人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

検診から10日ほどで結果が郵送されてきた。
ちょっとドキドキ。

判定は1が異常なし、2は良性疾患、3は良性の可能性が高い。
4は悪性の疑いが高く、5は悪性の疑いが極めて高い。

で、肺に3判定、その他けっこうあっちこっちに2がついていた。
思う壺ダンナも肺に3判定。その他はほぼ異常なし。

3って、ビミョーにびっくりするのでセンターに電話してみたところ、「1年後にそれだけ検査すればいい。」レベルらしく一安心。

いやー、よかった。
二人で40万円強は確かに高いけど、これで安心が買えれば安いもんだ。
総合健診は5年に1回でいいので、年間8万円、がん検診貯金をすればいいんだもんね。
by omoutsubo-bar | 2013-07-27 15:14 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
  あと半月でおむクンは5歳の誕生日を迎えるので、健康診断を受けさせた。
全身の触診でリンパ、その他内臓の腫れはなく、血液検査の結果もすごい健康体。

ヘモグロビンの量も多く、しっかり濃い血。
基準値14.8~18.2とあるところ、22.1も。
倉田先生によると「教科書にはこう書いてあるが、22くらいの数値を示すフェレットは珍しくない。貧血は問題だけど、数値が高いのはむしろ良いくらい。」とのこと。

総蛋白とアルブミンの数値が、6.6と3.3であることも誉められた。
「たんぱく質のバランスがぴったり1/2なのは素晴らしい。」らしい。

血液検査の結果はすこぷる良好で、ゲンキ一杯の5歳を迎えられそう。

 一緒にフィラリア薬をもらいに行ったつぶちんは、まだ1歳半なので血液検査はなく触診のみ。
彼女も「抱き上げると見た目よりずっしり重くて、健康な証拠」と誉められた。

逆に見た目より体重の軽いコは心配らしい。

二人とも健康でよかった、よかった。
by omoutsubo-bar | 2013-07-21 16:31 | いたち生活in白金 | Trackback | Comments(0)
  先月、クアラルンプールでネイルをやってもらったけど、日本に較べて全然未熟。
ほとんど自分でできるレベルに雑かった。

 で久しぶりに綺麗なアートネイルをしてもらった。
日本の技術のきめ細やかさに、改めて脱帽。

f0189987_1712626.jpg


…って、大腸内視鏡検査のクソババアがネイルっすか、って笑うなっ037.gif
by omoutsubo-bar | 2013-07-21 16:23 | 白金&KL ばばgirl | Trackback | Comments(0)
 このところ、忙しすぎて全然記録できていないけど、これはきちんと記録にしておかないとと思って。

夫婦で国立がん研究センターの総合がん検診を受けてきた。

検査の詳細はコチラ。



かなり混んでいるかと思ったけど、意外と早く予約できた。
申込をしたのが7/1で、検診予約を取れたのが7/17~7/18の2日間。

もっともお盆休みの時期は既に埋まっていた。

検査前に書類が送られてくるんだけど、マークシート式の問診がとにかくタイヘン。
普段の生活習慣をこと細かく記載しないといけないので(食べ物の嗜好に関しては、細かく魚の種類や野菜の種類まで指定して、どの程度の量をどの程度の頻度で食べるかまでマークシートで回答して行く。)全部回答するのに30分以上かかる。

 検査初日、予約時間は朝8時半。
場所は築地市場の前。
クルマで行ったら、知っているつもりの場所で逆に道を間違ってしまって、しかも朝の通勤渋滞に迷い込んでうーんと遠回り。なんとか間に合ったけど。

病院内の一番奥にある予防センターはとても綺麗だし、お客さんよりスタッフの方が多いくらいで高級感溢れてる。

まるで一流ホテルの接客みたいに丁寧に更衣室に案内されて、検査着に着替え。

f0189987_16451394.jpg


女子更衣室に他のお客さんはいないので、パチリ。

ブースの中はこれ。

f0189987_16464268.jpg


左の青い袋に待っている間に読みたい本などの私物とカードキーを入れて、検査中は持ち歩くことになる。
写真を撮れるのはここまで。

後は指示に従ってCT、MRI、PETその他次々と検査を受けていくわけだが、待ち時間はほとんどなくスムーズ。
待合では他に数人の男女がいたけど、どちらかと言うと男性が多かった。

で、予定では午後2時半終了となっていた検査が1時に終わって1日目完了。

2日目は、いよいよ消化器検査。
胃は胃カメラなんだけど、大腸は内視鏡、CT、X線のいずれかをあらかじめ選択することになっている。
わざわざ高い検査費払ってX線もなかろうと、内視鏡とCTってどう違うの?なんて思っていたら思う壺ダンナが、「痛くも辛くもないから、内視鏡が確実!」って言うので、内視鏡を選択しておいた。

行ってみると、きのうよりお客さんが多くて、内視鏡を選択している男性2名、女性4名。
他にCTを選択している女性が2名。

みんな集められて、ビデオを見せられて説明を受けながら、下剤タイム!
私たち以外に夫婦で検診を受けている人はいなかったので、それぞれひとりずつ寡黙にトイレと待合ロビーを行ったり来たり。
うちだけ二人で「どこまで進んだ?」とかコドモみたいに騒いでいるんだけど。

でまあ、無事にお腹が綺麗になったら、いよいよ内視鏡。
もっとも、私は胃カメラを何度か経験していて、あまりに辛かったから麻酔をお願いするようにしている。
今回は特に深めの麻酔だったので、検査中の記憶がほとんどない。
思う壺ダンナは軽い麻酔だけだったらしく、画面に映る自分の胃腸の中を一緒に見ていたらしい。

終わったら先生が「疑わしき部分がなかった」ことを教えてくださって、2日間の検査は終了。

後は結果が送られてくるのを待つだけ。
問題があれば治療に入るわけだし、なければ毎年追跡調査のアンケートに答えて、次は5年後に同じ検査を受けることになる。

以前調べたときより値段も安くなっている気がするし、クレジットカード利用もできるので、便利。
建物内も綺麗だし、スタッフが大勢いて親切だし、これで癌の早期発見が出来て命を買えると思えば安いもんだ。

でも、大腸内視鏡の初体験はちょっと、何と言うか、アレでしたわ。
若くないからいいけど、せめて男女は別々にしてくれた方がウレシイかもね。
by omoutsubo-bar | 2013-07-19 17:21 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
 子供たちはこんなに大きくなって、ゲンキ一杯。
カラスが狙っていたので、食べられたかもと心配してたけど、両親がしっかり守ったみたい。

 
f0189987_93611.jpg

by omoutsubo-bar | 2013-07-12 09:36 | 白金&KLアニマル | Trackback | Comments(0)
 朝の散歩…と言っても3月の風吹き飛ばされ事故以来、左膝が治らずいまだにウォーキング禁止→早歩きの思う壺ダンナの横を自転車で併走してるだけなんだけど。

 で朝の散歩の途中にあるつばめの巣二つ。
白金4丁目の車庫中の巣はまだ卵を抱いている様子だが、白金3丁目の方は卵が孵化して赤ちゃんたちがビービー言いながらゴハンをねだってる。

 ちょうど通りかかったときが食事中で、親ツバメが子供たちにゴハンを与えていたのだけど、脇には不吉なカラスくんが一羽。

 親ツバメが戦闘を仕掛けて追い払ったのはいいけど、どう考えてもツバメさんよりカラスくんの方が賢くて悪巧みが得意そう。

 きのう見たら4人のヒナたちがおとなしく巣から顔だけ出していたんだけど、さっき見たら顔を出していたのは1人だけ。

他の兄弟はうずくまっていたのかな。
カラスくんのせいで減っていなければいいんだけど。
by omoutsubo-bar | 2013-07-02 14:29 | 白金&KLアニマル | Trackback | Comments(0)