかくおいしく焼いた鰆に、値段を高くするためだけの賑やかしのウニ、載せざるを得ない。
出汁だけで十分いただける茶漬けに、これまた値段を高く見せるためだけの銀箔ちりばめざるを得ない。

昭和の、どっかの温泉大規模旅館の宴会料理ですかーってデコ。
味を分かった日本人にとっては鼻白む無用のお飾り。

料理人さんだってこんなもの出したくはないだろう…と思うザンネンなコース構成の合間合間に、料理人さんの技が光る一品があり、料理人さんの気持ちを考えたらこっちが悲しくなるよ。

大丈夫。いつかきっと海外でだって本物の和食の味を分かる人たちが徐々に増えるからね。

…と言うことで外国人に、盛り付けも華やかな日本料理を目で見て喜んでもらうには、ちょうど良いかと思う豪華料理の数々。

日本人の私としては、この無駄を全部そぎ落としてその分お金をかけるポイントを変えてくれれば、素晴らしい腕が奥底に隠されてると思った。


頑張れ!料理人さん!





by omoutsubo-bar | 2016-09-24 23:15 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
 チャンカットブキビンタンより、ざっくり2本ほど北側の通りにある洒落たカフェ風のレストラン。

普通に★3.0

美容院でもらってきた南国新聞に紹介されてたんだけど、このレポーターさんがウマい事書くの。
めっちゃ美味しそうに♪
もうね、このヒト文才あるんで署名付きの記事にした方がいいと思うよ。
 でソソラレテ。行ってみた。

店は洒落た雰囲気のオシャレなカフェで生ビールあり。
ランチには近所のOLさんたちがたくさん来ていてほぼ満席。

スタッフのみんなもとても親切でよい感じだった。

お料理は大きく期待していった分フツーだったかも知れないけど、なんとなく気持ちの良い、雰囲気のいい店。
OLの多い店に料理のマズイ店はないから、きっと美味しいんだろうしね。

ただ喫煙可っぽいオープンエア席と、禁煙っぽい室内席の仕切りが全くないので、風向きが室内風下になると、禁煙の意味がない。
禁煙席はなし、と覚悟した方がよさそう。







by omoutsubo-bar | 2016-09-24 16:29 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
 iRobotのルンバは日本でも愛用していたが、マレーシアの今度は床が大理石。
むしろ床拭きロボットのブラーバの方が相性が良さげなので、買ってみた。


で、まずは現物を見たいと思い公式ウェブサイトにあるショールームに行くことにした。

最初は、ミッドバレーのロビンソンで売っているようだから近場のミッドバレーで見てみようと思ったけど、ちょうどショールームのあるスバンジャヤまで行く用事があったからついでに立ち寄ろうとしたら。

教訓1;
初めて行くビルやショッピングモールは中で迷います。
→ビル内でのロスをプラスして時間に余裕を持つべし。

ビルの駐車場までは予定通り30分で到着したものの、ショールームがあるというEmpire Sohoなるエリアがどこか分からない。
それらしきところに繋がるエレベーターに乗り込むものの、オフィス棟なのでアクセスカードがないと階を押せない。

B03-07って住所、B棟とかってイミなのか?
03は多分3階のことだよね。

と迷いに迷って、たまたま多くの人が降りるUG階で降りてみたらカウンターがあって、そこでIDを預けて目指す階のアクセスカードをもらう仕組。

ここまでで30分近く経過。

ようやく、目指す3階で降りて03-07という部屋をみつけたものの、ドアが閉まっていて誰もいない。

教訓2;
公式ホームページにショールームと営業時間の記載があっても、時間内に閉まってます。(既に撤退してたりもする。)
→記載を信じ込まずに、あらかじめ電話で予約するべし。

諦められなくて、しばらくドアを叩いて呼びかけてみるものの人の気配がない。
そうこうすると配達のお兄さんがやって来て、不在だからどうしようかと考えている様子なので、夜逃げしてクローズしてしまったわけではなさそうだ。

そう言えば、思い出した。
2年近く前に家具を探し回っていた頃。
公式ホームページ記載のショールームまで出かけてみたのに見つからなくて、電話したら「そこはもう閉めた」って言われたこと。

改めて、廊下でショールームの表示のあるページを開いてみるが連絡先電話番号が書いていない。
で他のページを開くと連絡先電話番号があるので、そこにかけてみたらどうやらシンガポールに転送されているらしい。

でシンガポールのお姉さんに、ショールームに来たのに誰もいないと告げたところ、こちらから電話させると言って切れた。

あー、無駄足だったわーと諦めてエレベーターを降り、アクセスカードを返して帰りかけた時に電話が鳴った。
で、ショールームの人が「一人は銀行に行っていて、私はトイレに行ってた。」って。
嘘だね、どーせサボってたんでしょ(笑)
てか、ホントだったらキミはお腹でも壊していたのかいwww

1時間近く無駄に時間を費やしたけど、その後は無事にブラーバ購入。

うちはゴルフ場に面して窓を開け放して風を通しているから埃が入るの。これで、メイドさんが床を掃除してくれる以外の日でも床ツルツルになる予定。

初期充電済ませて動き始めるのが楽しみだ、ブラーバくん。











by omoutsubo-bar | 2016-09-21 10:11 | KL情報 | Trackback | Comments(0)