人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

カテゴリ:ペットロスからの回復( 134 )

1/18。おむの月命日。
あれから、まだ3ヶ月しか経ってないのかと感じるくらいに昔のことのような気がするのは、新居がまだまだ工事途中で毎日のように新しい何かが発生するからなのか。

おむが突然いなくなって元気のなくなったつぶのために、バイの母が週末はつぶを預かってくれる。
最初は、つぶがあまりにしょんぼりしているのと、内弁慶なあのゲス乙女(最近、彼女はクソ女改め、トレンディなゲス乙女と呼ばれている。)は、工事の職人さんたちがやってくるとビビって固まってしまうため、避難を兼ねてバイんちにお泊まりに行くようになったのだ。

そうすると、これまでつぶおむと会っても割とひとり遊びの多かったバイも、しょんぼりしているつぶを慰めようと思うのか、センパイおむとのオトコ同士の縄張り争いがなくて楽なのか、よくつぶと絡むようになって来た。

最近では病院行きに2人一つのケージに入れてもおとなしくしているし、お互いの家の行き来では、相手のケージのハンモックで2人お重になって寝てくれる。

昨夜は遊び疲れてそれぞれに野宿して寝ていたのに、気づいたらこうやって顔を寄せ合ってたらしい。

f0189987_08161930.jpg
おむが生きていた時は、先に定位置のカーテンの下で野宿しているおむの隣に、遊び疲れたつぶが寄って行って寝てたけど。
今は2人同時に遊び疲れて、一緒に寝落ちするんだね。

おむ。つぶはもう大丈夫だから安心してね。
こっちでバイに先輩風吹かせてたキミも、そっちじゃ新入りだ。
女王様姉つぶの横暴に、オトコ2人付き従ってw
仲良く遊んで暮らしなさい。






by omoutsubo-bar | 2016-01-18 08:23 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)
つぶ姉さん、妹つぶちんも4歳になったよ。
あなたは生きてたらもうすぐ12歳になるいたちのオバケ、美魔女だね。

あなたの2週間後にやってきたくせに、3年も早くイッチョウアガリした兄おむと、あなたが後半生を一緒に暮らした弟おむ。
今はオトコ2人引き連れて女王様だね。

妹つぶはまだまだこっちで大活躍してるから、そっち3人仲良く遊びながら彼女のことを見守っていてね。

後50年くらいしたら私も行くから、その時はみんなで迎えに来てね。




by omoutsubo-bar | 2016-01-14 14:26 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)
おむくんのいないクリスマス。
あれ以来ネイルは白。
白くてふわふわだったおむくんを偲んで。

f0189987_13194361.jpeg
クリスマスも、白くクリスマスツリー。

f0189987_13214070.jpeg
足には、おむくんのお舟の虹を。
おむくんの宙舟だ。

f0189987_16401742.jpeg
おむくんの思い出尽くしの喪中クリスマス。











by omoutsubo-bar | 2015-12-23 13:22 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(5)
おむくんのお墓参りを夜にすることが多かったので気づかなかったが、明るい朝に行ってみたら埋めたはずのおむくんのお骨が地上に見えていて寒そうだった。

雨季で夜は肌寒いから土のお蒲団かけてあげたんだけど、なぜ?
高温で焼かれたお骨だけだから、小動物や鳥たちが掘り返すとも思えない。
実際、掘り返されたというより、埋めた木の根元の地表に浮き上がってる感じ。

で、思いついたのは雨。
おむの木の根元は粘土質の堅い土だった。
熱帯の国の土砂降りはハンパない。
そこら中の道路で雨を処理し切れず冠水するくらいだから、この粘土質の木の周りは池になってしまうのだろうと。

それも含めて、彼の肉体は自然に還っていくわけだ。
キミは兄姉と一緒にいつも私たちの心の中に住んでいるし、キミが兄姉とともにお星で幸せに暮らし、たまに虹に乗って里帰りしてることを知ってるから、私たちは寂しくないよ。ちょっと強がりだけど。




by omoutsubo-bar | 2015-11-27 13:34 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)
はやっ、おむくん。
そっちに行って1ヶ月でもう里帰り。

f0189987_22533249.jpeg
多分、寂しいから兄おむ、姉つぶも連れて3人で里帰りしてるんだろ。

f0189987_10334033.jpeg


綺麗な虹がいつまでも消えなかった。
大好きだよ。ずっとね。

by omoutsubo-bar | 2015-11-24 22:56 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)
今はおむのことをなるべく考えないようにしている。
他の事をしていれば、彼を忘れて笑えるし、楽しめるし。
彼のことを聞かれても、泣かずに話せるようになったし。

ところがどういうわけか、突然のフラッシュバックで、たまらなく彼が恋しくなる瞬間に襲われることがある。
そういう時は彼のことを務めて考えず、やり過ごすのだが。

昨日の朝方、まどろんでいる状態で現れた2人のケージの中には、つぶだけではなくておむも顔を覗かせていた。
慌てて、これは夢、夢って飛び起きた。

油断すると出て来るからなー、キミ。
出るならちゃんと、ユウレイになっておいでよ。夢じゃなくて。

そしたらキミに金縛りされて、逆に抱きしめてあげるから。




by omoutsubo-bar | 2015-11-18 07:57 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)
  おむがお星になった直後には、まだまだ新居のパソコンがきちんと設定されていなくてプリントできなかったけど、ようやく書斎も落ち着いたので彼の赤ちゃんのときからの写真から、プリントしてデスクに飾るものを選んだ。

生後2ヶ月の頃から

f0189987_11171678.jpg


f0189987_11171156.jpg


最近まで

f0189987_1118763.jpg


f0189987_11182246.jpg


つぶと二人の写真も

f0189987_11184518.jpg


f0189987_11185942.jpg


先代のつぶおむと並んで、私のことをデスクの上でみつめてる。
by omoutsubo-bar | 2015-11-11 11:19 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(2)
 日本にいた頃に仲良しだったいたちの皆さん。
おむと同じ年の2008年、夏生まれのおむより少し早い春生まれだったプリンちゃんとマフィンくん。

マフィンくんは昨年7歳を待たずにお星になったけど、10/8相方のプリンちゃんもお星になったとお母さんから連絡をいただいた。

若くてゲンキだった頃のおむとプリンちゃんの写真が出てきた。
小柄なのにとてもゲンキいっぱいな彼女のことを当時は「矢口真里」と呼んでいたけど、その矢口さんがその後イメージダウンしてしまって、そうは呼ばなくなってしまったことも懐かしい。

http://omoutsubo.exblog.jp/14638722/

おむとお別れして3週間も過ぎそんなに泣くこともなくなったけど、赤ちゃんのときから知ってたみんな、そっちに行ってしまったんだなとまた涙。

一人残されたつぶは寂しがって、週末になるとBiteyん家にお泊まりに行く週末婚状態。
おむくんもいなくて、匂いにもまだ慣れない新居はつぶにとってはアウェイ。カレシんちの方がよっぽどホーム。

おむは向こうで楽しんでるだろうな。
兄おむ姉つぶもいるし、幼いときから行き来して「従兄姉」と呼んでいたプリンもマフィンもいるし。
こっちでいまだに泣いているオカアチャンを、いつまでも女々しいヤツと小ばかにして笑ってくれ。
by omoutsubo-bar | 2015-11-10 10:37 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)

f0189987_19351789.jpeg
おむが亡くなって2週間。
彼はこんなに見事な虹の橋を渡って、お星になった。

新居の書斎の配線を綺麗に整理しようと2人で奮闘していたら、思う壺ダンナが突然「虹❗️」と声をあげた。

窓の外を見たら、目の前のゴルフ場にうっすらと虹。

f0189987_19382774.jpeg
とっさに「おむが行ってしまう!」とバルコニーに出て、彼に別れを告げた。

でも、それはちょっと違っていて、本当は兄おむと姉つぶが迎えに降りてきた虹だった。

最初の薄い虹が消えて数分後、今度は今までに見たこともないほどくっきりした虹が現れた。
それが冒頭の写真。

兄おむと姉つぶと、弟おむは3人で仲良く昇って行った。

今日はつぶちんはカレシんちにお泊りで留守の日。
まだまだこっちで暮らすつぶちんが「私も行く〜〜」って羨ましがらないように、彼女が留守の間にこっそり迎えに来たに違いない。

3人、仲良くね。
みんなずっと家族だからね。











by omoutsubo-bar | 2015-10-31 19:47 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)
おむが亡くなって9日。
つぶちんの寂しさが痛い。
これまでも兄おむの亡くなった後の姉つぶ、姉つぶの亡くなった後の弟おむがしょんぼりしてしまうのは経験してたけど、2週間後には弟おむが来たし妹つぶが来たし。
ところが今回は3代目おむを迎えない。

つぶちん、寂しすぎて死んでしまうウサギ←ホントか?
でなくて良かったけど、食欲なく、寝てばかり。

で、国境越えいたち仲間のBiteyに会ったら、最高に楽しかったらしい。

今はリノベ真っ最中で職人出入りが多くて十分な放牧もできないので、週末にはカレシんちに泊りに行くことになった。
ご両家親公認でおとまりだぜ。
ま、結婚前のお嬢と言えどニンゲンならほぼ40歳近いもんねー。
ユルス!







by omoutsubo-bar | 2015-10-27 23:25 | ペットロスからの回復 | Trackback | Comments(0)