人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

移住1年2ヶ月。
今更ながらに定番中の定番、KLCC公園のベストスポットからツインタワーを撮ってみた。
毎朝ここ、ウォーキングしてるが、夜に通るのは初めて。

今一番お気に入りのレストラン、グランドハイアットのJPテレスの帰りにSuriaKLCCを通り抜けずに公園を横切ってみた。夜の外気はhumidではなくmoist、心地よい涼しさ。

klの象徴、美しいなぁ。

f0189987_2365495.jpg

by omoutsubo-bar | 2015-05-21 23:07 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
 Boysがビミョーな距離を保ちながら二人で寝てるところをサルベージしてきて抱きかかえたら、おむがばいちにチュー。

f0189987_10482158.jpg


つぶちんは、走り回ってます。
by omoutsubo-bar | 2015-05-21 10:50 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
以前、サラと言うリビヤからKLに留学していた友人がいたが、彼は半年前に祖国に戻っていた。
彼が国を離れた後で、ご存知の通り、内戦が起きて、今は国内にある国際空港は使えない。
帰国するには飛行機を乗り継いで安全な隣国チュニジアに到着し、そこからは内戦状態の中、陸路で家まで帰ると言っていた。
そのチュニジアさえ、美術館へのテロリスト攻撃で観光客たちが犠牲になったニュースも記憶に新しい。

で、彼が久しぶりにメッセージをくれた。
どうやらフィリピンへの留学を考えているらしく、誰かフィリピンの大学について教えてくれる人を知らないかと聞いてきた。
で、マリアと言うフィリピン人の友人がいるので彼女に助けを求めたところ、まずはすぐに一般論的な情報を送ってくれた。

ところが、サラの側の希望があまりに漠然としている。
行きたい大学さえ決まっていない。
それどころか、どの大学に希望の学部があるかすら調べていない。

さすがにちょっと甘えすぎじゃないの?こんなことまでマリアに聞けないよと思って、「まずは、自分でネット検索して絞り込んでから、人にお願いした方がいいよ」とアドバイスした。
が、送ってからふと気になった。

日本とマレーシアにしか住んだことのない私、ジブンにできることは誰でも簡単に出来るって思ってるけど、それって間違ってない?

でサラに聞いてみた。
「あなたのいる場所のネット環境ってどうなってるの?ちゃんと繋がるの?どこのウェブサイトでも自由に見られるの?」

最初は「迷惑かけてゴメン」としか言わず、教えてくれないサラだったが、聞き出すうちに、やはりネット環境は我々政治的に平和で経済的に安定している国とはかなり違うらしい。
色んな制限がかかって、スピードは遅く、国外のウェブサイトになんでもアクセスできるわけでもなく。

OKらー。ほな、このコワイいたちのおかあちゃんに任せなさい。
水道水が飲めて、電波も電気も安定していて、どのウェブサイトにも制限がかからず、犯罪も少ない日本と言う国に住んでいると、想像すらできないことが外の世界にはたくさんある。

マレーシアに来たからこそ、内戦のムスリム国から留学して来たサラとも知り合えたわけだ。
毎日愉快に過ごしてるばかりが能じゃない。
思う壺Bar、にわか留学案内所開催ちう。
by omoutsubo-bar | 2015-05-19 07:11 | KLの日常 | Trackback | Comments(2)
  ジジババならきっと覚えている1975年、昭和のヒット曲「木綿のハンカチーフ」。
曲調も太田裕美さんの透き通る声も素敵だけど、今聞くと歌詞がスゴイ。
かなりしんきくさい(ネガティヴでメンドくさい)オンナノコの歌で、常に否定から入る頑固者。その上、ナチュラル路線の森ガール的アピールがハンパない。

地元を出て大都市で働くカレシが流行のアクセサリーを送ってくれると言っても、「そんなもんいらん」って言うし。
キミのこと想って買ってくれたカレシの気持ち、受け取ったれよ(笑)

で挙句の果てには、カレシが「もう田舎には帰らない」と別れを切り出すと「木綿のハンカチをくれ」だと。
しかも「涙を拭くための」ハンカチをくれと、いやみったらしく。
2回言います、嫌味ったらしく(笑

とツッコミいれて楽しむのは置いといて、我が家ではこの歌詞がKLの生活にぴったりマッチするので、いつも口ずさむテーマソング。

と言うのが、都会で働くカレシの、とどめの一言。

「毎日愉快に過ごす街角、ボクは、僕は帰れない」


まさに私たちのKL生活は、コレ。
毎日愉快に過ごすKLの日々。
日本に帰りたいなんぞ、考えたことすらない(笑)

…が、とうとうその報いがやって来たらしい。
プリンスコートでの健康診断の結果、癌や動脈瘤みたいなコワイ病気はなかったものの血液検査の結果は…。

私に関しては、今までは善玉コレステロールは高いが、他に特に問題はなかったのに。
悪玉コレステロールの数値が大きく上昇しているし、日本では指摘されたことなかった尿酸値も今回は要注意。
そして元々、尿酸値高め、コレステロールが徐々に上昇していた思う壺ダンナはさらに悪化。

 夫婦揃って、明らかな生活習慣病。
そりゃーそーだわ。
毎日愉快に暮らしてるんだもん。

そこそこオイリーな、マレー料理、中華料理、インド料理、タイ料理のレストランと鮨屋を毎日ローテーションして、たまに飽きたらイタリアン、韓国料理、アラブ料理、ステーキハウスをちりばめてみる生活してたら、上がらん方がおかしい数値だわ。お酒を飲まない日もないし。

 おまけに私は緑内障の疑いまで持たれて、数値比較のために半年後に再検査。


…ということで、木綿のハンカチーフを握り締めたしんきくさいオンナノコを笑い飛ばしすぎた呪いです、コレ。多分。

歌詞はコチラ。呪われるから笑たらアカンよ。

http://www.uta-net.com/song/4548/
by omoutsubo-bar | 2015-05-18 18:13 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(2)
日本にいた時はほぼ毎年受けていた健康診断、出国前後の2013-2014年はあまりに忙しくて受ける暇もなかったが、今年は2年ぶり。クアラルンプールにて海外での初健康診断を。

prince court病院に朝9:15。
エグゼクティブ検診に、脳ドッグと胸部CTをオプションで追加した。
脳ドッグは5年位前に受けているが、50台も半ばになるジジババとしては5年に一度くらいは受けておこうかと。
胸部CTは2013年、リタイアと移住を決めた時に築地の国立がんセンターで全身チェックを受けた時に、2人とも胸部に5mm程度の節影があるので、1年後にまた検診と言われていたのがそのままになっていたから。

思えばあの時、もしも癌が見つかったら思う壺ダンナなんてリタイアしなかった。だって日本の古い大企業は働いても働いても給料は上がらないけど、病気になって休職しても十分な給料を払ってくれると言うフシギなシステムだからね(笑

さて、マレーシアの大病院の健康診断設備は日本と変わりない。ほとんど。
検便容器が透明のプラスチックケースにサンプルを蓋に付属したスプーンで掬って入れると言う、慣れない日本人としては自分で赤面してしまうコトもあるが。
せめて、不透明の容器にしてもらえないもんかね。あるいは日本でやり慣れたように容器を覆うように名前ラベルを貼るとか。
しかも、後で家から持ってくると言うと暗黙の了解で、バッグをくれる。
そりゃ、その透明容器そのまま持ち歩かないでしょ。
ところがくれたバッグは、まるで誕生日プレゼントのアクセサリーでも入れるような綺麗な紙バッグ。
ステキな貴重品と間違ってひったくられたらドウスルヨな感じ。

 検査そのものは、けっこう待たされることもあったり、まだ胃のX線が終わっていないのに誤って飲み物を与えられてしまい翌日に持ち越しになったり…と多少のトラブルはあったがおおむね順調。
 待合室もゆったり綺麗だし、エスプレッソマシーンが置いてあって自由に飲めるようになっているし、日本の民間の人間ドックセンターと変わりない。

値段はオプションの胸部CTと脳MRI込み、2人で約RM7,000、20万円位。

 それはさておき、健康診断結果は…(続く)
by omoutsubo-bar | 2015-05-08 20:09 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
 春と秋にコンベンションセンターで開催される大規模なexhibitionのHOMEDEC。
去年はざーっと見て回っただけだが、今年はとうとうお買い上げ。

 シーリングファンを4台。

f0189987_15574510.jpg


 これはベッドルーム用。
ブレードは多いほうが安定すると聞いたが、どうしてもこの木でできたのが欲しくて、緩いスピードで回すことになるベッドルームはこれに。
 大きさも60インチと十分な大きさ。

 他に、広いリビングには7枚ブレードの80インチのもの。
その他の狭めの2部屋にはすごくシンプルな白のものを。

 全部輸入物なので入荷が11月くらいの予定らしく、部屋の完成が遅れてしまうが致し方なし。
高ければいいってもんではないけど、安いマレーシア国産の製品ってなんとなく信頼性に欠けるような気がするし、パナソニックマレーシアのファンは性能は信頼できそうだけど見かけが思いっきり「電化製品」(笑)。どうしてもっとスタイリッシュにセンス良く作らないのかね?

 色々見て回った結果、特にベッドルーム用とリビング用はデザインや大きさで満足できるのは他になかった。

さてこれで、部屋を見る前に買えるものは全て購入。
残る網戸、カーテン、浄水器は、実際に部屋に入ってサイズを測ったり、設置場所を確定しないと決められないもの。

 去年は7月にも別のexhibitionがあったから、今年もあるに違いない。
それで必要なものは全て揃うはず。

準備着々。

ちなみにこれらはalphaで買った。
サービスもしっかりしてるし、お勧め。







 

by omoutsubo-bar | 2015-05-04 16:09 | KLで不動産購入 | Trackback | Comments(2)