人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2014年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

  2週間ほど前に初めてのドライブは、KLCCの自宅からインターマークまで(歩いて10分足らずの、ただの直線。)という、初級の初級コースだった。
 その後、私が風邪でダウンしている間、思う壺driverは一人ではクルマに乗れない。
なぜなら、Sissiちゃんは、マレーシアではドawayの左ハンドルなのだから。

 で2週間ぶり、2回目のドライブは大胆にもバンサーショッピングセンターまで。
移住してすぐの頃に、友人に連れられてタクシーで来たことはあったものの、それ以来。

でも、つぶおむのゴハンを買うには、ここしかない。

 いたちの皆さんはそもそも肉食獣なので、我が家では皆さんには本来の食性どおりにお肉を食べていただいている。
ドライフードのつなぎに入っている穀物は、彼らの消化器には負担なだけ。
そこで、栄養に注意を払う肉食獣のお母さんたちはgrain-freeのフードを選ぶわけで、我が家でも有名なenova evoを主食として与えていた。

 マレーシアでenovaが手に入るか、探し回った挙句、pet lovers centerというショップで扱っていることが判明。
4月に問い合わせて確認。
でもまだ日本から持ってきたenovaがあったので、それからしばらくして昨日。
買いに行こうと問い合わせたら、品切れで6月中旬入荷予定とのこと。

 あと2週間、ギリギリ持つかもしれないけど、そんなリスクは取れないので、他にgrain-freeのキャットフードはないか問い合わせて、今日買いに行くことにした。

 私はまだもう少し、タクシーで出かけて練習してからと思っていたけど、思う壺driver、googleナビで行ってみようとチャレンジ。
 分岐でモタモタするのもコワイから、土曜日の早朝、夜が明けるのと同時に、まだ空いているJLN TunRazakを北へ向かう。

 分岐ごとにビビリながらもなんとかBSCに到着。
駐車場の入り口を確認して、いったん自宅に帰宅。

往路と復路は違うルート。
都心の南西からJLN Ampangにアクセスするルートは何度もタクシーで通っているが、Googleナビを見ながらご案内するのはコワイ。

 なんとかほぼ迷わずにBSCを往復できたので、10時に改めて出発→無事に到着。
地下の駐車場の真ん中にあるpetloversでつぶおむゴハンをgetして、ついでにニンゲンゴハンもいただいて、帰ってきた。

 2回目のおつかいに成功して気をよくした思う壺お調子者は、次はミッドバレーになんて言ってるけど、あそこはもっと道が複雑で私、まだコワイ。

でもgoogleナビは思ったより使いやすかった。
現在地点のズレもほとんどなかったし、日本でバイク用に使っていたガーミンよりも全然いい。

6月には獣医さんに連れて行ってもらうので、2回目は自分で行けるよう、よーく練習しよう。
by omoutsubo-bar | 2014-05-31 15:47 | KLの日常 | Trackback | Comments(2)
 ひどい風邪だった。
ちょうど1週間前の水曜日の夜に、少し喉にイガイガを感じたのが最初。
木曜の朝は、背筋がゾクゾクするけどお散歩に行けたりしたのに、メイドのマリベルが掃除を終えて帰るのと同時にベッドでダウン。
 2日間、高熱。
でもまだその頃には、土日にはすっかり治るつもりでお手製生姜湯を飲んで眠っていた。

 熱で体が痛いから鎮痛剤を定期的に飲んでいたので、薬さえ効けばラクにはなる。
ところが薬が切れるとまた高熱と全身の激痛。

 土曜日から鎮痛剤を飲むのを中止した。
でないと鎮痛解熱剤のせいで無理に熱が下がって、一向に風邪のウィルスが死なないから。
鎮痛剤なしだと、不定期に、しかし頻繁に襲う皮膚の激痛で眠れない。

 このあたりから、デング熱、インフルエンザ、帯状疱疹と色んな病気を疑い始める。
ゴハンも食べられないからどんどん体力が低下して、ベッドから落ちると自分で戻れない。

 熱が下がらなければ月曜日に病院に行こうと思っていたところ、ようやく月曜日から熱が下がり始め、皮膚の激痛もきのうの夜から、ようやく治まった。

 1週間足らずで2kg減量。
お腹にいまだに2箇所、赤い湿疹みたいなのがあるので、やっぱり帯状疱疹を併発していたのかもしれないけど、痛くなくなったからよしとするか。

 こんなに苦しかったのは記憶にないくらい、熱と痛みにやられた1週間だった。

まだ胃腸が弱っているので少しずつしか食べられないけど、1週間ぶりのビールがウマイのは、治った証拠ぢゃ!





 
by omoutsubo-bar | 2014-05-28 21:12 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(2)
ワタシ、昨日から風邪でダウン。
水曜日の夜に喉がイガッとして、木曜金曜と発熱。
スリアのコールドストレイジで生姜、レモン、ハチミツを買って来て生姜湯。
これと、鎮痛解熱剤で関節の痛みを和らげ、メラトニンで爆睡して、完全に戦力外。

ところがワタシが働いてないと、思う壺ダンナは自分まで一緒になって戦力外になるから油断ならない。日本の連ドラのビデオばっかり観るのは、宿題終わらせてから!と言っても、眼を離すとこっそり観てる。

分かるわ〜、小学生のお母さんのキモチ。
53ですぜ、あのオヤジ。どんだけテレビっ子やねん。

学校に行くようになったら、日本のテレビとニュースサイト、一切禁止にしてやろう。
by omoutsubo-bar | 2014-05-23 15:58 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
日本から1台目のクルマ、Sissiちゃんがやって来た。
本当は先月下旬にはマレーシアに到着していたけど、一時帰国のタイミングもあって、待ってもらっていた。

Sissiちゃんは変わらず美しくて、いいオンナだった。
2台もクルマを持ってくる必要はないのに(私は運転できない)、可愛すぎて別れられなかった。

で、クアラルンプール初乗りは、KLCCの自宅から隣の駅アンパンパークのインターマークまで。
JLN ampangを単純に東へ2分?
歩いたって10分。

いつもはスーパーマーケットのJAYAでワインを買い込んで、タクシーで帰ってくるところ、今日はSissiちゃんでGO。

ワイン10本とビール1ダース、つぶおむの生肉おやつのチキンを買って帰ってきた。
帰り道は、JLNampangとJLNtunrazakの交差点をUターンすればいいことを、毎回のタクシールートで知ってるし。

と、初めてのおつかいは成功。
駐車場の入り口を間違えて1周したり、駐車階を間違えて停め直したことなんて、失敗のうちに入らないし。

次の目標は自力でミッドバレーまで行くことだけど、そのためにはもう少しタクシーでイメトレしないとね。


f0189987_17494818.jpg

by omoutsubo-bar | 2014-05-21 17:49 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
 1週間不在にして帰ってみたら、POSと宅配のGDexpressの不在票がポストに入っていた。
マレーシアでは日本のように再配達するシステムがないから、不在時に何かが届いたらKLセントラル近くの郵便局まで取りに行かないといけないとか、色々聞いて身構えていた。

 おー、いよいよ、POSまで取りに行って、長時間待たされた挙句、横入りされてブチ切れて、その上、パスポートを持って出直して来いと門前払い…的な(あくまでも最悪パターンのイメトレです。)状況を予想しつつ、不在票をじっくり読んでみる。

 民間宅配のGDは、電話して再配達をお願いすると、すんなりクリア。
日本のような細かい配達時間設定はないものの、「明日の午後」の指定はできる。

 でPOSの不在票を老眼鏡をかけてじっくり見ると、とても小さな字で再配達の案内が記載されている。
そこに電話して「不在票が入ってたけど、再配達してもらえますか?」と尋ねると、何箇所かたらい回しはされたものの、無事目的の部署に到着。
 途中、内線電話のextensionがとても聞き取れなくて、何度も聞きなおした挙句「いいよ、繋いであげるからね」と、(マレーシア)英語の分からないガイジンに長ーく付き合ってくれた親切なPOSの職員さんのおかげ。

 たらい回し中にも、「午前中しか配達しないのよ」「だったら明後日!」みたいな会話を何度も繰り返しつつ、なんとか再配達の希望は伝えた。

 それでもまだ何か起きると覚悟して、今日の午後待機していたら、あっけなく2つとも午後3時前には再配達完了。

 えー、なんか、その、マレーシアっていい加減で笑えるーテキなネタ、起きないのですか?

いやいや、グルーポンで買った簡易靴箱、普通のブラウンを指定したのに、送ってきたのはド紫だったりしてない?→してない。

いやいや、組み立てパーツがいくつか不足してない?箱に一度開いた形跡があって、部品が抜き取られてるテキな?→全部揃ってる。

と、何一つネタのない再配達が無事完了。

 拍子抜け?…じゃなくて、ネタにしなくていいのは何よりの平穏。
この幸せを噛み締めて、今夜はキャサリン・ゼタジョーンズになった気分でツインタワーの夢を観よう。(帰国時に機内で「エントラップメント」を観た余韻)
by omoutsubo-bar | 2014-05-21 00:01 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
 KL移住して2ヶ月。
1週間の初一時帰国から戻ってきた。

 日本、寒かった。
風強かった。
乾燥していた。

割烹小料理と牛肉がおいしかった。

…振り返ると、楽しかったのはマレーシアでは食べられないゴハンのことだけで、すごくKLに帰りたかったワタシって、既にKLホームのヒトなのだ。

 しかもゴハンは食べ過ぎて(ちょっとした和食屋ではコース料理しかなくて、少食の私には食べ過ぎになってツライ。)、マレーシアに帰国したら体重がちょっと増えてた。

 日本では炊き立ての白いゴハンを卵かけにして、納豆もたっぷりの朝ごはんを食べ続けた。
3日続けたら、スリアKLCCのフードコートのたっぷりサンバルを混ぜたチキンポリッジが恋しくなった。

 冬よりはマシなんだろうが、けっこう乾燥していて顔はパリパリ、眼は充血してショボショボ。
早く、しっとりと潤ったKLに帰りたかった。

 移住のときに、冬物衣料だとか暖房器具なんかを大阪の実家に送りつけたままだったので、それらを整理、処分。
 売却した自宅はラッキーなことに利益が出ていたので3000万円控除。(自宅を売って利益が3000万円以内なら課税されないってヤツね。)
 この申告には、売却後2ヶ月経過後の住民票除票を添付しないといけないのに、売却と同時に出国したものだから、今回区役所に取りに行って追加書類として提出した。

 久しぶりに日本の銀行通帳を記帳した。

 東京より大阪の方が、交通ルールの守り方がワイルドだと思っていたけど、車の来ない赤信号でも待ち続ける人が多いことにビックリ。
ってか、信号は無視して自分の感覚だけを頼りに道路を横断するワタシは既にマレーシア人。

 帰りのエアアジア機内では、持ち込んだ「エントラップメント」のビデオを楽しんだ。
あーん、もうすぐこのツインタワーの麓に戻れるん♪

 っと、とってもアウェイな気分の一時帰国から、ようやく戻ってまいりました。




 
by omoutsubo-bar | 2014-05-18 23:09 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
朝、時計を見ると、8時。
にしては薄暗い。

リビングの時計は7時。
一昨日、全ての時計を合わせておいてもらったのに‥。

どうやらベッドルームの電波時計に、日本から電波が届いてしまったらしい。
ちなみに電波時計でも腕時計の方はマレーシア時間のまま。

電波を受信しない設定にしておいてもらったけど、また電波が届くか試してみたい気もする。
by omoutsubo-bar | 2014-05-10 11:36 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
  去年購入したコンド。
順調に工事が進んで、3回目の支払の請求書が届いたから手持ちのUSDをMYRに両替しないといけない。
これまでのリンギ両替は、「今、必要」な資金だったから、レートなんて検討する余地もなく実行していた。

 ようやく生活が落ち着いたので、この1年の間に両替したレートを見ると、去年の5月の初旬にコンド購入の申込金を日本から送金した、USD送金→MYR着金のレートがびっくりするほど悪い。
 中継銀行の手数料がバカ高いのか?それとも?と為替のチャートを見ると、去年の選挙の時期、瞬間風速的なリンギ高があって、まさにその最高値の頃に送金していたことが判明。

申込金だけなので、購入額の1%程度で済んでいるが。
今回の支払期限は6/3なので、少しはレートも気にして両替することにした。

 友人にどこの銀行の両替レートがいいとか情報があるか尋ねたら、彼の場合、デュアルカレンシー預金で運用しながら両替しているとのこと。

そっか、その手があったんだ!

 日本にいるときも、シティバンクのデュアルカレンシー預金はよく利用していた。

(ここから、デュアルカレンシー預金のカンタンな説明。

日本円を保有していて、急がず米ドルに両替したい。
日本円での預金金利なんて、ほとんど0%。
米ドルへの両替は、例えば今のレートが102円なんだけど、100円で両替できれば嬉しい。

 こんなときには、100円をレートに設定して円をデュアルカレンシー預金にする。
金利は2%もついたりする。(例えばね。通常なら日本円預金で2%なんてユメの金利だけど。)

 満期日に、為替レートが102円なら、預けた日本円は年利2%の利息を連れて帰ってくるし、もしも確定日に99円まで円高が進んでいたら、1ドル100円の計算で米ドルになって帰ってくる。

 これがそのままズルズルと95円まで円高に進む状態なら、「あーん、ホントなら95円で買える1ドルを100円も払って買っちゃった」と言うことになるが、瞬間的に99円をつけたけ後、また102円に戻ったなら「日本円が2%もの金利をつけた上に、1ドルを100円で買えてしまってウレシイ」ことになる。

以上、説明オワリ。)

日本ではさすがに円からリンギに変わるデュアルカレンシーの扱いはないが、マレーシアでは当然USD⇔MYRもあるし、驚いたことにJPY⇔MYRの設定もある。

 そこで、HSBCとCIMBともに、デュアルカレンシー投資の申込を完了してきた。
日本のシティバンクではネットバンキングでちょちょっとこの預金を開始できたが、この国ではまだそこまでは至らず、テレホンバンキングらしい。
 聞き取れないワタシには一番苦手なヤツなので、当面は直接来店して取引しようと思う。

ちなみにCIMBの担当者に、HSBCと比較しても良いかなって聞くと、HSBCよりうちの方がいいレートを出すよって言ってた。

期間の設定は、CIMBが1週間、2週間、1ヶ月の3種類で、1週間ものが一番レートがいいらしい。
HSBCはこれに加えて2ヶ月と3ヶ月もあり、どの期間が一番レートがいいかはそのときの為替環境によるとのこと。
当然ですな。

HSBCには米ドル普通預金残高もあったので、最低金額で試しに2週間を設定してみた。

パソコン環境も整ったし、そろそろ本格的にリンギ調達を始めてみよう。
by omoutsubo-bar | 2014-05-09 08:00 | 運用・金融・税務 | Trackback | Comments(0)
 道行き…っぽくないですか?
つぶの憂いを帯びた風情。

f0189987_22293089.jpg


妻子ある初老オトコと女盛りの駆け落ちって…渡辺淳一さんの世界ですな。
ともにいたちですけど。(おむに妻子はありません。)

30年以上前、初期のころの渡辺淳一さん、大好きでした。
お亡くなりになったなんて、私も時代が終わった気がします。
by omoutsubo-bar | 2014-05-07 22:29 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
エアアジアBIGプリペイドはBigPayに変わりました。





………………………………………………………

3月にクアラルンプールに引っ越してまず欲しかったのがエアアジアBIGプリペイドカード。
これがあればBIGのポイントも貯まるし、このカードでフライト予約を決済すれば支払手数料がかからない。
ただし、マレーシア国内に住所がないと作れない。

ところが、一旦日本で作った、プリペイド機能のない単なるポイントカードのBIGカードを持っていたから、これが厄介。
登録メアドがbiglobeだったため、国外のメアドは不可→gmailに変更。
電話番号が国外だから不可→DIGI携帯番号に変更。
住所→なんだか分からないけど変更できない。

いっぺんに言ってくれればいいものを、ひとつずつやっつけられるもんだからウンザリ。
しかも移住当初はbiglobeの国外送信規制のせいでメールを送るのがひと手間だったから、毎日BIGのサイトと格闘していた。
何度も何度もあきらめずに根気よく申し込みし続けていたら、1ヶ月ほど経ったある時急に住所変更手続中とのメールが届いて、プリペイドBIGカードも送られてきた。
日本在住時のポイントも引き継がれている。

それ以来機嫌よくBIGカードを使っているが、このプリペイドの上限がたったのRM4,999.99。
これではプロモ価格でも日本往復プレミアシート2名分を予約できない。
しかもプロモーションは週末突然発表されることも多いので常にプリペイドは満杯にして置かないと安心できない。

ところがCIMBbank以外の銀行送金だとちまっと送金手数料がかかる。
最初は誤差程度の送金手数料くらい払ってもいい、むやみに銀行口座を増やす方が面倒と思っていたけど、常にプリペイド残高を満杯にするとなると話が変わる。

そう思って、CIMBに決闘を申し込みに行った。(いや、覚悟テキにね。実際には平身低頭、満面の笑顔でお願いに行ったのであります。)

無休表示のKLCC支店に土曜日に行ったら、「働いてなくて会社からのレターがないなら、マネージャーの面談を受けてね。マネージャーは休みだから月曜日に出直して。」とあえなく返り討ちにあった。

月曜日、HSBCやCITIJPのステイトメンツも持参して再突撃。
かなり待った挙句、マネージャーから「HSBCの定期預金のレシートにサインももらって来て提出して。」
「えー、なんでそないなもん、いりますのん?」
「いや、うちで同じだけ定期預金してくれればいいけど」
‥とのやりとりに疲れつつ、ふと奥を見るとプレミアっぽいエリアがある。

あー疲れた。待つのもウンザリ。
で、「あっちの部屋ってプレミアサービスですのん?」
「そう、preferredって言うけど。」
「最低いくらでキープできますのん?」
「RM250,000」
うーん、ムダに750万円を3.15%程度で寝かせるのもどうかと思ったが、「どこの支店でも優先的に案内され、待たなくてもいい」と、行列嫌いの大阪人、トドメを刺されてしまった。

後は絨毯敷きのプレミアエリアに移動して、エアコン効きすぎのさっむーい部屋で熱々のコーヒーをいただきながらMYRとUSD口座開設完了。
MYR口座は憧れのエアアジア口座に。

後は1ヶ月以内に資金を送金するだけ。

これで、インターネットバンキングで手軽に送金してエアアジアBIG残高を常に満杯にしておける。
それにしてもエアアジア、せめて自社商品を夫婦で定価で買うとオーバーするような上限設定やめてくれ。使いにくい。

ちなみに英語のやりとりが大阪弁になっているのは、情けなーい顔して一生懸命すがっている「思う壺下手に出てお情けで通してもらおう魂胆ババア」を表現したものであります。
by omoutsubo-bar | 2014-05-06 13:58 | 運用・金融・税務 | Trackback | Comments(0)