人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2016年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

どーしたんですか?日焼けし過ぎ?
と言われました、今日1年ぶりに会ったお友達(男性)にw

今、顔のカーペットが赤から黒っぽく変わって来てます。
今回はドクターも「前回より強めにするよ」と言ってた通り、はっきりとアナ開いてます、顔に。

日本でやったときはもっとマイルドだった。

移住して2年半。着々と、東京にいた時とおんなじ環境を構築しつつあるからね。
おいしいゴハン、美容院、ネイルサロン、美容皮膚科、自転車修理屋さん、ホームセンター。

で。むしろ東京にはなかったもの、いっぱいあるし。

つて脱線したから投稿変えて書いたんだけど…、なんかトラブルがあって消えたからこのままフェードアウトしよ。
えーと、フードパンダってデリバリーサービスが東京の同じサービスとは違って、すごく使えるなというハナシ、機会があればそのうち紹介します。

今から昼寝。←自由なワタシ。






by omoutsubo-bar | 2016-08-30 18:00 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)
バンサーサウスにある美容皮膚科、life care clinicで2度目のフラクショナルレーザー照射してきた。昨日、土曜日。
そのせいで、今は赤ら顔。
昼間ヒトに会ったら、コイツ朝からへべれけ飲んでると思われそう。

でもよく見たら、正方形のタイルを並べたパネル式カーペットみたいなことになっている。

思う壺ダンナに言わせると、春スキー後の男子大学生テキなw
いやー、今の若い男性は日焼け止めとかすんじゃねーの、40年前と違って。

先月のシミ取りは、結果的に効果はビミョーだった。昔日本ではっきりしたシミを取った時みたいにカサブタがボロッと落ちる感じじゃなくて、じわーっと薄くなって行った。
顔中ホクロだらけにならなかった分ダウンタイムはなかったけど、シミの前段階みたいなのは完全に消えたわけじゃなくて薄くなったかなと言う程度だった。

むしろフラクショナルレーザーの方がダウンタイム厳しい。
今から1週間の間にお会いする人。
私、朝から呑んだくれて鼻先赤いんじゃありませんから。

春スキーでもなければ、アレルギーでもありませんので。
笑いたければ、どうぞご遠慮なく笑って下さいw





by omoutsubo-bar | 2016-08-29 00:15 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)
 まだオープンして4か月。

★4

https://www.google.co.jp/maps/place/FLINT/@3.1551737,101.744771,17z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x99841d121fde8b56!8m2!3d3.1581471!4d101.7467143

人気のイタリアン、ラリサタの数軒隣。

お店は3時からのオープンだが、レストランとしては5時半くらいから。
それ以前はチーズとワインなどだけの提供らしい。

私の中では、KLイチオシのステーキハウス。
肉は基本的にはオーストラリアビーフ。
メニューは少ないが、肉も焼き加減も素晴らしい。

私の場合、日本のステーキハウスではミディアムレアをオーダーするが、その基準で行くとこちらではレアが提供される。
肉の中心がまだ血の滴る真っ赤。もちろん温まっている状態で。

私はもう少しほのかなピンクが好きなので、半分食べてから残りを焼き直して欲しいと頼んだら、気持ちよく焼き直してくれた。

あと、オニオングラタンスープも凄い。
イメージしていたスープより更に煮込まれていて、見かけは「さらさらカレー」くらい(笑)

更に凄いのが胡椒。
胡椒の香りのする赤ワイン…なんて表現があるけど、これこそビンテージものの赤ワインの複雑な香りのする胡椒。
マダガスカル産、すげー。

ワインもリーズナブル。もちろん店内禁煙。
しかも幹線のジャランアンパンを通らなくても行けるロケーションなので、超ヘビロテ。
初めて行って以来、毎週通ってます。







………………………………………………………
by omoutsubo-bar | 2016-08-21 18:17 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
 最近突然都心にできたちっちゃい代官山テキな一角オールドマラヤ。
その中の無国籍料理レストラン。
メニューは、日本料理にも少しインスパイヤーされた西洋料理。西洋料理にインスパイヤーされたマレー料理みたいな感じ。伝わる?(笑)

でも、丁寧に作られていておいしい。値段はローカルが普段遊びに来るには高め。当然ながらエキスパットがターゲットの模様。

★3.5
https://www.google.co.jp/maps/place/Manja+Old+Malaya/@3.150505,101.7027413,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x31cc49d5244b3c29:0x70a8f8e46b0f8b3!8m2!3d3.150501!4d101.7043653


店内禁煙だし、サービスも丁寧だし、雰囲気もとてもゴージャスなんだけど、メニューが少なくて毎週来るのは難しいかも。

でも女性が来たいと思う、KLにこんな素敵な空間があったの?って必ず喜ばれるレストランと思う。




………………………………………………………
by omoutsubo-bar | 2016-08-21 18:01 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
  タイ料理好きなので、本格的に辛くてハーブの香りの豊かな本格的タイ料理店のあるKLは私には居心地良い。 ただ、一番味がお気に入りのBaan26(チャンカットブキビンタン)は、分煙されていなくてたまにザンネン。雰囲気も良く禁煙でおいしいBusaba(バンサーショッピングセンター)は、生ビールがなくて瓶のみ。


 そこで、どこかおいしくてビールもうまいところがないかと探していたら、友人から勧められたのがこちら。

場所はバンサーの少し西。
去年まではそこら中で工事をしていたが、最近きれいになったかと思ったら、こんな洒落た一角がオープンしていた。Jalan Bataiのプラザバタイ。

 で特に人気のこの店は平日ランチでも予約していないと待たされる。(もっとも、入ってみたらなぜか空いている席はあったけど)

 ちゃんとしたバーカウンターがあってタイガー他のタップビアの蛇口がある。嬉しい生ビール。
これで料理さえ平均以上であれば、禁煙席のないBaan26、瓶ビールしかないBusabaよりもヘビロテしそう。

ということで1回目に行った限りでは、料理は基本的においしい。(その後、何度か通ってみて、ワタシ的にはレストランとしては物足りないものの、ちょっとしたタイ風料理で楽しくおいしくビールを飲めるお店という位置づけに確定した。)

トムヤムクンも味は本格的。

ラープカイは一般的な鶏ひき肉の上にグリルした鶏肉のスライスが載っている"2way"。私個人的には鶏ひき肉だけのフツーのがいいんだけど。
友人からは、牛肉はおいしくないからオーダーするなと聞かされた。

マネージャーさんやサーバーさんもきびきびと働いていて気持ちいい。

なので
★3.5

https://www.google.co.jp/maps/place/Ekkamai@Batai+Bar+and+Thai+Kitchen/@3.1494344,101.6475182,14z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x9876abfa66c21780!8m2!3d3.1494344!4d101.6611505


車はは敷地内の広い駐車場に停めて、帰り際にはパブリカと同じ高級スーパーBIGでワインとか買って帰るのにちょうどいい。
当分通いそう。







………………………………………………………
by omoutsubo-bar | 2016-08-21 17:49 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
 以前は友人が作っているタウンノートクアラルンプールというサイトに、KLレストラン情報を日本語で登録していたのだが、このサイトが新規オープン店舗をカバーしなくなって久しい。

コンテンツ提供しようと溜めていた写真が増えすぎたので、仕方ないからこちらにコメントを残そうかな。

Samira by Asian Terrace

https://www.google.co.jp/maps/place/Samira+by+Asian+Terrace/@3.185287,101.6854013,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x31cc47b790ef0859:0x239402b9e2b34d1c!8m2!3d3.1852816!4d101.68759

★3

雰囲気は素敵だが、味はあんまり本格的とは言えない。かなり欧米テキ(笑)

ヤムウンセンを頼むと、チリを入れてしまっていいか、別盛で持ってこようか聞いてくれる。
オーダーした3品を一度に持ってくるか、一つずつ持ってくるか聞いてくれる。

マネージャーなのか、一番きちんとした感じのサーバーさんは、英語も聞き取りやすく、タイ語で料理名を伝えてもちゃんと分かってくれる。
ただ、それ以外のサーバーさんたちは英語が分からず、必ず彼を呼びに行く。
混んでたら、彼ひとりに仕事が集中して、満足なオーダーが通るのかどうか不安。

雰囲気は、タイの中級リゾートくらいな感じで、高級感はないもののガチャガチャもしていなくて、落ち着いて池の脇でゆっくりと食事ほ楽しめる。

場所はSentul Parkの中。
KLの都心から、渋滞がなければ車で10分。
こんなきれいに整備された芝生の公園があることが新鮮。
しかも、イベントをやっている日曜日なのに、少し裏に回ると人がいなくて、のんびりと散策を楽しめる素敵な場所。
東京都心の新宿御苑や浜離宮ではこうは行かない(笑)

レストラン単独で行くならもっと本物の味のタイ料理レストランはあるが、涼しい午前中に公園散策を楽しんだ後、ここで優雅なランチのひとときってアリだと思う。









………………………………………………………
by omoutsubo-bar | 2016-08-21 17:15 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
 これまではお友達がやっているタウンノートと言うサイトにレストラン備忘録を記載したが、最近どんどんオープンするKLの新レストランに追いついていかないようなので、備忘録としてこちらに記録していくことにした。

あくまでも自分の備忘録だから、一つ一つの情報を引っ越しすることはしない。

この2年間に記録したレストラン情報はこちら。

http://townnote.jp/note/miu


既に閉店している店(これから閉店する店)、料理人が変わってしまった店などもその時点での評価のまんまだが、とりあえずの記録として。

備忘録なので自分を中心に、ブキビンタンからアンパンあたりまでを都心として、それより東西南北でエリア分類。

私的評価は★5が満点のタウンノート評価と同基準で。
★3.5は、たまたま近くに来たらリピートするかも位から、安定的にリピートできる感じ。
★4.0~4.5は美味しくてお勧め。
さらに★4.5~5.0は、もちろんとても美味しい上に通い続けて自分好みの料理が黙っていても出てくる店。なので極個人的な最高評価。

原則として禁煙店、分煙店のみ。
分煙さえしていない店にはそもそも最初から行かない。(ごく一部の例外あり。美味しいので)

ついでながら、アルコールを置かない店、ビールは缶ビールしかない店も行かない。
たまに、ビールは瓶ビールしかないけど、それを補って余りある魅力があるので行く…場合には、その旨の記載あり。

場所はKL在住の日本人なら分かるように記載してあるが、日本から遊びに来るお友達のために、旅行者ならみんな行くブキビンタン、KLCC、TREC付近を「都心」と表示。




















by omoutsubo-bar | 2016-08-20 22:21 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
 移住する計画を立ててから東京で賃貸にしていたマンションは全て売ったし、自宅は出国の数日前に売却完了して「国内住所なし」になっていた。

 残っていたのは、思う壺ダンナの母の家で敷地の1/2だけが思う壺ダンナの所有だった。
その家も、彼女が介護施設に入居した時に定期借家契約で貸して、その期限が今月。

去年彼女が亡くなって、相続登記は済ませていたが賃借物件では売りにくいので契約が終わって賃借人さんが退去してくださったら売却に取り掛かろうと、この春から準備を始めていた。

ところが先月、近隣の仲介業者2社に媒介を依頼したら、なんと1件目のご案内で買い付けが入った。
価格はいくつもの業者さんに査定をお願いしたので、安すぎるわけではなく妥当な金額のはずだし、結局この方以外は案内も入らなかったから、まさに「出会い」だったんだろうと思う。

で、無事に契約に至った。

それにしても、仲介業者さんと司法書士さんには大変ご迷惑をおかけしている。
売主が海外居住で不在のまま、持ち回りで契約書。先週、買主さんが捺印した契約書をマレーシアに送ってもらい、捺印後直ちに書留で仲介業者さん宛に、8/9郵送。
8/16に書留郵便が日本に到着し、業者さんお盆休み明けの8/18に預かられていた手付金を思う壺ダンナの日本円口座に送金。着金確認。

偶然にも同日、賃借人さんが退去するので仲介業者さんが立ち会ってくれて鍵を受け取ってくれた。
賃借人さんは引っ越し後、ご丁寧にご挨拶のお電話を頂戴した。お子さん連れの若いご夫婦が、引っ越し先でも幸せに暮らしていただけると嬉しい。

とまあ、ここまで誰とも会ってない。

賃借人さんは良い方で4年間ほぼ遅れることなく毎月末に賃料を振り込んでくださっていたが、大阪の物件なので賃貸業者さんともご本人とはお会いすることがなかった。

今回の物件売却も、最後まで買主さんとも業者さんとも会うことがない予定。
買主さんが申し込んでいる住宅ローンの融資担当者とも電話で確認済み。

部屋は普通に丁寧に使われていたようなので、問題なく敷金と日割り家賃を賃借人さんに返金。
後は、日本大使館で印鑑証明と住民票代わりのサイン証明と在留証明を取って、権利証その他と一緒にあらかじめ司法書士さんに郵送。
決済当日、銀行で問題なく融資が実行される状態になったところで、先ごろ相続登記を済ませた部分の登記識別情報をメール添付で司法書士さんの事務所に送付。
銀行で、これを確認して司法書士さんがGOサインを出してくれたところで残金振込。

つまり決済まで売主不在のままで遠隔同時履行。
正確に言うと、振込の前に司法書士さんに所有権移転必要書類一式が完全に渡ってしまうので、やや時間差のある「ほぼほぼ同時履行」テキな感じ。
まあ大した金額ではないからできることなんだけど。

後は来年3月に確定申告をすれば本件の残務処理は完了。

こうやって日本に残っているもの、一つ一つ丁寧に片づけて行こう。
by omoutsubo-bar | 2016-08-20 17:27 | KL移住 | Trackback | Comments(0)
 大変だったらしい。
パスポート現物を悪質エージェントに持ち逃げされて、コピーしか手元になかったことで月曜から土曜までイミグレに拘束されていた彼女。
友人たちが奔走して3,500RMをかき集めて釈放されるように動いてくれたらしい。

拘置所は蚊が多いし、ロクな食べ物はないし、大変な苦痛だったようだが、とにかく戻ってきてくれた。
とは言え、1週間仕事は無断欠勤したようなものだから、中には怒って、もう受け入れてくれない雇用主もいるだろう。
負債の3,500RMを返済しないといけないし、パスポートの再発行に1,500RM、1年分のビザ取得に6,500RMかかるというから、彼女はこれから必死に働いて資金を作らないと、この国に残れない。

しかも現時点では可哀想すぎて彼女には言っていないが、きちんとパスポートとビザを再申請して手に入れても、それで全てがクリアと言う訳にはいかないようだ。

友人の知り合いのフィリピン人女性は現在は正規のビザを持ってレストランで働いているが、にも拘わらずイミグレに連行されたらしい。
そこで、過去にビザが切れた状態で拘束されたレコードが残っていたため、今の正規のビザが2年半後に期限切れになったら次の更新はされないと言い渡されたとのこと。

正規のビザを持っていても連行されるとは、イミグレって出稼ぎ労働者に厳しいもんなんだ。
我々日本人MM2Hが、お金さえあれば安泰なのとはずいぶん訳が違う。

真面目で一生懸命働いてくれる彼女が、安心してこれからも働けることを祈りたい。
by omoutsubo-bar | 2016-08-16 15:32 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
 楽しかった。
毎朝通っているおいしいワンタンミーの屋台は、チャイニーズの奥さんPennyが厨房を切り盛りしてインド人のご主人Joeが客あしらい全般を仕切っている。

この奥さんのお母さんの80歳の誕生祝パーティをファミリーで盛大に行うということでご招待いただいた。

ローカルチャイニーズのこういう習慣に触れるのは初めて。
あらかじめ、友人から予備知識を仕入れておいた。

誕生祝には品物より、ご祝儀を包むのがやはり一番喜ばれるらしくレストランのランチタイムならカップルで300RM、ディナーなら500RMが目安。
ホテルでの開催なら、これより高め。
4が嫌われる数字のため400リンギ台の金額は入れてはいけない。
また、ゾロ目の数字とか8は縁起が良いので、388RMとか555RMとかを入れるらしい。
高額過ぎるご祝儀も縁起が良くない。

ご祝儀の渡し方は、お祝いを受け取る受付があるなら、そこで渡せばいいが、そうでなければ本人にお祝いのご挨拶をするときに直接手渡ししてもいい。

日本風の祝儀袋は、白地に紅白の水引を描いたようなものはダメ。結婚式で渡すような赤やピンクの華やかなものはOK。

着ていくものは普段着で構わないが、真っ黒と真っ白は縁起が悪いので避ける。
黒地でも、指し色でゴールドや赤を入れれば良いらしい。

さてパーティ当日の土曜日。準備を整えて、いざ。

招待状には7:00PM on sharpと書かれていたので、「時間にユルいマレーシアでも、こういうパーティはやっぱりきちんと時間通りに始めるんだな。土曜だから渋滞もないし」と思って15分前に到着すると、招待客はまだ数人しか来ていなかった(笑)

結局お客さんたちが揃ってパーティが始まったのは8時過ぎ。

招待客は300人近くいたのかもしれない。10人掛けの円卓が20以上ある大宴会場。

パーティが始まると司会がすべて英語と中国語(マンダリンか広東語かの区別はつかないが)で80歳を迎えたおばあさんと家族のことを簡単に紹介していった後、ギターを持った歌手が舞台でずっと歌っていた。

私たちのテーブルはJoeの友人たちの席らしく、隣はインド人の姉妹。

食事中は、おばあさんご本人だけでなく、ファミリー全員が各テーブルを回るので、1組のカップルがテーブルを回る日本の結婚披露宴よりカジュアルで賑やかな感じ。

抽選会で記念品が当たったり、会社の忘年パーティみたいな雰囲気。

最後は家族みんなでの記念撮影や、招待客も参加しての記念撮影など。

ローカルのパーティは初めての経験で全てが楽しかったのだが、サイコーに笑えたのは最後の最後。
舞台で酔っ払った招待客や家族が機嫌よくダンスなんかしていたところ、いつの間にかノリノリでコミカルなダンスを見せる男性が注目を浴びている。

聞けば、このレストランの名物ウエイターらしく、とにかく楽しく愉快なステップを披露してくれている。
しかもね、この人、宴会途中にお運びしてくれているときから気付いていたんだけど菅官房長官にソックリ!

周りのチャイニーズマレーは、私たち2人だけが異常に大受けしている理由が分からないだろうけど。

f0189987_1927240.jpg


後で、Facebookに動画upしときますわ(笑)
日本人のお友達は、是非見て笑ってねー。
踊るスガ官房長官!




………………………………………………………
by omoutsubo-bar | 2016-08-14 19:27 | KLイベント | Trackback | Comments(0)