人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

カテゴリ:KLレストラン 郊外( 72 )

このクチャイマジュのエリアにはたくさんの四川料理店、湖南料理店が並んでいて、こちらはその中でも人気の高い店の1つ。



ここ数回この隣の川香閣に通っていたが、新規開拓しようとこちらに入ってみたらお客の数が多く、賑わっている。
オーダーして分かったことだが、こちらの方が川香閣より1皿の量が多い。
多分値段は少し高いけど、量が倍だから隣より割安って感じなのかな?

瓶ビールはタイガー。

席に着くと、前菜5品をトレーに乗せて持って来てくれたので、中から1つ選んでみた。
1つ4リンギくらい。
不要なら選ばなければいいんだろうけど、ビールを飲みながら待つ我々にはちょうど良いおつまみ。
昆布を酸っぱ辛くして香菜たっぷりで美味しい。けどかなり辛いw

f0189987_08030161.jpg
基本の小炒肉。豚肉もふっくら仕上がっていて好みの感じ。

f0189987_08044616.jpg
中国語でのメニュー名は太极飘香茄だけど読み方は全く分からない。
麻婆茄子っぽい感じで、これも美味しい。

f0189987_08073723.jpg
ご飯の盛り付けが、すりきり1杯みたいで面白いけど、香り米でこれ自体が美味しい。
もっとも、麻婆茄子丼にして食べる我々には、別にフツーのお米でいいんだけどw

f0189987_08091510.jpg
どの料理も特別に個性的なわけではないけど、安定した味わいで安心していただける。

このエリアには他に2店行きつけ店の支店もあるし、我が家からはスマートトンネルを抜ければ渋滞知ら。
むしろ近場のブキビンタン(ただし渋滞が酷い)にある飲食店より早く着くエリアなので気持ちが軽い。←渋滞中のブキビンタンなんて、歩いて行っても30分、クルマで行ったら30分超だからねw

どの店も通し営業をしているからランチタイムを外して行けば駐車にも困らないし、Jomo parkingを使って料金も支払えるし。

とても便利で最近のお気に入りエリア。
ただし四川ォ湖南料理ばかりだと辛いので、そうそう毎日行くと思う壺ダンナがお腹を壊すかも(笑)






………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2019-06-28 08:13 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
素晴らしい、本格的なタイ屋台料理店。
マレーシアはタイに近いので本格的なタイ料理店はいくつもあると思うが、今まではわりとタイ高級料理店テキな店しか知らなかった。

よくバンコクまでゴハンを食べるためだけに出かける友人に「ここの味は、バンコク都心の観光客向けの店より本格的で旨いよ。」と紹介されて期待レベルが高かったが、その期待通りかそれ以上だった。

烏賊のソルティエッグは、揚げ油も新鮮で言うことなし。

f0189987_09084213.jpg
タイ風オムレツは自分ではまずオーダーしないけど、ここのは具材もしっかりと大きな海老が入っていたり、卵もふわっと仕上がっていて美味しかった。

f0189987_09100304.jpg
10人で行ったから、こんな大きな魚の料理。

f0189987_09104099.jpg
豚串もあって嬉しい。
特に、添えられるソースが蜂蜜の多すぎる甘ったるいものでなく爽やかで辛い。

f0189987_09115166.jpg
1つとしてハズレがなかった。
常連客である友人が全てオーダーしたからかも知れないけど。

このエリアってKL都心からはやや遠い場所だが、良いお店がたくさんあって羨ましい(笑)










………………………………………………………












by omoutsubo-bar | 2019-06-09 08:51 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
スバンジャヤにある居酒屋「いちかわ」。以前は一心と言う名前だった店。




5年前には他に本物の和食屋もなくて、時々行ってた。
ご主人のお料理もとても楽しく、サービスも素敵で気持ちの良い店、ただし禁煙であれば。

カウンターに座っても、運が悪いと後ろの扉のない個室から流れてくる煙草の煙で料理の香りが台無し。

遠い中わざわざ行くのに「後ろの部屋の人が全員ノンスモーカーならいいんだけど」とドキドキするのも苦痛だったので結局足が遠のいていたが、素敵な居酒屋であることは誰しもが認める店。

ところがマレーシアは2019年1月1日から飲食店禁煙が徹底され、わりとここの国ってそういうルールに実効性がある様子。←交通ルールの杜撰さを見てると、まさかちゃんと守れるの?と半信半疑だったけど(笑)

そんなわけでこの店もめでたく完全禁煙店となったハズ。でもやや疑心暗鬼。
スモーカーの常連さんだけ、こっそり喫煙可にしてるとか…。

そこで事前に電話で禁煙が徹底されていることも確認の上、車の定期点検ついでに数年ぶりに行ってみた。

楽しかった。
料理を楽しんでおられるご主人と、明るく接客される奥様や店のスタッフ。
そもそもお店で働く人が長く定着しているのって、良い店の証拠だしね。
お客さんたちも日本人ばかりでなくローカルの旨いもの好きな皆さんも楽しんでいて、本当に良い雰囲気で常連客とお店が作り上げている店。

鮨を出さないこの店の常連客に、日本人ではなくローカルがどんどん増えていると言うのはKLの和食環境として歓迎すべきことだ。

里芋コロッケとか。

f0189987_08411975.jpg
高菜チャーハンとか。

f0189987_08414377.jpg
鮨正と鮨原では絶対に出ない居酒屋料理バンザーイw









………………………………………………………








by omoutsubo-bar | 2019-05-26 23:08 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
ミッドバレーのメガモールとガーデンズの間の通路沿い、メイバンクの近くにあるドイツ料理店。
ドイツ人の友人に、「KLから良いドイツレストランがどんどんなくなってしまったけど、ここはドイツ人経営で本場の味に近い。」と教えられたので、健康診断ラマダン明けのハリラヤに行ってみた。


4種のポウレイナーお試しセット。
f0189987_09003712.jpg
ザワークラウト。

f0189987_09010263.jpg

ウィーナーシュニッツェルは、期待外れだった。

マーガリンを使ってパンフライしたような匂いと、衣が肉からはがれて膨らんでいるところ。


f0189987_09041188.jpg

次に行ったら、やっぱりソーセージをオーダーしないとね。









………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2019-05-09 08:48 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
ラーメン通ではないので、特段比較も何もできないのだが。

来週の健康診断に向けて、「ラマダン」中の我が家。
1週間は一切お酒を飲まないことに決めた。
何年ぶりだろう。

おそらく、2017年の春に日本で癌健診を受けているから、あの時に1日半ほど?(笑)禁酒したはず。
本来は「週に1日は禁酒」した方が良いとか聞いて日本にいた頃にはガンバッたりもしたが、KLに移住してから毎日が楽しすぎて飲まない日は年に数日もない。

さらに1週間もお酒を飲まないなんて、6~7年ぶりかも?

そこで今週のメニューは。

缶ビールだけ、しかも高い値段でしか置いていない店。
そもそもビールやワインと合わない料理。

と決めると、必然的に「ラーメン」っぽくなるw

焼き餃子頼んだら、ビールはマストでしょ。
ピッツァなら、ビールかワイン欲しいし。
鮨屋、フレンチなど高級店でお酒を飲まずにガッツリ食べるだけなんて我が家のポリシーに反する。

そんな中、唯一お酒と合わないのがラーメン。

それでも美味しくない店には絶対に行ってはいけない。←既に少食ジジババだし、あと40年の健康人生を保つために暴食しない我々には「美味しくないものを食べる」などと言う贅沢は許されない。毎回の食事が真剣勝負w


…こんな理由で、わざわざTTDIの先、スターリングモールにあるつけ麺専門店までやってきた。

私がオーダーしたのは、一番量の少ないゆずまぜ麺Sサイズと豆腐サラダのセット。
お箸とレンゲ、こんな風に逆向きに持って来るところがいかにもマレーシアらしいw

f0189987_09263831.jpg



思う壺ダンナのゆずつけ麺レギュラーサイズと明太とサーモンごはんのセット。一口分取ってつゆに入れてしまった後だけど。

f0189987_09260273.jpg


とにかく普段ほとんどラーメンを食べないので、あまり比較する能力はないもののローカライズされていない日本の味であることはよく分かる。
まぜめんの具材の海苔と豆腐サラダのトッピングの鰹節が香り豊かで素材の良さと回転の良さ(流行っている店であること)が一目瞭然。
あと、生玉葱の大好きな私にはその辛みが美味しかった。

ただし、つけ麺のつゆを割るための「Dashi Soup」だと持って来てくれたポット。
鰹節に期待してそのまま飲んでみたら、全く「出汁スープ」じゃないお湯だった。
蕎麦湯のうっすーいヤツみたいなもん?(笑)

太麺は歯応え良く、よく噛むタイプの私はSサイズでさえ顎が疲れてくるくらい。

思う壺ダンナはセットに付いてきた明太子ごはんに厳しくダメ出し。
「つけ麺だけだと味に飽きるかと思って明太子ご飯のセットにしたけど、チューブ入りの着色明太ペーストみたい」だそう。


次に来ることがあるかどうかは分からないけど、とにかくビールなしのランチに成功させてもらえた(笑)










………………………………………………………















by omoutsubo-bar | 2019-05-01 06:49 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
KLで我々がたまに訪れていた韓国料理店の1つ。


かなり久しぶりに行ってみたら、なんとポークフリーの韓国料理店になってしまっていた!

以前、知り合った韓国人グルメにも断言されてしまった通り、KLには韓国人が本当にお勧めする旨い韓国料理店はないらしい。
ただ、個別にピンポイントで美味しい料理を出す店はいくつかあると思う。
この店もパンチャン、牛肉、ビールは美味しくないが、パジョンがクリスピーでとても美味しい。

なのでパジョンを食べたくなったら以前よくここに来ていたのだが、このところ新規開拓した旨い店も多かったためご無沙汰していた。
するとメニュー一新、ポークフリーに!

豚肉料理がなくなっただけでなく、チゲの中でも臭くて臭くて旨かった納豆チゲがなくなって、全体的にマレー系ローカル向けの「韓国料理」もどき店に。

キムチチゲとパジョンの味は変わっていなかったので、おそらく料理人は以前と同じと思われるものの、そのパジョンの具材が増えてしまっている。

今回のパジョン。

f0189987_08355064.jpg

以前はパジョンと言えば分葱とゲソだけがたっぷり入った思い切りのいいシンプルな料理だったのに、ニンジンとかしし唐とか他の野菜も入って、なんだかフツーの、ローカライズされた、エッジの効かない料理になってしまって。

元のパジョン。

f0189987_08361637.jpg


やっぱり店舗がRSGCの裏側、アンパンヒラーの大使館エリアでもチェラスの華人エリアでもない、マレー系エリアに近い場所に移転してしまったことが原因なのかもね。


この店が入っているショッピングモール、Gビレッジ自体もなんだか寂れた感じで、スーパーに入ると色の茶色くなったブロッコリーを初め、およそ新鮮には見えない野菜が乱雑に置かれていたり、品揃えも外国人向けではなくローカル色の強い感じになっていた。


改めて、美味しいパジョンの店を探すか、エッジは効いてないけどクリスピーさ健在のこのパジョンで我慢するか…。
目下のところ最大の悩み←他に何も悩みのないノーテンキな生活してるもんで(笑)







………………………………………………………






by omoutsubo-bar | 2019-04-29 08:27 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
オールドクランロード方面に出かけるついでにランチは足回りが良いエリアを探してクチャイマジュへ。

以前も来た四川と湖南料理店の多いこのエリアを、もっと美味しそうな店はないかとGoogle Mapで探して来てみたのがRestaurant SiChuan Cuisine。



良く冷えた青島ビール。

f0189987_17234582.jpg
思う壺ダンナ定番の小炒肉は、肉がふっくらと柔らかく仕上がっていて絶品。
いつものルーディンジーでは薄切り肉をカリッとクリスピーに仕上げているが、思う壺ダンナ、「こっちの方が好みかも」だって(笑)

f0189987_17242055.jpg
確かに、厚切りにして固くなった豚肉より薄切りの方が好きな私も、このふっくら感なら大好き。
ただ、肉よりも青唐がもっとたくさん入っている方が好みなんだけど。


私が食べたくて頼んだ魚香茄子。
最初は
「茄子の料理は甜面醤をしっかり使った味付けでないと…」
と不満げだった思う壺ダンナも、上品な酸味と甘みのこの料理は
「あれ?リピートありかも?」
だってwww

f0189987_17270452.jpg
いや、間違いなくこの店はリピートありでしょ。


ちょっと遠いけど、朝10時から通し営業しているらしくて便利。
次は別の料理も食べたいし、隣の湖南料理も試してみたい。






………………………………………………………



by omoutsubo-bar | 2019-04-18 17:30 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
ワイン好きな人たちは大抵レストランにも詳しいので、お互いの得意分野の情報交換をして仲良くなる。
今回は、ワインパーティで親しくなったドイツ人とオランダ人のカップルに一番お勧めのフレンチを紹介してもらって一緒に行ってみた。


場所はTTDIのカジュアルなショップロットの一角で、ここに高級レストランがあるなんて、知らなければ気づかない場所。

しかも京都のお茶屋風に「一見さんお断り」感満載で(笑)Gフロアのエントランスは真っ黒の壁とドア。
ドアも、レストランとしては珍しいドアチャイムを鳴らしてロックを解除してもらうスタイル。

入るとGフロアがウェイティングバーになっていて、ダイニングは1階。

友人の話によると、オーナーシェフはローカル華人で、家業は中華料理店だったがそれを継がずに海外でフレンチの修行をしてこの店をオープンしたらしい。

どれもこれもきめ細やかで素晴らしい料理だった。

雲丹とトリュフのカッペリーニもバランスが見事。

f0189987_11385645.jpg
上品なラム。

f0189987_11402316.jpg
ワインもリーズナブルなものからヴィンテージものまでバランスよく取り揃えられている。

f0189987_11455475.jpg
しかも食事が終わったころに隣のテーブルのドイツ人とインドネシア人カップルから話しかけられて、そのドイツ人男性が「出身地を当てる」と言う(笑)
当然日本人であることは分かっているんだけど「京都から来ましたか?」(笑)

なんとこの彼、私たちが話す大阪弁が標準語イントネーションと違うことを聞き分けたらしい←言語学者か、ケンミンshowのUrban Barかwww

ファインダイニングの丁寧な接客がありつつも、そうやって隣のテーブルの人とも適度な距離感を楽しめるフレンドリーな空間。


彼らから紹介されているフレンチ、イタリアンは一つずつやっつけに行きたい。
KLのドイツ料理店にあまり良いところはないというのが残念だけど、色々と欧州料理の名店を教わりたい。





………………………………………………………










by omoutsubo-bar | 2019-03-25 11:44 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
またひとつ、本物の日本の料理店がオープンした。
2017年にも数多くの「日本料理」レストランがオープンしているが、本当に美味しい、本物の店は残念ながら少ない。

こちらはその数少ない本物店の一つ。

釜めしの専門店。→2019年4月改装後、居酒屋メニュー増加。
と言っても、釜めし以外の居酒屋風メニューもあって昼から飲んでつまみたい私たちも楽しめる。





素晴らしかったのがだし巻き卵。
写真がいくら美味しそうでも実際に出てくるものは、砂糖でベタベタ甘くされてたり、焦げ付いていたりってザンネンな卵焼きであることは覚悟の上。

うーんと基準を低くして恐る恐る頼んでみたら、きちんと丁寧に料理された、日本の料理人が作った丁寧な出汁巻き。砂糖で甘くしたりせず、北海道からの出店と言うのに関西風のあっさり味。素晴らしい。

f0189987_18401442.jpg

豚の角煮はふつう、見た目だけでは美味しいかどうか分からない。
見かけはそれなりにできていても、豚の脂に甘みじゃなくて臭みがあるとか、おつゆが無駄に甘ったるいだけとか。
そういうダメなフードチェーン系の味ではなく、こちらの角煮は丁寧な旨みのおつゆに脂の甘みを堪能できるものだった。

f0189987_18434152.jpg
鶏つくねの月見。
いつも行く焼き鳥専門店の酉玉では卵の黄身はついてこない。
で、こちらのものはメニューの写真に卵黄が載っている「月見」だったので頼んでみたら、温泉卵だったのはご愛敬。

f0189987_18453865.jpg
次に頼むときは別に器をひとつもらって、卵黄と卵白を自分で分けよう(笑)

オーダーした料理はどれも美味しく、しかも予想したよりポーションが大きかったので肝心の釜めしにたどり着かずリタイアしてしまった。

近いうちに、是非とも釜めしリベンジしてみよう。

ビールは中瓶のみだが、近い将来生ビールの機材を導入予定とのこと。
楽しみだ。


………………………………………………………










by omoutsubo-bar | 2019-02-15 09:20 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)
ミッドバレー付近にはなかなか気に入る店がないから行かないなー…と思っていた矢先、ローカル華人ファミリーが「ゴハン一緒に食べようよ。」と誘ってくれて、ガーデンズモールで会うことになった。

残念ながらCNY真っただ中で大抵の中華料理店はお休み。
せっかく華人家族と一緒ならイーサンなんてやってみてもいいと思ったんだけど。←イーサンと言うのは、CNYのお祝い料理。
CNY明けのKLの全ての中華料理店、なんならフレンチとかシーフードレストランでも独自のイーサンを提供していて、なんか日本でならフレンチレストランがフランス風おせち料理を出してるような感じ。


で話を戻して、中華は全部休みだから、ならビールさえあればどこでもいいよーと言って集まったのが、欧風料理のAlexis。

買物の途中でビールだけ飲んで休憩したことはあったけど、食事をしたことはなかった。

結論から言うと、思いがけずピザが美味しかった。
海老のピザを頼みつつも、「どーせ、火の通り過ぎたちぢこまった味のない小エビが数個乗ってるんだろう。」と期待していなかったら、適度な火加減のやや大きめのシュリンプが各ピースごとに1尾乗っけられている。

生地は厚めのタイプで、ルッコラもたっぷり!

ところが子供たちも一緒で話が盛り上がり過ぎて、一番最後にやってきたこのピザの写真は撮り洩れてしまった105.png
4歳と8歳になったばかりの少年たちが「つぶちんに会いたい、会いたい。」って可愛くおねだりするもんだから、もうオトウチャンもオカアチャンも彼らにビデオ見せるのに忙しくてw


仕方ないので、他のみんながオーダーした写真だけアップしておきます。

フィッシュアンドチップス。
食べていないけど、運ばれた時にイヤな臭いはしなかったから、油は悪くないと思う。

f0189987_07105083.jpg
欧風料理だけど、ナシレマ。
赤ちゃんの世話係であるフィリピン人メイドさんのオーダーなので、ちょっと横から撮らせてもらった。

f0189987_07125876.jpg

シェアしようと思ってオーダーした小烏賊のグリルは、量が少なくて結局二人だけで食べてしまった(笑)
味はフツーかな。

f0189987_07142206.jpg

今度どうしてもミッドバレー付近でゴハンを食べないと行けなくなったら、ここでピザ頼んでビール飲もう♪








………………………………………………………









by omoutsubo-bar | 2019-02-09 07:18 | KLレストラン 郊外 | Trackback | Comments(0)