人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 つぶおむはいつも仲良しで、お重になってる。

これは珍しい、クロスお重。

f0189987_9193692.jpg


カメラ目線お重。

f0189987_920786.jpg

by omoutsubo-bar | 2013-11-28 09:20 | いたち生活in白金 | Trackback | Comments(0)
  忙しい、忙しい。
毎週、いろんな方にお誘いいただいて移住前のパーティを楽しんでいるので、思う壺ダンナのお誕生日のお祝いが大幅に遅れた。

 きのう、ようやく自宅でゆっくりした時間をとれたので、二人でお祝い。

f0189987_8562898.jpg


03のルーチェを開けた。

 マレーシアにはワインを持って行けないので、ワイン好きの友人たちをお招きして、うちのワインセラーの中身はどんどんなくなってきている。
 五大シャトークラスの有名ワインは、もうほぼやっつけた。

 たまには二人だけで楽しむのもいいね。
おつまみは、牡蠣のオイル漬けとガーリックラスク。

 お料理が得意なお隣の奥様からいただいたのだが、これが旨すぎ!
この方、こんなに美味しいおつまみを作れるのに、お酒は飲めないらしい。
かわいそ過ぎ!

 代わりに、隣の飲んべ夫婦がイタリアの赤と合わせて存分に楽しんで差し上げましたぞよ。

ワインを欲しそうにしているのは、先日のいたちBBQパーティのときにお友達に無理をお願いして譲っていただいたタワシでできたフェレットさん。

今日の日を記念して、名前はルーチェくんにしよう。

 ルーチェくんのお役目は、フェレットを連れてマレーシアに移住する旅程で、つぶおむは客室内に入れないので彼らの代わりをすること。

 ルーチェくん、ギラギラ太陽のデザインがマレーシアっぽくていいね♪





 
by omoutsubo-bar | 2013-11-28 09:12 | 記念日 | Trackback | Comments(2)
 まるでニンゲン。
二人並んで、仰向けに、おフトンから頭だけ出しているみたいに寝てる。

f0189987_1483562.jpg


 寒いクリスマスはこれが最後だよ。
来年はフリースでないクリスマスハンモックが必要だ。
by omoutsubo-bar | 2013-11-18 14:09 | いたち生活in白金 | Trackback | Comments(0)
 問題
この中に一人だけ、生きてるコがいます。

f0189987_8213429.jpg


真ん中のピンクの首輪のフェレットですねー。

このコ以外はタワシからできてるコたち。
趣味で作っておられる方が、いたちBBQの会場に連れてきてくれました。

ジブリ非公認の2名以外は、フェレットさんとハムちゃんたち。
セーブルフェレットを1名、無理をお願いして譲ってもらいました。
KLに連れて行こう!
by omoutsubo-bar | 2013-11-16 08:21 | いたち生活in白金 | Trackback | Comments(0)
  9月に申請書を送っておいた、思う壺ダンナのマレーシア長期滞在ビザMM2H。
そろそろだと思って毎日サイトをチェックしていたけど、今日とうとうステイタスが仮承認に変わっていた。
9/19に発送して、11/15に確認できたからほぼ2ヶ月。
サイトでは、10/24に下りたことになっている。

 私の申請を発送したのが今年の1/15で、サイト上で確認したのが3/11、記録では2/22に下りたことになっていたから、ほとんど同じくらいの期間で進んだ様子。

 マレーシアに10年間滞在できるMM2Hビザは1家族で1申請すればいいのだが、うちの場合は一人ずつ別々に申請した。
 理由は、もしかしたら車を2台持っていくかもしれないから。

 マレーシアでは輸入車の関税がとんでもなく高く、最低でも日本で買う価格の2倍以上はする。
ところがMM2Hビザを取れば、1申請に1台、関税免除(正確には繰り延べで売るときに課税されるが、一定期間以上乗ればほぼ0になるらしい。)で車を輸入できる。

 我が家のSissiちゃんは、フタを開けて走るのが醍醐味の、夏向きではないクルマだし(真夏の昼間は直射日光が暑くてフタなんて開けられない。)しかも左ハンドルだし。←マレーシアは日本以上の右ハンドル社会なので、左ハンドルに対応している駐車場とかは、絶対ない!

 それで、新たに右ハンドルのCathyちゃんを購入して、Cathyちゃんは必ず持って行き、Sissiちゃんは持って行くのかおヨメに出すのか検討することにしている。

 両方乗ってみたけど、やっぱりSissiちゃんも可愛くて手放しにくいかも…。

いずれにせよ、選択肢を増やすためにビザを2つ申請することにした。

 今年の3月に下りた私の仮承認は9月で期限が切れるため、8月に延長申請をして来年2月まで延ばしてもらってある。
思う壺ダンナの仮承認は、今から6ヵ月後、来年5月が期限。

  移住準備は着々と進んでいく。
by omoutsubo-bar | 2013-11-15 17:35 | KL移住 | Trackback | Comments(0)
f0189987_18321426.jpg


寒がりいたちの皆さん。
気温が下がると同時にフリースハンモックの中に潜って眠るようになった。

本来寒冷地が原産のフェレットさんたちは、25℃以下をキープしないと熱中症になる…なんて育児書の説明はウソだと思う。
我が家の4名の経験からは。

うちのコたちは25℃を下回ると、結構ハンモックの中に潜るし、今日みたいに最高気温13℃なんて日にはフリースの中でぬくぬく。

まあ、キミたちはKLに行っても大丈夫だな。
by omoutsubo-bar | 2013-11-12 18:37 | いたち生活in白金 | Trackback | Comments(1)
  夢の中で、思う壺riderの後ろに乗ってパイクツーリングしてたら、小さい声で「いたーい。たすけてー。」と声が聞こえる。
インカムで彼に
「今、何か言った?」
「ううん、何も言ってないよ。」

それでもやっぱりどこからか、「いたーい。たすけてー。」と聞こえてくる。

バイクを止めて、サイドバッグを開いたら、中に小さい女の子が入っていて、虫たちに襲われて「いたーい。」て泣いている。

私は、彼女を噛もうとしている虫たちを追い出して、「もう大丈夫よ。」と助け出したところで、目が覚めた。

…で、目が覚めてみると、夢の中で「いたーい。たすけてー。」と聞こえていたのは、思う壺ダンナの鼻息。
鼻の中から、「すぴー。」という音が出ていて、それが私の夢の中の叫び声だった。

朝、起きて、大爆笑しながらその話を本人にしたら、思う壺ダンナ、悲しそうな目をして
「それ、喘息の症状。鼻じゃなくて、喉がそんな音を出してる。」

ごめん、笑ったりして。
辛い症状なんだよね。

加湿器出して、対策しようね。
クアラルンプールに行けば、一年中高温多湿だから喘息なんてきっと治るよ。
by omoutsubo-bar | 2013-11-05 17:42 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
  移住計画は着々と進んでいて、自宅の売却という大きな通過点を越えた。
自分ひとりのことではなく、お相手のあることなので詳細は書かないが、とても良い方にお引渡しすることになった。

 一番嬉しいのは、ほんとにほんとにこの「思う壺Bar」を気に入ってくださったこと。
特に3年がかりでローマ字メールで打ち合わせをして製作していただいた土佐和紙の障子。

 厚生労働省の「現代の名工100人」に選ばれたこともあるオランダ人和紙作家のロギールさんの大作「日本の四季」。

 ロギールさんはこの人。

http://washi-shokunin.com/topics/kochi/rogier-01.php

http://www.youtube.com/watch?v=9dUMKbxAhYo&list=UUbh-QHTu_cpcvCv8MFsFx3A&index=8&feature=plcp

ちなみにローマ字メールは、土佐弁は喋れるが、日本語を読めないロギールさんとの通信手段。
彼からのメールも当然ローマ字で、「…jakini,」と書かれているのが「だから」の土佐弁接続詞であることに一人で楽しく笑ったものだった。


我が家にある作品は、壁一面に7枚の障子のうち、4枚は季節の草花を漉き込んだり桜の花びらや雪の満月が描かれ(描くと言っても紙漉の濃淡や漉き込むもので表情を出している。)、3枚は赤土で色づけ、砂利を漉き込んである傑作。

同じ和紙で、別の壁には4枚障子のオーディオラックが設置されている。

f0189987_9121333.jpg


ライトアップすると一層幻想的。

f0189987_858187.jpg


この作品をことのほか気に入ってくださって、1回見ただけで購入を決断してくださった。
もちろん障子だけでなく、窓に広がる遮るもののない眺望も気に入っていただけた。

 私たちだって、もしもニンゲンだけの移住なら、この東京の本拠地を売ろうとは思わなかった。
でも、フェレットのつぶとおむを国境を越えて連れて行く以上、そうそう頻繁に日本に戻ることはできない。

 最初は、二人が幸せにお星になったら、また戻ってきて年に数ヶ月は日本にも住むかもしれないので、それまでは人に貸しておこうとも思っていた。

 でも移住の準備を進めるにつれ、日本での確定申告や源泉徴収(大家が非居住者である賃貸物件を社宅として借りる場合は、家賃から源泉徴収しないといけないため、その面倒を嫌がる法人も多い。都心の高額賃貸物件の主な需要層は外資系企業の駐在用社宅なので、この層に嫌がられると貸しにくい。)、賃借人さんがこのロギールさんの障子を大切に扱ってくれるか…と、準備がとても煩雑になるので、本当に気に入ってくれる人が現れれば、売却してしまったほうが、この作品のためには幸せだと考えを変えた。

 後4ヶ月でこの「思う壺Barシロカネ」ともお別れ。
寂しいけど、次は「思う壺Barクアラルンプール」。

1年半ほど賃貸生活の後、2015年夏に竣工予定のコンドミニアムを既に購入してある。←支払いはまだだけど。

 KLに行ったら、また新しいインテリアをプランニングしよう。
by omoutsubo-bar | 2013-11-05 09:34 | KL移住 | Trackback | Comments(0)
  きのう発売のiPad Air、注文したら今日届いた。
ウレシイ053.gif

 うちはアップル信者ではなく、仕事の基本はウインドウズでこなすわけだから、最初にiPadが発売されたときには特に欲しいとも思わなかった。

 初めて購入したiPad2は、ちょうどウインドウズのノートパソコンも古くなってきたので、仕事場ではなくリビングのソファでのんびり使うデバイスとして買ってみた。
別に必要ないけど…くらいなカンジ。

ところが、使い始めると、なんか手放せない。
ちょっと調べ物するのがサクサク。
…そうやっていつのまにか、リビングになくてはならないものになった。
wifiモデルのiPad。

 そして今回、今までとは明らかに違う軽さの新モデルが発売されたので注文。
いやいや、数字で見る軽さと、実際に自分で手にしたときの軽さの感動は違いますな。

f0189987_16192833.jpg


f0189987_1620427.jpg


古いコとAirとを並べてみた。
大きさも違うけど、とにかく軽い。軽い。

今、そんなにテレビっ子じゃないけど、お風呂まで入れて各部屋に1台のテレビがある。(トイレにはない。)
これはきっと近い将来、各部屋に1台のiPadが置かれることになりそう。

 アップル信者の友人がウインドウズパソコンを全て廃仏毀釈したって言ってたけど、ビジネスやめたらホントにウインドウズはいらなくなりそう。
必要なのはエクセルだけ。

わっ、いつのまにかアップル信者が遷ったみたい♪
by omoutsubo-bar | 2013-11-02 16:24 | 白金生活 | Trackback | Comments(0)
  今日はおむクン、調子がいい。
きのうの朝の下痢を最後に、きのう1日はややユルイけど固形のウンチが続いていた。

更に今朝のウンチはまったく正常。
つぶちんのウンチと見分けがつかない。
(男の子のおチンチンは、デベソみたいに下腹部についているので、ウンチより4cmくらい前にオシッコがある。女の子はウンチとオシッコが同じ位置。なので、位置を見ればどちらのウンチかすぐ分かる。)

しかもですね、食欲も戻ってきたみたいで今朝の生肉オヤツは器が空になるまで自分で食べた。
まだ元の60gには戻していないけど、しばらく30gずつ2回に分けて与えながら様子を見よう。

おむクン、健康を取り戻してくれないと狂犬病予防接種のタイミングがむつかしくなる。
by omoutsubo-bar | 2013-11-01 08:49 | いたち生活in白金 | Trackback | Comments(3)