人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 土曜日の通院は、掛け持ち。
おむクンは相模原で検査の後、かかりつけのクリニックで投薬。
つぶさんもかかりつけ医で、副腎過形成のチェック。

 チェックと言うまでもなく、数日前からつぶさんのお股が腫れてきているのでホルモン注射の効果が切れているらしい。
 毎月1回、3ヶ月間続けた治療を、先月1回休んでみましょうと診断されたのだが、やはり2ヶ月は持たなかった様子。

 久しぶりのホルモン注射がトリガーとなってしまったのか、つぶさんもその後やや軟便続き。
 いたちの軟便066.gifたちとニンゲンとの闘いは、まだまだ終わりそうにない。

誰かヒーローが現れて、この軟便星人たちをやっつけてくれないもんかしら?
by omoutsubo-bar | 2008-07-28 10:53 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)
7/26土曜日の朝、おむクンの体重はようやく目標クリアの1,018グラムに001.gif
その勢いで、相模原まで定期血液検査に行ったら、結果も良好
白血球の数値は10,600まで低下001.gif(前回11,800。正常値2,000~9,800)
好酸球も20%にまで低下001.gif(前回37%。正常値10%程度)
正常とはまだ言えないものの、確実に改善してきている。
 しかも、ステロイドの副作用を示す数値はいずれも正常で、
腎臓・肝臓にダメージは来ていない001.gif

 …と喜んだのもつかの間、日曜日から066.gifがやや軟便。
土曜日の通院途中、けっこう体を痒がってたものね。あれはやっぱり前兆だったのか…。
今朝の体重は990グラムと再び1キロ切り。

 でも、おむクン、緩すぎっ022.gif
そこで力を抜いたら、いつまで経っても逆上がりはできるようにならないのよ。

 まあまあ、姉さん怒るな。
ボクは誉められて伸びるタイプやからな。

by omoutsubo-bar | 2008-07-28 10:52 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)
 以前から気づいていたことだが、おむクンの066.gifが緩くて体重が増えないとき、つまりあまり体調の良くないときは彼は必ず体を痒がっている。
おむクンが体を掻くときは後ろ足を目にも止まらぬ速さで動かして、
首とかお腹をバリバリ掻くんだけど、彼はそのときなぜか必ずケージの1階に下りてくる。
1階の床はカバーのされていないプラスチックフロアだから、後ろ足で掻く、バタバタという音が激しい。

 つまり、おむクンがやたらとうるさい(いたちは鳴かないのに)=体調が悪い
という相関関係がある。
 言い方を換えれば、バタバタ騒音は体調が悪いときのアラーム。
増えすぎた好酸球が胃腸に作用すると腸炎で下痢をするし、皮膚に作用すると痒みがでるとのこと。
確かに、痒がっているときは全身が赤みを帯びて、特におチンチンが真っ赤になっていたりする。

 さて、ここ数日のおむクン。
20日にステロイドを注射で投与して以来、アラームがあまり鳴らなくてとても静か。
066.gifよし。
食欲あり。体重増加、976グラム。
わかりやすい。

やっぱり、おむクンって単純でかわいいね053.gif

うん、ボク可愛いねん。

褒められてんだか、ビミョーじゃない?
by omoutsubo-bar | 2008-07-24 09:10 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)
 7/16にフィラリア予防の投薬をしたのがトリガーになってしまったのか、先週のおむクンはやや軟便気味が続いていた。
そのせいか、体重も950グラム前後から一向に増加しない。
7/19には粘液状の下痢便もしたので、7/20いったんステロイド注射。
消化不良だと飲み薬で与えた薬も効果が出ないで悪循環なので。

 ステロイド注射後、ようやく066.gifも正常に戻った。
でも体重はずっと変わらず。
次の通院予約まで残り1週間。
最低でも1,050と掲げた目標は、やっぱり1,000に下方修正かなあ…。
つぶさんもやや緩めなので、二人とも暑さが原因なのかもしれないけど。

 おむクン、もうひと踏ん張りしようよ。

まあ、姉さん。そんなにあせるな。

他人事かい022.gif
by omoutsubo-bar | 2008-07-22 13:47 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)
 きのうのおむの体重が、瞬間最大風速的には981グラムにまで達した。
「瞬間最大風速」というのは、いたちの体重は1日のうちでも食前食後・排便前後で30グラムくらいは軽く変動するから。
で、きのうの最低体重は951、最大体重が981と、1,000グラムもいよいよ射程距離内かと思った矢先…。

 またオレンジ色のゼリー状のひどい下痢。
いるんだよな、どこにでも。こういう緩い営業マン。
いいところまで進めておきながら、最後のツメが甘くて取りこぼすスカタン。
だから言っただろ、契約書にハンコもらうまで油断するなって022.gif

 まったくおむクン、憎めないゆるキャラですワ。
でもいくらゆるキャラでも、066.gifの緩いのは堪忍してくれ。

miu姉さん、ゆるキャラのボクの066.gifが緩いのん、ある意味一貫性があってスジが通っているという評価は…

ないっ022.gif
by omoutsubo-bar | 2008-07-17 08:54 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)
 本日の体重。
2週間前にステロイドを増量して最初の1週間で100グラムほど体重が増加したので、
この調子ならと思っていた体重。
 先週はちょっと波があって、また軟066.gifだったりで、ようやく手術直後の体重まで回復。

2週間後の通院時には、1,050~1,100あたりを目指して
引き続き強制給餌。

毎日が、おむクンの看病であっという間に過ぎていく。
おむクン、二人三脚で完治までがんばろうな。

元気なつぶさんには、応援してくれとまでは言わないから、
せめてそこらで抗議066.gifしたり、あちこち走り回ってグラス倒したり、ベッドの後ろにモノ隠したり
仕事を増やさないようにお願いできませんでしょうか?

ヤダ。私のこと、かまわない罰よ。
by omoutsubo-bar | 2008-07-14 14:36 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)
 土曜日に相模原まで通院。
白血球は2週間前の15,000から11,800まで減った。(正常値は2,000~9800なので、まだやや多い。)
ただ、好酸球の割合は37%と依然高いまま。
 先生いわく、「好酸球性腸炎をいったん発症すると、そういう体質になってしまうので投薬で良くなったと思っても、薬をやめるとまた下痢が始まる場合も多いです。
数ヶ月単位で様子を見ながら徐々にステロイドを減らしていくつもりで、1年がかりの治療になると思ってください。」

 はい、先生。
あらかじめ、今後の治療計画がわかっていれば、それなりに心の準備もできる。
負担なのは、いつまで看病すれば治るとか、どのくらいかかるのが当たり前だとかの見通しのないこと。
 それならそれで、覚悟をしますが…
1年がかりってことは、閑散期の今はいいけど、確定申告の超繁忙期になってもこんな風に2~3時間おきには強制給餌し続けないといけないってことだ。
 1日に何度もゴハンの用意をしたりシリンジを洗ったり、最近手荒れでボロボロよ。

 と泣き言を言ったら、ヤツ
姉さん、まあ、そういうことや。よろし頼むで。と言って、ニンマリ笑った。
by omoutsubo-bar | 2008-07-14 14:26 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)
 今朝のおむクンの体重。
1週間前には800まで落ちていたのが、順調に回復しているので、来週には1,000グラムも夢じゃない。

 0.3mg Per dayで投与されていたステロイドを専門医の指示で1.0mgに増やしたところ、劇的な効果があって、おむクンの下痢066.gifは1日で良くなった。
 1週間経った今では色・艶・固さ、どれをとってもつぶさんの模範066.gifに見劣りしない。

 健康なころには、厄介者だった066.gifクンが今ではいとおしくて、いとおしくて。
焼きバナナのミニチュアを髣髴とさせる見事な066.gifをしてくれたら、ほれぼれとして時間を忘れて眺めてしまう。

 わかるかなあ、残念ながら写真を載せるのははばかられるので。
故宮博物院に、翡翠でできた見事なミニチュアの白菜があるでしょ。
あれと同じくらい、見事な焼きバナナ。

 え?わからない?

誰がわかるねん022.gif
by omoutsubo-bar | 2008-07-05 12:44 | 長男おむIBDとの闘病記 | Trackback | Comments(0)