人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

カテゴリ:白金&KL じじばば( 117 )

健康診断の結果、陰性ではあったもののA型とB型の肝炎ワクチンを接種することにしたジジババ2名。
なるべく肝がんも予防し、旨い生の貝も食べて100歳まで楽しみたいからね。




予約は全てアテンダントのSenaさんにWAでできるから楽。
8時半に1階の健診センターで受付。
カウンターで銀行みたいに番号札を取るが、8時半にもなると健康診断の人たちは既に健診プロセスに入っているから空いている。

受付終了から30分ほど待って、9時10分に尿素呼気試験の私が呼ばれる。
通常呼気採取→薬を飲んで20分後に再度呼気採取。
結果は24時間後に出るのでメールで連絡くれる。←翌日送られた結果はピロリはいなくて問題なし。やっぱり40年も棲みついていたピロリンたちは未だ痕跡を残していると見える、しつこいヤツらだw


9時半ちょっと前、思う壺ダンナが肝炎ワクチンに呼ばれる。
尿素呼気試験を済ませた私も、その直後にワクチン接種開始。

看護師さんはとても手慣れていて、患者の名前、接種するワクチン、ワクチンの消費期限を確認後、AとBをそれぞれ両腕に筋肉注射。

筋肉注射って痛いような気がして身構えたが、指示通りに深呼吸をしていたら楽に終了。

痛みに弱いオトコノコの思う壺ダンナはいつまでも注射跡が痛いらしい。
Senaさんから「人によっては翌日腕が上がりにくい人もいるから、塩を入れて熱いおしぼりを作って5~10分患部を温めると楽になる。」とアドバイスを受けたので帰宅してすぐ、緩く絞ったおしぼりを30秒チンして、温湿布をやっておいた。

私はそれほど痛みを感じなかったけど、痛がっていた思う壺ダンナは少し楽になったらしい。

f0189987_10590949.jpg



次回はB型の2回目を来月6月に。
6か月後の11月に、B型の3回目とA型の2回目を接種すれば1セッション完了。

コストは尿素呼気試験が148.10RM。

肝炎ワクチンA型が1回168.80RM。(27円換算すると4,558円)
B型が1回43.60RM。(1,177円)

ちなみに日本で受けるとA型9,720円B型7,560円、任意接種の場合は公的保険の適用外らしい。


今、私たちは日本の居住者ではなく公的保険には入っていないから適用される保険は一切なし。
でも、これだけきちんとやってもらって、支払いが日本円換算して約1万5000円。

民間保険にも入る必要は感じない。







………………………………………………………










by omoutsubo-bar | 2019-05-13 15:38 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
Beaconで健康診断を受けて非常に信頼感が高かったから備忘。





KLの日本人社会では、日本語通訳のいるプリンスコート、グレートイースタン、HSC、或いは西の方にサンウェイメディカルくらいしか知られていないけど、より専門分化した良い病院があると記録しておこう。

心循環器ならIJN。
腹部大動脈瘤を常に観察している思う壺ダンナのかかりつけ病院。
下のフロアはローカルの患者さんたちで混雑しているが、同時にメディカルツーリズムにも積極的で国外からの富裕層患者が多い。
VIPフロアの受付では、インドや中東から来た、やけにリッチそうな患者さんたちもよく見かける。

主治医のクマラ先生は分かりやすい英語で丁寧に説明してくれて、とても信頼感がある。




脳循環器ならSJMC (Subang Jaya Medical Centre)
いずれ脳ドッグを受ける時にはここ。
クマラ先生のお勧め。





癌ならBeacon Hospital。
クマラ先生のお勧めで、東南アジア一の専門医と医療設備を誇る病院。

健康診断が高品質なのと、アテンダントのSenaさんの対応が非常にきめ細やかだった。





4~5年に1回日本に行って、築地の癌研で徹底的な癌健診。
毎年の(時々忘れて2年に1回になってしまったりするけど)健康診断か必要に応じて人間ドックをKLで受診して、100歳まで美味しいゴハンとお酒を楽しんで暮らそう。




………………………………………………………









by omoutsubo-bar | 2019-05-09 08:34 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
健康診断を、初めての病院で受けた。





Beacon Hospital。



KLではプリンスコートで健康診断を受けたことがあったが、普段からわりと健康な生活をしている(飲み過ぎで肝臓は傷めつけているが)つもりの我々の懸案は癌のみ。
特に思う壺ダンナの両親とも癌に罹患しているのでね。

そこで、KLで一番の心循環器専門病院IJNのドクターに「KL一番の癌専門病院」だと紹介されたBeacon Hospitalで健康診断を受けた。

10年以上KLに住んでいるドイツ人の友人に「健康診断でBeaconに行く」と言ったら「Beaconは癌専門病院だから、癌健診も兼ねるのにいいと思う。」と強く勧められた。
彼の友人も癌治療にBeaconに通っているらしい。

と言ってもcancer screeningではなく、まずは腫瘍マーカー6種を含む一般健康診断からなんだけど。



朝7時半に1階にある健診センターに集合。
病院の設備自体は割と古びているのと、インテリアセンスがとても昭和(笑)
要するに、猫足のヨーロッパ調の椅子やら切り株を使った椅子やら、統一性のない家具がごちゃごちゃしていて田舎臭い。

スタッフは華人ばかりでなくマレー系やインド系の人たちもたくさん働いていて、みんなとても親切。
患者と言うか健診利用者はほぼ全員が華人で、マレーかインド系らしきローカルが数人。
外国人は我々だけでもちろん日本語通訳などはいないが、スタッフは私たちに対しては英語を話してくれる。

特にインド系のアテンダントSenaさんがとても親切で、なぜか紛れ込んできた外国人の我々の事を細かく気遣ってくれた。
後で聞くと、日本企業で働いていた経験があり日本人が大好き(笑)
きっと彼女の日本人ボスや同僚が差別意識のない素晴らしい人たちだったんだろうね。

だから、我々がウェブサイトから健診の申込をした時に「うわっ、日本人キターッ」とテンション上がったらしいwww

基本の健診項目はほとんどプリンスコートと変わりないものの、大きなところでは消化器系癌項目であるバリウムと便潜血がないのと、女性の乳がん検診として40歳以上はマンモ、40歳以下超音波に分かれている。
プリンスコートでは年齢に関わらず、両方受けることになっていた。
腫瘍マーカーの項目は同じ。

と、項目が少ない分かなり価格が安め。
2015年にプリンスコートで受けた健康診断は、女性の基本項目で2,100リンギ。
今回のBeaconはプロモ期間と言う事もあって1,648リンギ。(ただし上記の通り、バリウム胃検査と便潜血、その他の眼底健診などなし)

途中でなぜかレントゲンと同時に行うはずの私のマンモ検査が抜け落ちてしまっていたことが分かって、再度レントゲン室連れていかれたことを除けば、なんと言うことなく順調に終わって12時には終了。

検査結果は4時以降に出るが、待つのも夕方のラッシュアワーに来るのも嫌だったので、別の日程に予約を入れた。


そして後日。
健診結果を聞きに行くと、この対応が圧倒的にプリンスコートよりも良かった。

健診結果を聞くだけに30分近く、先生が丁寧に説明してくれる。
わりと機械的に「問題ない」の連続だったプリンスコートの結果発表と違って、一つ一つの説明が丁寧。

深刻ではないものの、やや高めの数値があると細かく説明してくれる上に、持ち込んだ前回の日本での健診結果も非常に丁寧に比較して(華人ドクターのTan先生は漢字を理解してくれるのでw)指導をしてもらえる。

我々からは、せっかく癌専門病院での健診なのだから追加で内視鏡と胸部CTスキャンを受けたいと申し出たが、2年前の築地の癌健診センターの結果を読んで、「今年は必要なし」と判断された。


私の異常値はコレステロールや肝臓とピロリ。
ピロリ菌の抗体レベルが標準より高いので、後日尿素呼気試験を受けることになった。

コレステロールはcrestor投薬開始。

f0189987_08141869.jpg

同時に脂肪肝予防のサプリメントLegalonを1日3回、3か月続けることになった。

f0189987_08085439.jpg

思う壺ダンナは以前は私よりコレステロール値が悪かったが、既に2年前に投薬開始したので今回は正常値に回復。
腹部動脈瘤は既にIJNで観察を継続しているので、いつも言われる脂肪肝のみが異常値。


20年前にやっつけたはずのピロリが再度疑われたことのみ意外だったが、後は毎日お酒を飲む我々としては想定範囲内。
1週間の禁酒なんて意味なかったね(笑)←と言うか、1週間禁酒しても高いままのγGTPを反省しろよw



また、B型とA型肝炎の予防接種も勧められた。
検査結果では陰性だし、特に感染しそうな環境ではないのだが、B型肝炎のワクチンで将来の肝がんを予防できる。

A型肝炎はB型より深刻ではないらしいが、汚染された水や魚介類から感染するので、東南アジアに住んで生魚を食べる我々には必須かもしれない。


B型肝炎



A型肝炎




その後アテンダントのSenaさんが「一般健診には入っていない項目だけど、眼圧とか網膜の検査が通常80リンギのところ、今はプロモで無料でできる。時間があるなら受けて行ってね」と手続きも進めてくれたので受けてみた。

私、両眼とも眼圧12。20以下なら正常。
思う壺ダンナ、怖くてどうしても目を開けて検査してもらえず断念w

網膜、2人とも問題なし。
よっしゃ、高齢による白内障とか緑内障にはまだ遠い。



特に大きな問題がなければ機械的に「大きな異常はありませんね。肝臓悪いから、節酒してくださいね。以上。」で済んでしまったプリンスコートより、ドクターのコンサルが丁寧だったことがすごくポイント高い。

ちょっと妙な家具のマイナスを十分にカバーしてくれるよね、病院だもの、ヘンな家具なんてどーでもいいから。


こんなわけで2年ぶりの健康診断はほぼ問題なく終了。
来年も同じ時期に一般的な健康診断と、Tan先生に「最後の検査から3年後で十分」と判断された胸部CTスキャンを入れる予定。





………………………………………………………



by omoutsubo-bar | 2019-05-09 06:55 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
全く去年は楽しすぎて遊び過ぎた。

健康診断は2017年に日本に行って築地の癌研で受けた癌健診が最後。
築地で受ける徹底的な癌健診は3年に一度程度でいいけど、普通の健康診断はKLで受けておきたい。

そこで前回思う壺ダンナがIJNに行ったときにドクターに、「循環器はこちらの病院がベストなのは分かっているから、癌のスペシャリストはどこの病院?」と聞いてくれた。

先生がピックアップしてくれたのが、

Beacon Hospital。
タイトルに既にマレーシア随一の癌専門病院とか書いてるし↓


あと、Sunway Medical Centre




両者の健診パッケージを比較すると、サンウェイの通常の健診パッケージには癌健診の項目がない。
一方ビーコンは、一番お安いベーシックパッケージにも腫瘍マーカーと婦人科癌項目が入っている。

健診パッケージの松竹梅を比較すると、竹のエッセンシャルヘスルパックも松のアドバンスドヘルスパックも項目は同じ。

という事で、病院に連絡して日程調整してみよう。
血液検査前1週間ほど禁酒となると、イベントの入っていない5月以降だな(笑)

予定しているパッケージはこちらのEssential Health Pack。










………………………………………………………

by omoutsubo-bar | 2019-03-21 12:59 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
日本にいた時から、風邪は喉から来るタイプ。
朝起きると喉がイガイガする。
そしていったん風邪をひくと喉、鼻、熱とフルコースで峠を越えないと治ってくれない。

ところが常夏のKLに移住してからは風邪のタイプも変わったみたいで割と軽く済むようになり、記録を見ると1年ぶりの風邪っぽい。

しかし今回オモシロイのが、「たった今から風邪に入りました」感がすごかった(笑)

きのうの朝(時計で正確な時間を確認しておけばよかったw)、突然くしゃみを4回。
その瞬間に喉が痛くなって、明らかな風邪のイガイガ感。

今はやや背筋がゾクゾクして軽い咳。
熱はなさそうだが、なんとなくボンヤリとだるい。

まさに風邪の症状。

でも去年の風邪もフルコースを通り過ぎず3日くらいで終わってしまったから、おとなしくしてたらすぐに回復するかも。




………………………………………………………






by omoutsubo-bar | 2018-11-20 10:10 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
きのう1日、松葉づえなしで生活してみた。
ちょうどつぶちんの通院日だったので、狭い動物病院の待合室を杖をついて歩くのも迷惑な気がして。

ところが夜、右足だけ浮腫みがひどい。
長時間、足を下にして座って待っていると完治してはいない右足には負担らしい。
しかも、歪んだ姿勢での歩行は、かなり腰にも負担がかかる。

なので姿勢をなるべく正常に保つために、補助的に松葉杖は1本使用することにした。

内出血もまだ引いていない。
完全に元通りになるには、どのくらいかかるのだろう。







………………………………………………………



by omoutsubo-bar | 2018-08-02 06:31 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
怪我からちょうど1週間。
右足は引きずるものの松葉づえなしで歩けるまで回復した。

f0189987_08392197.gif
ほとんど腫れが引いて、最後に残る腫れと押さえた時の痛みは、この図の踵腓靭帯のあたりに残っている。
踝の下のやや後ろ側。

怪我当日には内出血していないと思っていたが、数日すると足の裏近くや内くるぶしの横あたりが広範囲に青くなっていて、内出血したものが重力で下に下がって溜まってきている様子だった。

今もまだ内出血の痕は残っているが、少しずつ消えて行く途中。

完全に元通りになって、普通の歩行ができるまでにはまだしばらくかかりそうだが、とりあえず日常生活は通常モード。
ただ、びっこを引くせいで腰が痛い。

今夜からは捻挫の患部ではなくて腰に湿布剤を貼らないと。
歳をとると怪我そのものだけでなく、こういう副作用がもれなくついてくるからタイヘンだわ。




………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2018-08-01 08:46 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
怪我から4日。
足は順調に回復して、腫れもあまり目立たなくなってきた。
まだ少し踝の後ろの下付近に腫れが残っているが。

最初2日は右足には全く力をかけられず、家の中も松葉づえ2本使って移動。
全身の体重を2本の杖にかけながら移動するため、杖の高さは1段低め。
背筋を曲げるような状態で松葉づえに覆いかぶさっていた。

しかも移動する時に手に何も持てない。
携帯も水の入ったカップも。
だから首からバッグをぶら下げて、その中に手荷物を入れて移動していると思う壺ダンナから「虚無僧」とからかわれる。
当面コムちゃんと呼んでくれw

それでも友人ドクターの指示通り、1日に3回以上10分間は冷やすことと安静をキープしていたら、そろそろ松葉づえがなくてもゆっくり移動できるところまで回復した。
ただし家の中だけ。

外では足元も平らとは限らないし、思いがけない障害にぶつかる危険もあるので、松葉づえ1本体制に変更した。
なので杖の高さも1段上げて、普通の姿勢でまっすぐに立った時に脇の下に来るように調整。
体重をかけると言うよりふらつかないように補助する目的で。

今週は人と会う約束や用事が目白押しだけど、気を付けて外出したい。




………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2018-07-29 09:08 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
3日前の水曜日。
建物を探して上を見ていたために、歩道の斜めの段差に気づかず右足首を捻挫した。
やった直後は少し歩けて、そのまま目的の建物まで思う壺ダンナの腕に支えてもらって移動。
その後約5分程度駐車場まで歩けたので骨折はしていないと思う。

でも歩いていて、これは軽く捻った程度ではなく、後からどんどん腫れてくるだろうなと分かっていた。
で、帰宅。

既にくるぶしの下が腫れあがっていて、もう歩ける状態ではなくなっていた。
事故後に歩けたことから骨折ではなく捻挫、捻挫ならまずは冷やすこと、安静を保つことと自己診断して病院に行っていない。

日本と違ってKLには簡単に行ける近所の整形外科なんてないし、いったん大病院に行ったらそれだけでたくさん待たされ、院内を移動させられ、治療は単に冷やすだけだと分かっているので行く気にならない。

ラッキーなことに3年ほど前に思う壺ダンナが足を骨折した時に購入した松葉づえが手元にあるため家庭内移動にも足に負担をかけず安静を保つことができる。

翌日のランチは店の目の前に駐車場のあるイタリアンに。
そして今日は、元々予約を入れていたネイルサロンに行ったのだが、これはKL中心地にある観光客にも人気のパビリオンと言うショッピングモールにある。

なのでコンシェルジュデスクまで松葉づえで行って、車いすを貸してもらった。

モール内は段差もなく移動も楽々。

きちんと冷やして安静にしているのが功を奏しているのか、昨日よりは腫れも引いて歩きやすくなってきている。
しかも重ねてラッキーなことは、明日一緒に食事する約束の友人が整体のドクター!
「捻挫したから松葉づえついて行くけど心配しないでね」と伝えたら、
「1日3回10分ずつは冷やせ。会う時に診察してあげる。」
との嬉しいお言葉。

それにしても怪我人に対してみんな優しい。

朝のPuduでは、松葉づえで歩く私のために椅子から立ち上がってまで通路を開けてくれる見知らぬお客さんとか。

華人のネイリストは、いつも「はぁーっ?!」ってヤンキーみたいな返事をするので、日本人の顧客の中には「態度が失礼」って怒ってしまった人もいるんだけど(笑)
その彼女がものすごく心配して気遣ってくれる。

ちなみにチャイニーズの「はぁーっ?」は華人テキには失礼な返事じゃなくて、たまたま日本語でヤンキーにメンチ切られる発音と一緒w
なので日本の皆さん、誤解しないであげてね。
華人の皆さんは日本に行ったら、あの「はぁーっ?」は使わないように(笑)


こんなわけで、怪我はしたものの周りの皆さんの親切に支えられて楽しい経験をしておりますデス。

一番支えてくれてるのはもちろん思う壺ダンナ。
ありがとうね、水持ってこいだの、湿布しろだの、完全に召使状態でお世話してくれてね。
感謝してますと言う業務連絡ですわ。




………………………………………………………
















by omoutsubo-bar | 2018-07-27 18:39 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(2)
若い頃と違ってフツーにしてたら不潔っぽくなってしまう中年層とか高齢者。
まずは歯を白く保つことは大切。

鏡を見て白髪と皺は致し方ないので受け入れられるけど、きちんとケアしないからキタナイ歯って許しがたいよね、自分で。
赤ワイン飲んだ後にふと鏡見ると、鬼婆みたいな自分の歯にキブンがダダ下がるし(笑)

なので3か月に1回はホワイトニング。

前回は唇に薬剤を付けたまま施術されて火傷被害にあった思う壺ダンナ。
施術前にしっかりと注意喚起していた。
おかけで痛い目に合わなかった私の方も、やたら丁寧に保護クリームをつけてもらってベトベトw
いえ、私は大丈夫だったんですけどね。

見苦しいので実際の歯は見せませんが、1セッションの施術で4段階白くなったらしい。

f0189987_17322490.jpg
施術前のD2A2の色味がB1と040に。
歯のくすみやすい思う壺ダンナも2セッションで出来上がりがB1に。

今回はこれで10回分の回数券を使い終えたので、今後はきちんと歯科医がいて(いや、ここも一応資格者はいるらしいけど治療のできないペーパー歯科医らしいので。)技術の確かなところにサロンを変更する予定。
居心地の良いソファは捨てがたいんだけど、やっぱり医療系は信頼おけるドクターのいるところの方が安心だ。


………………………………………………………






by omoutsubo-bar | 2018-07-24 17:37 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)