人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 仕事の繁忙期なので記録だけ。
1月中旬から始まった換毛期はまだ終わらない。
きのう、明るい窓際で爪を切ってやっている間中、綿毛がふわふわ。
抱き上げたTシャツにもびっしり。

 秋から冬にかけて太っていたつぶさんがガリガリに痩せて見えるので体重を測ったら786g。
そっかー、今まではふわふわのダウンを着ていたからねー。

 でも例年春先は体重も落ちるので、先週からは高栄養食を補給中。
なんと言っても7歳目前ですから。

 それでも先日、放牧部屋から大きな物音がしたので慌てて入ったら、つぶさんが昔のように椅子の上に乗っていて、座面においてあった本を落としていた。
 飛び乗ったのかよじ登ったのかは不明だが、見上げると座面に何かが置いてあるので好奇心一杯の彼らはそれが何であるか調べに行ったに違いない。
もっとも、体重の重いおむクンは、下から羨ましそうに見上げていただけ。

 どこでもウンチのおむクンは、依然としてどこでもウンチ。
理由は、トイレにウンチがあるとそこでやりたくないからなのだが。
私が側にいる昼間は、こまめにトイレを掃除したり、1階に下りたおむクンがトイレの外をウロウロしていると大声で脅かし、トイレに入ってウンチをしたら誉めてオヤツを与えることでなんとか誘導できる。
問題は夜中。
 朝起きると、トイレの手前の方に溜まったウンチ(1歩後ろに下がってしないから、トイレの入り口付近にウンチが溜まる。)と、トイレの外のウンチ。
あーあ…。

 とにかくゲンキがなにより。
by omoutsubo-bar | 2011-01-31 10:11 | いたち生活in白金 | Trackback | Comments(0)
 1週間飲み続けたピロリ菌退治の抗生物質。
治療期間がようやく終了。

 ただ体がキツかったのは最初の2日間。
3日目の夜には、枕元にお水を置いて寝たものの、苦味の不快感を和らげるために起き上がってお水を口に含むか、このまま寝ていようか葛藤した挙句、眠り続けた。

4日目の夜には、苦味で目が醒めることもなく朝まで熟睡できた。

徐々に体が慣れたのか、後半は体もラクだった。
あらかじめ注意されていた下痢の副作用はなかったのに、服用期間が終わってから2日間ひどくお腹が痛い。

ピロリ菌、最期の復讐か?!
by omoutsubo-bar | 2011-01-24 08:12 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(2)
 昨年秋、どうにも食道に違和感を感じたので内視鏡検査をしてもらった。
そちらについては問題がなかったのだが、ついでにやってもらったピロリ菌検査で陽性。

 んー、思い当たるフシはたくさんあった。
わりと胸焼けを起こしやすく、健康診断では例年「慢性胃炎」。

 実家には井戸があった上、乳幼児期は祖母に育てられた。
両親が共働きだったので。

 乳児期にピロリ菌に感染し得る環境は整っているし、胃炎の兆候もあるわけだから、「やっぱり…」。

 で、ピロリ菌感染者は胃癌の発症率が高いらしいので、これを機会にピロリ菌退治の治療をしてもらうことにしたんだが、薬を飲み始めたのが年が明けてようやく1/15から。

 処方の際にかかりつけの内科医、順子先生から
「下痢とか具合が悪くなる副作用があるから注意してね。」
と言われていたので、ようやく外出やアポイントを入れない1週間を作り出したのだが。

 想像していたより、副作用はキツイ。
私の場合、下痢や嘔吐は起こさないようだが、激しい味覚障害、全身の倦怠感、浮腫。

 初日の夜中には一晩中、口中いっぱいに常に苦味が拡がって、不快で眠れない。
朝食後に薬を飲むと、昼間はどうにも体がだるくてやる気が出ない。
いつものゆるーいスロージョギングなのに、息が上がる。

 抗生物質を大量に服用するって、こういうことなんだと実感。
とりあえず眠れないほどの味覚障害は、常に水を飲むことで緩和。(お水をやたら甘く感じる。)
それ以外の副作用とは、しかたないのでおとなしく1週間つきあうことにした。

 まあねー、50年も胃に棲み付いているピロリくんたちを一族郎党根絶やしにする劇薬なんだから、攻撃するワタシの方も命がけってことだね。

 湾岸戦争タイプの戦いではなく、こっちにもダメージのある地上戦だ、まったく。

 比較にもならないので較べる事自体失礼だけれど、抗がん剤での治療ってこの何万倍もつらいんだろうなー。

 治療を開始したからには、7日間辛くても飲み続けないといけない大量の抗生物質。
復活は、次の週末です。

 治療が全て完了したら、ピロリくん供養に酒盛りしてあげよう。
by omoutsubo-bar | 2011-01-17 08:52 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(2)
 寒い、寒い。
土曜日の夜にこの冬初の床暖房スイッチオン。

東京都心でも最低気温が0℃を下回ると天気予報で聞いたけど、確かに。

 例年、暖房は2月の約2週間くらいだけしか使わないのに、今年は早いので記録しておこう。

2011年1月15日夜、初床暖房。
by omoutsubo-bar | 2011-01-17 08:31 | 白金&KL season | Trackback | Comments(0)
 酔っ払った翌日のゴハンは大根づくし。

パーティに持参した、出汁がメインの炊き合わせの他に。
剥いた大根の皮と出汁に使ったまぐろ節で梅風味のキンピラ。

f0189987_1033755.jpg


あとは残りの大根をおろしてシラス和え。

 実は今までワタシは大根については生が大好きで、おでんに入っている大根がキライだった。
そのことを
「あんなに辛くておいしいものを、わざわざ煮付けてなぜ辛味を押さえてしまうんだ022.gif
と理由付けしていたが、この炊き合わせならおいしくて大好き。

思う壺ダンナの分析によると
「キミの好き嫌いは辛味云々じゃない。
おでんの出汁には色々な練り物が入っているので、もっと雑味がある場合が多い。
この出汁なら出汁そのものが旨いので、要は辛味の問題ではなく旨みの問題なんだろう。」
と。

 んー、なるほどね。
あんまりおでんに興味がないので、今までおいしいおでんって食べた事がないんだろうね、ワタシ。
by omoutsubo-bar | 2011-01-11 10:33 | 白金ゴハン | Trackback | Comments(2)
 お鮨屋さんに来てもらって鮨パーティするからと、お友達からお招きいただいた。

やったね♪
ちょうど「ゆっくりお鮨を食べに行ってない」…と思う壺ダンナが言うので、いきつけの「鮨いまむら」

http://townnote.jp/biz/10092336

に予約しなきゃと思っていたところ。
(ちなみに私は頻繁に仕事仲間と「鮨ふくだ」

http://townnote.jp/biz/10040769
に行ってるから鮨飢餓していない。)

 で土曜日の夜は、千鳥が淵で鮨パーティ。

f0189987_9444945.jpg


 代官山のお鮨屋さんのご主人が、つけ場一式を移動してきてくださって、ホームパーティ。
ゲスト全員がつけ台の前に座れるわけではないが、適宜お鮨をいただいたり、マダムにご用意いただいたオサレな前菜をいただきながらワインパーティ。

f0189987_9473394.jpg


サーモンのジュレや蚕豆が春先取りの彩り。

f0189987_9483989.jpg


コーヒーで煮た黒豆とハムのジュレが刺されているのは、何度聞いても名前を覚えられなかった「ロマネスコブロッコリー」。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B3

酔っ払っていたので、受けるまで少なくとも3回以上「レディーガガのブラジャーみたい」と繰り返したジブンに赤面008.gif

 うちの持ち寄り品は、マイブームの瓢亭式出汁を木曜日から準備して「大根と鶏の炊き合わせ」とお気に入りのスペインの赤ワイン。

f0189987_1021861.jpg


 外国人のゲストが多かったので、この出汁を分かってもらえたかどうかは不明なんだけど、思う壺シェフ自身としての出来具合は十分満足なものだったらしい。

 でもねー、深夜まで飲みすぎて翌日曜日は再起不能でしたワ。
若い頃と違って、深夜までの宴会はキビシイっす。←なら、早く帰れ。

 ホストのご家庭には本当にお世話になりました。
遅い時間まで、しかも片付けもしないで大変失礼をばいたしました040.gif
by omoutsubo-bar | 2011-01-11 10:08 | 白金生活 | Trackback | Comments(2)
  毎朝のスロージョギングのコース途中。
グレートなクリスマスデコレーションのアメリカ人邸宅の隣にもまたまた落ち着いた豪邸があって、そこのお父さんがいつもゴールデンレトリバーとシェパードを散歩させていた。

 よく出会うので、いつの間にか朝の挨拶だけは交わすのだが特に喋った事はなかった。

ところが数ヶ月前からゴールデンくんがいなくなって、朝のお散歩で連れられているのはシェパードくん一人。

 最初は、たまたま今日だけかななんて思っていたけれど、それが長引くに連れて不安になっていく。
とうとう年末、冬休みの季節になってもゴールデンくんの姿は見えない。

 毎朝の顔見知りの姿が見えなくなったときって、…そういうことかも知れない。
お父さんに消息を尋ねるにはそれなりの覚悟が必要なのでなかなか勇気が出ない。

 いつも
「あのコ、最近お散歩してないね。」
と二人で心配していたのだが、とうとう思う壺ダンナに頼んだ。
次にお父さんと出会ったら、ゴールデンくんの消息を尋ねてって。

 だって、自分で聞く勇気がないからね。
その後の答えは、覚悟を決めて聞かないと。

 そして今朝。
思う壺ダンナがお父さんに尋ねてくれた。

そうすると。
「いや、あのコはある事情がありましてね。事情を話すとえらく長くなってしまうんだが。
とにかく事情があって今は青山1丁目にいるんですよ。
また帰ってきます。」
だって!

 いやー、生きてて良かった!
なーんだ、こんなことならずっと心配したりしないで早く聞けばよかったよ。

 勝手に想像して、大層にもらいペットロスの覚悟を決める必要なんて全然なかった。
生きててくれてありがとう!
by omoutsubo-bar | 2011-01-06 08:36 | 白金&KLアニマル | Trackback | Comments(0)
  我が家のトイレには以前から「トイレの神様」がいる。

f0189987_895526.jpg


正確には仏様なんだけど。
ま、私は無宗教だし、古くから「神仏混浴論」(山あいの川沿いにある天然温泉は、脱衣場の入り口が男女別でも中に入れば混浴である。つまり、全世界の全ての宗教は名前は違えど、等しく宇宙の偉大なる存在を崇め奉っているだけで、その対象は実は全て同一ジンブツなのだ。)の提唱者なので、カミでもホトケでもざっくり一緒。

 とりあえず、去年からハヤリなのでこのヒトを「トイレの神様」と呼んでいる。

 一方、こちらは「小銭の神様」。

f0189987_8154377.jpg


 最近はコンビニだってカード決済できるので、特に小銭を持つのがキライな私は例え105円の支払いだって、いや105円の支払だからこそ、常にカードを利用している。
ところが普段の生活の中で、パン屋の「メゾンカイザー」とデリバリーの「カクヤス」だけは現金で小銭の支払いを必要とする。

 これに対応するため、我が家の玄関先にはこのボックスが置いてあって財布に入ってしまった硬貨は全てこのボックスに吐き出すシステム。

 これを今までは「小銭ボックス」とかなんとか呼んでいたが、昨年のM-1グランプリ以来名称変更。
「小銭の神様」。

それ以来、このコが

世の中ゼニや、ジェニや、銭でっせー!

と夜な夜な叫び出して、我が家の玄関はやかましくていけません。





…ウソです。
by omoutsubo-bar | 2011-01-06 08:22 | 白金生活 | Trackback | Comments(2)
 思う壺ダンナが昨年50歳を迎え、TOHOシネマズではいつでも夫婦揃って一人1,000円で映画を観られる。
で、お正月休みに六本木ヒルズで映画。
 朝一番9時50分の回は、この映画を上映するスクリーンだけでなく館内もガラガラ。

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD17038/

 田舎出の女の子がLAのショービズの世界に飛び込んで成功する、とても分かりやすいストーリー。
友人とのパーティのときには、映像の華やかなミュージカル映画を流しておく事が多い我が家では気に入った映画のDVDは購入することにしているが、これは最適。

きれいで華やかで、ほんとに悪い人は出てこないハッピーストーリー。

 館内で生ビールを買って映画を観た後は、あらためておいしい生ビールをここで。

http://townnote.jp/biz/10257575/pict

 後は六本木ヒルズ内をぷらぷらとお買い物して、自転車に乗って帰りました。
穏やかなお正月。
by omoutsubo-bar | 2011-01-03 06:19 | 白金生活 | Trackback | Comments(2)
 明けましておめでとうございます。
元旦の6時過ぎの北東の空はこんなです。

f0189987_6362221.jpg


 初日の出前の東の空。

f0189987_6371138.jpg


南東の空に、月と明けの明星。
縁起良さそう。

f0189987_6393564.jpg

by omoutsubo-bar | 2011-01-01 06:38 | 白金生活 | Trackback | Comments(0)