人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

カテゴリ:KL移住( 41 )

 移住する計画を立ててから東京で賃貸にしていたマンションは全て売ったし、自宅は出国の数日前に売却完了して「国内住所なし」になっていた。

 残っていたのは、思う壺ダンナの母の家で敷地の1/2だけが思う壺ダンナの所有だった。
その家も、彼女が介護施設に入居した時に定期借家契約で貸して、その期限が今月。

去年彼女が亡くなって、相続登記は済ませていたが賃借物件では売りにくいので契約が終わって賃借人さんが退去してくださったら売却に取り掛かろうと、この春から準備を始めていた。

ところが先月、近隣の仲介業者2社に媒介を依頼したら、なんと1件目のご案内で買い付けが入った。
価格はいくつもの業者さんに査定をお願いしたので、安すぎるわけではなく妥当な金額のはずだし、結局この方以外は案内も入らなかったから、まさに「出会い」だったんだろうと思う。

で、無事に契約に至った。

それにしても、仲介業者さんと司法書士さんには大変ご迷惑をおかけしている。
売主が海外居住で不在のまま、持ち回りで契約書。先週、買主さんが捺印した契約書をマレーシアに送ってもらい、捺印後直ちに書留で仲介業者さん宛に、8/9郵送。
8/16に書留郵便が日本に到着し、業者さんお盆休み明けの8/18に預かられていた手付金を思う壺ダンナの日本円口座に送金。着金確認。

偶然にも同日、賃借人さんが退去するので仲介業者さんが立ち会ってくれて鍵を受け取ってくれた。
賃借人さんは引っ越し後、ご丁寧にご挨拶のお電話を頂戴した。お子さん連れの若いご夫婦が、引っ越し先でも幸せに暮らしていただけると嬉しい。

とまあ、ここまで誰とも会ってない。

賃借人さんは良い方で4年間ほぼ遅れることなく毎月末に賃料を振り込んでくださっていたが、大阪の物件なので賃貸業者さんともご本人とはお会いすることがなかった。

今回の物件売却も、最後まで買主さんとも業者さんとも会うことがない予定。
買主さんが申し込んでいる住宅ローンの融資担当者とも電話で確認済み。

部屋は普通に丁寧に使われていたようなので、問題なく敷金と日割り家賃を賃借人さんに返金。
後は、日本大使館で印鑑証明と住民票代わりのサイン証明と在留証明を取って、権利証その他と一緒にあらかじめ司法書士さんに郵送。
決済当日、銀行で問題なく融資が実行される状態になったところで、先ごろ相続登記を済ませた部分の登記識別情報をメール添付で司法書士さんの事務所に送付。
銀行で、これを確認して司法書士さんがGOサインを出してくれたところで残金振込。

つまり決済まで売主不在のままで遠隔同時履行。
正確に言うと、振込の前に司法書士さんに所有権移転必要書類一式が完全に渡ってしまうので、やや時間差のある「ほぼほぼ同時履行」テキな感じ。
まあ大した金額ではないからできることなんだけど。

後は来年3月に確定申告をすれば本件の残務処理は完了。

こうやって日本に残っているもの、一つ一つ丁寧に片づけて行こう。
by omoutsubo-bar | 2016-08-20 17:27 | KL移住 | Trackback | Comments(0)
何もトラブルなく完了してしまって、記録し忘れてた。
先月末の満期日にネットバンキングで確認すると、ちゃんと普通預金口座に移ってた。

ちょっと忙しくてそのままにしてるけど自由に動けるようになった資金なので、より高い金利の定期預金にいずれ移せばオワリ。

一方、思う壺ダンナの定期預金解約はカンタン。
私が作ったレターと添付書類をそのまま名前だけ変えてメールしただけ。
最初から、自宅に郵送してトレースナンバーも知らせてねと言っておいたら、ほぼ1週間で承認レターをゲット。

この前も友人と話したけど、英語の読み書きにさえ問題なければ本当はMM2H関連の事務はエージェント不要で自分でできるんだよね。
ただ、そこに至るまではそれなりの情報収集力を要するけど。

日本のお友達の皆さんも、興味があればMM2H取ってみて。
私は、日本より断然過ごしやすくてここが気に入りました。
暑いのは日なただけ。日陰とか家の中は1年中暑くない。
東京の4〜5月くらいの湿度と気温。

もう多分、日本の居住者になることはなさそうな気がする。
いい季節にだけ、旅行者として遊びに行けばいいくらい。
もっとも今から非居住者として出てくるには、1億円越えで出国税がかかってしまうけどね。







by omoutsubo-bar | 2016-02-09 23:18 | KL移住 | Trackback | Comments(0)
今月末の満期前に、という事で昨日HSBCまで手続に行って来た。
結論から言うと、指示された書類にサインしてパスポートをコピーしてもらって、なーんの問題もなく手続終了。
後は満期日に出金されて普通預金口座に入るばかり。

一つだけ、言い忘れたら面倒だったなと思ったのは、解約日。
黙っていると満期日を1週間後に控えた当日付で解約されそうになったことかな(笑

手続中に解約は満期日にお願いしますって言ったら、Oh!みたいな顔でニヤッとされたから、あれ、言わなければ間違いなくその場で解約となってたね〜。
日本でなら普通解約日を聞かれそうだし、後1週間ですから今すぐ解約なさったら損ですよ、なんて親切に言ってくれそうだが、そう言うユメみたいな期待はせずに、自分が主導権を握ってどんどん希望を伝えると言う基本姿勢が身に付いた私って、もう日本以外の国どこでも生きて行けるね。←と胸を張ってみる。

1週間後にオンラインバンキングで解約を確認すれば完了。

さて、次は3月に満期の来る思う壺ダンナの分だ。
楽勝だ。








by omoutsubo-bar | 2016-01-20 20:54 | KL移住 | Trackback | Comments(0)
  なんだかんだと結局1ヶ月かかったが、解約承認を手に入れた。
申請の手続きは意外とスムーズで、メールにpdf添付で全てが完了したが、現物の承認レターを手にするには、それなりに注意が必要だった。

 結局、承認書は随分前に出来ていたと思われるのに(承認レターの日付は11/30。最初に申請書を11/27付けで提出したら12/2と書き直してくれと指示されたのに、なぜ11/30に既に承認されているのか意味不明だわ。)、出来たから取りに来いという連絡がなかったものだから、無駄に待たされた。

 次に、取りに行けないから送って欲しいと頼んだことは先日書いた通り。

そして1週間。
いまだ届かないものだから、再度メールを送って郵便の追跡番号とかあるなら教えてと頼んで初めて追跡番号をくれる。

POSのウェブサイトで追跡すると、12/29に届く事になっている…と待っていても届かなかった。
もう一度ウェブサイトを見ると、不在とかなんとかで局に持ち帰り済み。
もちろん終日在宅していたわけで、これもよくある郵便配達の人が面倒がって「不在だったことにした」だけっていうアレですよ、アレ。

ちょうど毎週水曜日はKLセントラルにある鮨屋に食事に行ってるので、その帰りにすぐそばのPOSLAJU本店に行ってピックアップしてきたという次第。

特にすごいネタはなかったけど、待っていても絶対に自分の思い通りには進まないから、自分で積極的にスケジュール管理と指示を出すってことですな。

移住してもうすぐ2年。
この街での生活の仕方が板についてきたかも。

後はこのレターと定期預金証書を持ってHSBCに行けばいいはずだけど、まだまだ思わぬどんでん返しの可能性もあるので、気を引き締めて行こう❣️





by omoutsubo-bar | 2015-12-31 00:45 | KL移住 | Trackback | Comments(2)
 なーんの音沙汰もない3週間。
11/26に問い合わせたら当日のうちに返事が来て、担当者に指示が出され、その担当者から12/2の日付に直して再送して欲しいとメールが来たのが11/30。
 その日のうちに日付だけ書き直して送っておいたが、何も届かない。
友人からは「メール添付で書類を提出したら、レターが郵送して来られる」と聞いていたのに。

 で、先週12/17に「その後進んでいますでしょうか?」とまたまた、あの親切な責任者らしき人にメールしたら、即日担当者宛のccつきで「状況を知らせて差し上げるように」と返信が来た。

 すると、この担当者。
「もうできてるから、いつでもプトラジャヤに取りに来ていいよ。」

 …なら、一言メールくれよなと思いつつ、「今、日本に帰ってるので、KLの自宅に送っておいてもらえませんか?」と嘘八百並べておいた。

 返事なし。

良いのか、コノヤロ。上司にチクるぞ!
と、本日、あの親切な人宛、cc担当者で
「先週郵送してもらえないかお尋ねしたのに、返事がありません。
送ってもらえないなら、スケジュール変更してKLに帰らないといけなくなります。」
と、すごーくイヤミったらしく嘘八千並べたら、担当者から速攻で
「ずっと忙しかったんだ。明日郵送に回すから、ご理解のほどを。」
とよこしてきた。

チクられる前にやれ、アホ(笑)
おかげでブログネタになったやないか、アリガト040.gif
by omoutsubo-bar | 2015-12-21 16:57 | KL移住 | Trackback | Comments(2)
先週金曜日の午前中に書類全部をpdf添付したメールで送ったら、午後には丁寧に受け取ったから手続を進めるとの返信をいただいた。

同時にHSBCのリレーションシップマネージャーに問い合わせておいたメールにも承認書が届いたら手続に来てね、解約申込書を書いてもらわないといけないから、との返事が来ている。

今日はMM2Hセンターから、カバーレターの日付、先週金曜日と記載してあるけど、今週水曜日に遅らせて書き直して欲しいと言ってきた。
なぜ先日付なのかよくわからないけど、書類に目を通してくれているのは確か。

もしかしたらこのままスイスイ手続進んじゃう⁇
ネタになんないんですけど。





by omoutsubo-bar | 2015-11-30 19:03 | KL移住 | Trackback | Comments(2)
 定期預金解約に必要な手続きはこちら。

http://www.mm2h.gov.my/index.php/en/apply-now/fixed-deposit-acc/widthdrawal-requirements

さて、必要な書類は全てPDFファイルにしてPC(iMacじゃなくてWindowsにですよん。)に保管してある。
特に支払いのレシートは、契約から引渡しまでの2年にわたり10回の振込に分かれている。
しかも5%の値引きを受けたから、契約書記載の金額と一致させるためにレシートだけでなく、要求されている以外に値引額の書類も添付した。

で、カバーレター(Letter of intention to withdra Fixed Deposit Accountってやつですね。 )には、支払い履歴の表も挿入しておいた。

定期預金は設定時から解約を見越してRM50,000とRM100,000の二本立てにしてもらってある。

さて次。
これをどこ宛に持って行けばいいのかしらん、プトラジャヤまで行って無駄足になるのもイヤだからあらかじめ問い合わせておきたいけど、MM2Hセンターって電話には出ないし、出られても聞き取れないし…。
と経験済みの友人に相談したら、「テキトーな担当者誰かにメールで問い合わせて、きちんと返信してくれる相手を見つけたら、ソイツに死んでも食らいつけ。そうすれば、書類は全てメール添付で提出できるからプトラジャヤ詣での必要なし」と大変実践的な(もっと丁寧な言葉で教えてもらったけど、意味合いはこういうことで(笑))アドバイスをいただいた。

そこで、この適切なアドバイスに従い、
http://www.mm2h.gov.my/index.php/en/contact-us/staff-directory

のうちのテキトーな一人(名前が可愛かったw)にメールしてみたが、半日経っても返信なし。
あ、コイツあかんヤツ。
で次。
男性なのか女性なのか分からないけど、とりあえず送ってみたら、その日のうちに返信をくれた。
しかも、「日本人のMM2Hホルダーなんですが」と名乗ったら、名前にsanづけしてくれている。
あ、この人、いいヒト。

で今、全ての書類をpdfにしてメール送信中。

なーんのおもしろいネタもなくスムーズに承認getできるか、苦労する代わりにおもしろネタを提供してくれるかは乞うご期待。

(追記)
この方が日本語で簡潔に説明しておられるのでリンクしておきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/kitsunetokuching/40975166.html
by omoutsubo-bar | 2015-11-27 11:27 | KL移住 | Trackback | Comments(1)
  50歳以上の私たちは、MM2Hビザを取得するための定期預金はRM150,000必要だが、家を買うなど一定の条件下でRM50,000だけ解約する事ができる。
 一方、HSBCでプレミアアカウントをキープするための最低預け入れ残高はRM200,000。

 この国では銀行口座はプレミアアカウントをキープしておいた方が、日本より何かと便利。
プレミアアカウントでないと、銀行窓口で無駄に長い行列を待たないといけないし、駐車場も優先的に確保されない。
もしかしたら、米ドルをリンギに換えるためのDCIもプレミアアカウントでないと利用できないのかも知れない。(調べてないけど)

と言うことで、どうせミニマムの残高を維持するなら解約する必要ないのかも…と最初は思っていたが、そんなことはなかった。
と言うのも定期預金金利。
HSBCは元々定期預金金利がそれほど高くないので、現行のMM2H定期金利は3.3%。

ところがプロモ定期の金利は現在どこでも4%以上になっている。
実際に1年とか半年ほど前に預け入れた1年定期が4.0%とか4.2%だし、今なら色々な銀行で4.5%とか4.6%のプロモもやっている。(期間はそれぞれ違う。)

こんなわけで、低金利で固定されてしまうMM2H定期預金の残高を減らして各行のプロモを渡り歩ける流動性を確保することにした。
夫婦別々にビザを取った私たちは、流動化できるのは二人分でRM100,000。
低金利のまま縛られた場合とプロモ渡り鳥をした場合の金利差最大1.3%とすると日本円にして年間39,000円程度の差に過ぎないが、10年経てばチリも積もるもんねー。

さて、その手続きは→続く
by omoutsubo-bar | 2015-11-27 11:06 | KL移住 | Trackback | Comments(0)
義母の葬儀で日本一時帰国中。
親族のいない一人っ子同士なので、お花豊かな家族葬だったが色んな手続はタイヘン。
ま、馴れてればタイヘンじゃないだろうけど、親の葬儀なんて慣れてるわけないしね。

1年ぶりの日本。寒い。
大阪の満開は来週。
さぶ。

ゴハン、美味しい。
和食、牡蠣フライ、焼肉、お好み焼き。
kLには本物はないからね。

でも、早くKLに戻りたい気持ちが大きい。私のホームKLだから。大阪アウェイだわ。
KL在住の日本人たちが日本を良く言いがちなのは知ってるけど。
私はなんでもキチンとしたがる、めんどくさい東京よりKLが好きだし、声の大きいもの勝ちな大阪より、優しく親切なKLの方が好き。


日本で、日本でしか食べられない美味しいゴハンを一杯食べて、早くKLに帰りたい。
by omoutsubo-bar | 2015-03-30 00:07 | KL移住 | Trackback | Comments(1)
3月に移住して来てすぐビザ手続に行った思う壺ダンナ、失くされたんだか、単純なタイプミスなんだか、無犯罪証明書をapproval letterでrequiredと記載されていた。
で、とにかく1年のビザを発行するから、1年以内に無犯罪証明書を持って来てねと言うことに落ち着いていたのだが、詳しくはコチラ。

http://omoutsubo.exblog.jp/21600855/

 で、行ったわけです、再度。
日本大使館は、依頼した無犯罪証明書が日本から送られたらすぐに電話くれたし。
それを持って、プトラジャヤに行きますた。

 色々と考えて、来週はラマダンで人もいなて仕事が進まないに違いないから、今週行こう。
せっかくsissiちゃんも働き始めたのだから、電車とタクシーではなく、彼女に乗って遠出しよう。

 平日9時半にKLCC出発。
gooleナビでJLN TunRazakを南下し、問題なく高速道路に入り、ナビ子さんが日本語で案内してくれる通りに進んだら、観光局のビルに到着。

 MM2Hの10階フロアは、ラマダン前の週と覚悟したのとは違って、あっけないくらい空いていて、窓口のお兄さんも、3月の悪夢の「無犯罪証明書、ないやん」と同じ人で覚えていてくれて、わりとあっけなくビザget.

ちょっと困ったことと言えば、2回目のビザなので、バスポートと仮承認レターのコピーを取ってくるように言われて、隣の建物のカフェテリアまで取りに行くのに散々迷ったことくらいかな。

 可能であれば、パスポートの写真のページと元のビザのページ、仮承認レターをコピーしていけば次回10年の延長でも面倒がなくていいのかも。
願わくば、そのときにはコピーサービスがMM2Hセンターと同じフロアにあることを。

 帰りには、ちこっとピンクモスクの隣のフードコートに立ち寄ってゴハン食べてきた。

f0189987_1111937.jpg












 
by omoutsubo-bar | 2014-06-26 19:19 | KL移住 | Trackback | Comments(1)