人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

カテゴリ:白金&KL じじばば( 121 )

酔っ払いが…と言うよりババアがものを探すときのコツなんだけど、ハイ。58歳のおばちゃんが。



蓋の付いた保温カップがみつからない。
PuduのJoeにクリスマスにもらったビアカップを、氷の解けないカップとして書斎で水を飲むのに使っている。


ところが、見つからない時がたまにある。
書斎から持ち出して、どっかで飲むからですねジニーちゃんが。←酔っぱらった時の別人格。




こういう時の探すコツは。

蓋←大抵、元の場所、書斎のデスク脇とか、ドライキッチンの冷蔵庫前に置き去りにされている。



この蓋を連れて、家中を歩きます。

「相方、どこに行ったんか聞いて。」

「怒らへんから、出ておいで。」

「優しくするから。」



すると大抵出てきます。
今日は、ウェットキッチンの冷蔵庫の上。



人生もな、60年くらい過ぎると自分の別人格とも道具とも話せるようになるんだよ。
あと40年したら、絶対付喪神と喋れるようになるぜ、見とけよ。






………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2019-09-08 19:32 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
歯のホワイトニングを始めたのは30代半ば、もう30年近く前。
当時は日本ではホワイトニングを扱う審美歯科も少なくて、仕事で親しくなって彼のクリニックでレーシック手術もしてもらった坪田先生(今は慶応大学の眼科の教授)の歯が印象的に真っ白(ゲーノージンかってくらい(笑))だったのに興味を持って、坪田先生のご兄弟の歯科クリニックを紹介してもらったのが初めて。

その頃は、自分専用のマウスピースを作ってもらって、毎晩薬剤を塗ったマウスピースをつけて寝ると言うホームホワイトニングだった。
家庭でやるものだから薬剤はそんなに強いものではなかったはずだが、初めてマウスピースを装着した翌日は歯の疼痛があった記憶がある。
その後慣れたけど。

数年後だったか、インプラント手術をしてマウスピースに歯型が合わなくなったタイミングくらいで普及し始めていたオフィスホワイトニングに移行。
その後は半年とか1年に1回、歯医者でホワイトニングをしていたが日本で普及していたのはそれほど強いものではなかったのか、施術後に疼痛を感じた記憶はあまりない。


そして今回、米国シェアNo.1と言われるZoomホワイトスピードを初めて経験。

そしたら疼痛はほぼ1日、20時間くらい続いた。
さすが米国製。薬剤もなかなか強いのかも。
しかも4セッション照射したし。



以前のホワイトニングは普通程度に笑った時に前から見える部分を白くするだけで糸切り歯より後ろの方までは行き渡らない感じだったが、今回はさすがに本格的なマウスピースでがっちり口を開けさせられ奥歯の前側までしっかり照射される。

だから20本分は白くなって、自分で大口を開けてみた時に奥まで白くてキモチいい。←以前はホワイトニングした歯と、できていない奥の歯にはっきりとした色の差があって、自分でちょっと嫌だった。人には見られないけど。

その代わり、1時間以上かかる施術中の頑丈なマウスピースと歯茎保護のためにしっかり詰められる保護材の圧迫のせいで、半日くらいは下顎が疲れて痛かった。



24時間以内の食事は、朝食が思う壺ダンナ特製中華粥。
ランチが、La Risataでトマトソースを使わないきのこの白いピザとレモンを絞らずタルタルソースだけの烏賊リングフライ。

2日目は、朝食に塩味ラーメン。
ランチが、La Risataでカルボナーラ。

ようやく3日目に鮨。
来週は、カレー食べちゃうぞ♪






………………………………………………………








by omoutsubo-bar | 2019-09-06 07:47 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
とまあ、こうやってGoogle Mapをじっくり吟味して見つけたのが。





タマンデサのWe Smile Dental。
若い華人の歯科医が2年前にオープンしたクリニック。
新しくてきれいだし清潔だし、待合室にはカプセル式コーヒーメーカーまで置かれている。ホワイトニング施術の私は飲まないけど。



事前の問い合わせにも丁寧に答えてもらい、前日には確認WAも届き、いざ初クリニック。

少なくとも48時間はもう食べられなくなるので、最後の晩餐(朝だけど)にクチャイラマで麻婆豆腐を食べた後に訪ねたクリニックは明るい雰囲気で受付のお姉さんもフレンドリー。

診察室に入ると口腔内チェックの後スケーリングをしてもらったが、その丁寧さに驚いた。
そして歯磨き方法やフロスの使い方指導と一般的な予防歯科指導の後、非常に丁寧に唇と歯茎の保護をしてくれる。
これなら絶対に火傷させられる心配はない。

そして1時間以上かけてZoomのホワイトニングを4回。
もしも歯に疼痛が現れたら3回で終わらせることもあるが、痛みがなければ4回が1セットらしい。

最後に痛みがあれば塗布するジェルと、歯磨きペーストももらって終了。
丁寧に時間をかけたスケーリングも合わせて一人当たりしっかり2時間かかった。

思う壺ファミリーのうちのニンゲン2名、ジブン史上最白!←つぶちんは生まれて7年9か月、ホワイトニングしたことのない歯なので割とくすんでる。

さて、目下の課題はここ数日の白いゴハンは何を食べようかってコトだ。
ビールも飲んではいけないし。
明日はLa Risataに白ワイン持込でキノコの白いピザにしよう。


自分の写真はハズカシイから公式の施術前後写真を貼り付けときます。





ちなみにここ、トイレのドアにカタカナで「トイレット」って書いてあるから日本人患者が多いのかと思って尋ねたら
「ほとんどいない」
だって。
あの日本語表記は一体なに?(笑)



………………………………………………………












by omoutsubo-bar | 2019-09-04 22:01 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
1年ぶりの歯のホワイトニング。
以前はパブリカにあった日本人経営のホワイトニング専門サロンに行ってたけど、思う壺ダンナが口腔内に火傷をさせられた。

これって地味に痛みが長引くらしく、気づいた時には「唇の内側に薬剤をつけられてしまって、そこが沁みる」と我慢できる程度の様子だったのに、結局その後2週間ビールの炭酸が沁みて大好きなビールを楽しめないとか、四川料理は食べられないとか酷い目に遭ってた。


確かに私たち、ホワイトニングを甘く見てしまってたかも。

そこの施術スタッフのお姉さんは一応日本の歯科免許を持っているとは言うが、インプラントとかRCTとか歯科治療に関する知識が実体験ある患者の我々に及ばない。

それでもホワイトニングは歯科治療ではないから、「ペーパー歯科医でもかまわない。ソファもゆっくりできて、きれいなサロンだし…」と何度か通っていたが、さすがに怪我させられると、キブンもダダ下がるよね。

で、もうそこには行かないことにした。
じゃあ、代わりにどこに行こうかと考えると。



インプラントやRCTをしてもらって、腕が確かな事の分かっているバンサーのBala Dentalは審美歯科じゃない。
あの先生、ものすごい自信家だから「審美歯科なんてケッ、俺サマは外科手術の腕で勝負だ」とか言って鼻で笑いそうだしwww


と言う訳で次こそ本物の、審美歯科にも力を入れている歯医者さんを探そうとGoogle Map検索。

日本語フリーマガジンだとか英語のまとめ記事はあるけど、この手の広告媒体は信頼置けない。
要するに記事風「広告」なんだからw

Google Mapにはクチコミ機能があるので、まずはこれを参考にして家から遠くなくて評判の良いクリニックを探す。

気にかかるところがあれば、クチコミをじっくり吟味。
まずは点数の低いクチコミの内容を読んで、ホントにダメなのか書き手の我儘なのかを判定。
逆に最高点をつけているクチコミで、その書き手がそのクチコミ以外に投稿していない場合はサクラとみなして無視。
丁寧に実体験を書いて評価しているクチコミの内容で判断する。

そうやってふるいにかけて残ったところは、普通公式ホームページかFacebookのアカウントにコンタクト。



最終的にGoogle Map検索から残った先は3つあったんだけど、予約をしたのがWe Smile Dental Clinic。

実はここ、クチコミ評価が良すぎて、最初は胡散臭いと思ったw

だって、最高点の5点をつけてるクチコミばかりなんだよ。
4点以下が一つもない。
これって絶対、「Google Mapに最高点つけてクチコミ投稿してくれたらディスカウントする」とかってやってるよねーって思って。←実際に行ってみたら、そんなこと全く言われなかった。疑ってゴメン。


でもFacebookアカウントから問い合わせした時の回答がとても丁寧で誠実だったので、最終的にここに予約した。

そしたら、素晴らしかった。






………………………………………………………












by omoutsubo-bar | 2019-09-04 21:25 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
健康診断の結果、陰性ではあったもののA型とB型の肝炎ワクチンを接種することにしたジジババ2名。
なるべく肝がんも予防し、旨い生の貝も食べて100歳まで楽しみたいからね。




予約は全てアテンダントのSenaさんにWAでできるから楽。
8時半に1階の健診センターで受付。
カウンターで銀行みたいに番号札を取るが、8時半にもなると健康診断の人たちは既に健診プロセスに入っているから空いている。

受付終了から30分ほど待って、9時10分に尿素呼気試験の私が呼ばれる。
通常呼気採取→薬を飲んで20分後に再度呼気採取。
結果は24時間後に出るのでメールで連絡くれる。←翌日送られた結果はピロリはいなくて問題なし。やっぱり40年も棲みついていたピロリンたちは未だ痕跡を残していると見える、しつこいヤツらだw


9時半ちょっと前、思う壺ダンナが肝炎ワクチンに呼ばれる。
尿素呼気試験を済ませた私も、その直後にワクチン接種開始。

看護師さんはとても手慣れていて、患者の名前、接種するワクチン、ワクチンの消費期限を確認後、AとBをそれぞれ両腕に筋肉注射。

筋肉注射って痛いような気がして身構えたが、指示通りに深呼吸をしていたら楽に終了。

痛みに弱いオトコノコの思う壺ダンナはいつまでも注射跡が痛いらしい。
Senaさんから「人によっては翌日腕が上がりにくい人もいるから、塩を入れて熱いおしぼりを作って5~10分患部を温めると楽になる。」とアドバイスを受けたので帰宅してすぐ、緩く絞ったおしぼりを30秒チンして、温湿布をやっておいた。

私はそれほど痛みを感じなかったけど、痛がっていた思う壺ダンナは少し楽になったらしい。

f0189987_10590949.jpg



次回はB型の2回目を来月6月に。
6か月後の11月に、B型の3回目とA型の2回目を接種すれば1セッション完了。

コストは尿素呼気試験が148.10RM。

肝炎ワクチンA型が1回168.80RM。(27円換算すると4,558円)
B型が1回43.60RM。(1,177円)

ちなみに日本で受けるとA型9,720円B型7,560円、任意接種の場合は公的保険の適用外らしい。


今、私たちは日本の居住者ではなく公的保険には入っていないから適用される保険は一切なし。
でも、これだけきちんとやってもらって、支払いが日本円換算して約1万5000円。

民間保険にも入る必要は感じない。







………………………………………………………










by omoutsubo-bar | 2019-05-13 15:38 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
Beaconで健康診断を受けて非常に信頼感が高かったから備忘。





KLの日本人社会では、日本語通訳のいるプリンスコート、グレートイースタン、HSC、或いは西の方にサンウェイメディカルくらいしか知られていないけど、より専門分化した良い病院があると記録しておこう。

心循環器ならIJN。
腹部大動脈瘤を常に観察している思う壺ダンナのかかりつけ病院。
下のフロアはローカルの患者さんたちで混雑しているが、同時にメディカルツーリズムにも積極的で国外からの富裕層患者が多い。
VIPフロアの受付では、インドや中東から来た、やけにリッチそうな患者さんたちもよく見かける。

主治医のクマラ先生は分かりやすい英語で丁寧に説明してくれて、とても信頼感がある。




脳循環器ならSJMC (Subang Jaya Medical Centre)
いずれ脳ドッグを受ける時にはここ。
クマラ先生のお勧め。





癌ならBeacon Hospital。
クマラ先生のお勧めで、東南アジア一の専門医と医療設備を誇る病院。

健康診断が高品質なのと、アテンダントのSenaさんの対応が非常にきめ細やかだった。





4~5年に1回日本に行って、築地の癌研で徹底的な癌健診。
毎年の(時々忘れて2年に1回になってしまったりするけど)健康診断か必要に応じて人間ドックをKLで受診して、100歳まで美味しいゴハンとお酒を楽しんで暮らそう。




………………………………………………………









by omoutsubo-bar | 2019-05-09 08:34 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
健康診断を、初めての病院で受けた。





Beacon Hospital。



KLではプリンスコートで健康診断を受けたことがあったが、普段からわりと健康な生活をしている(飲み過ぎで肝臓は傷めつけているが)つもりの我々の懸案は癌のみ。
特に思う壺ダンナの両親とも癌に罹患しているのでね。

そこで、KLで一番の心循環器専門病院IJNのドクターに「KL一番の癌専門病院」だと紹介されたBeacon Hospitalで健康診断を受けた。

10年以上KLに住んでいるドイツ人の友人に「健康診断でBeaconに行く」と言ったら「Beaconは癌専門病院だから、癌健診も兼ねるのにいいと思う。」と強く勧められた。
彼の友人も癌治療にBeaconに通っているらしい。

と言ってもcancer screeningではなく、まずは腫瘍マーカー6種を含む一般健康診断からなんだけど。



朝7時半に1階にある健診センターに集合。
病院の設備自体は割と古びているのと、インテリアセンスがとても昭和(笑)
要するに、猫足のヨーロッパ調の椅子やら切り株を使った椅子やら、統一性のない家具がごちゃごちゃしていて田舎臭い。

スタッフは華人ばかりでなくマレー系やインド系の人たちもたくさん働いていて、みんなとても親切。
患者と言うか健診利用者はほぼ全員が華人で、マレーかインド系らしきローカルが数人。
外国人は我々だけでもちろん日本語通訳などはいないが、スタッフは私たちに対しては英語を話してくれる。

特にインド系のアテンダントSenaさんがとても親切で、なぜか紛れ込んできた外国人の我々の事を細かく気遣ってくれた。
後で聞くと、日本企業で働いていた経験があり日本人が大好き(笑)
きっと彼女の日本人ボスや同僚が差別意識のない素晴らしい人たちだったんだろうね。

だから、我々がウェブサイトから健診の申込をした時に「うわっ、日本人キターッ」とテンション上がったらしいwww

基本の健診項目はほとんどプリンスコートと変わりないものの、大きなところでは消化器系癌項目であるバリウムと便潜血がないのと、女性の乳がん検診として40歳以上はマンモ、40歳以下超音波に分かれている。
プリンスコートでは年齢に関わらず、両方受けることになっていた。
腫瘍マーカーの項目は同じ。

と、項目が少ない分かなり価格が安め。
2015年にプリンスコートで受けた健康診断は、女性の基本項目で2,100リンギ。
今回のBeaconはプロモ期間と言う事もあって1,648リンギ。(ただし上記の通り、バリウム胃検査と便潜血、その他の眼底健診などなし)

途中でなぜかレントゲンと同時に行うはずの私のマンモ検査が抜け落ちてしまっていたことが分かって、再度レントゲン室連れていかれたことを除けば、なんと言うことなく順調に終わって12時には終了。

検査結果は4時以降に出るが、待つのも夕方のラッシュアワーに来るのも嫌だったので、別の日程に予約を入れた。


そして後日。
健診結果を聞きに行くと、この対応が圧倒的にプリンスコートよりも良かった。

健診結果を聞くだけに30分近く、先生が丁寧に説明してくれる。
わりと機械的に「問題ない」の連続だったプリンスコートの結果発表と違って、一つ一つの説明が丁寧。

深刻ではないものの、やや高めの数値があると細かく説明してくれる上に、持ち込んだ前回の日本での健診結果も非常に丁寧に比較して(華人ドクターのTan先生は漢字を理解してくれるのでw)指導をしてもらえる。

我々からは、せっかく癌専門病院での健診なのだから追加で内視鏡と胸部CTスキャンを受けたいと申し出たが、2年前の築地の癌健診センターの結果を読んで、「今年は必要なし」と判断された。


私の異常値はコレステロールや肝臓とピロリ。
ピロリ菌の抗体レベルが標準より高いので、後日尿素呼気試験を受けることになった。

コレステロールはcrestor投薬開始。

f0189987_08141869.jpg

同時に脂肪肝予防のサプリメントLegalonを1日3回、3か月続けることになった。

f0189987_08085439.jpg

思う壺ダンナは以前は私よりコレステロール値が悪かったが、既に2年前に投薬開始したので今回は正常値に回復。
腹部動脈瘤は既にIJNで観察を継続しているので、いつも言われる脂肪肝のみが異常値。


20年前にやっつけたはずのピロリが再度疑われたことのみ意外だったが、後は毎日お酒を飲む我々としては想定範囲内。
1週間の禁酒なんて意味なかったね(笑)←と言うか、1週間禁酒しても高いままのγGTPを反省しろよw



また、B型とA型肝炎の予防接種も勧められた。
検査結果では陰性だし、特に感染しそうな環境ではないのだが、B型肝炎のワクチンで将来の肝がんを予防できる。

A型肝炎はB型より深刻ではないらしいが、汚染された水や魚介類から感染するので、東南アジアに住んで生魚を食べる我々には必須かもしれない。


B型肝炎



A型肝炎




その後アテンダントのSenaさんが「一般健診には入っていない項目だけど、眼圧とか網膜の検査が通常80リンギのところ、今はプロモで無料でできる。時間があるなら受けて行ってね」と手続きも進めてくれたので受けてみた。

私、両眼とも眼圧12。20以下なら正常。
思う壺ダンナ、怖くてどうしても目を開けて検査してもらえず断念w

網膜、2人とも問題なし。
よっしゃ、高齢による白内障とか緑内障にはまだ遠い。



特に大きな問題がなければ機械的に「大きな異常はありませんね。肝臓悪いから、節酒してくださいね。以上。」で済んでしまったプリンスコートより、ドクターのコンサルが丁寧だったことがすごくポイント高い。

ちょっと妙な家具のマイナスを十分にカバーしてくれるよね、病院だもの、ヘンな家具なんてどーでもいいから。


こんなわけで2年ぶりの健康診断はほぼ問題なく終了。
来年も同じ時期に一般的な健康診断と、Tan先生に「最後の検査から3年後で十分」と判断された胸部CTスキャンを入れる予定。





………………………………………………………



by omoutsubo-bar | 2019-05-09 06:55 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
全く去年は楽しすぎて遊び過ぎた。

健康診断は2017年に日本に行って築地の癌研で受けた癌健診が最後。
築地で受ける徹底的な癌健診は3年に一度程度でいいけど、普通の健康診断はKLで受けておきたい。

そこで前回思う壺ダンナがIJNに行ったときにドクターに、「循環器はこちらの病院がベストなのは分かっているから、癌のスペシャリストはどこの病院?」と聞いてくれた。

先生がピックアップしてくれたのが、

Beacon Hospital。
タイトルに既にマレーシア随一の癌専門病院とか書いてるし↓


あと、Sunway Medical Centre




両者の健診パッケージを比較すると、サンウェイの通常の健診パッケージには癌健診の項目がない。
一方ビーコンは、一番お安いベーシックパッケージにも腫瘍マーカーと婦人科癌項目が入っている。

健診パッケージの松竹梅を比較すると、竹のエッセンシャルヘスルパックも松のアドバンスドヘルスパックも項目は同じ。

という事で、病院に連絡して日程調整してみよう。
血液検査前1週間ほど禁酒となると、イベントの入っていない5月以降だな(笑)

予定しているパッケージはこちらのEssential Health Pack。










………………………………………………………

by omoutsubo-bar | 2019-03-21 12:59 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
日本にいた時から、風邪は喉から来るタイプ。
朝起きると喉がイガイガする。
そしていったん風邪をひくと喉、鼻、熱とフルコースで峠を越えないと治ってくれない。

ところが常夏のKLに移住してからは風邪のタイプも変わったみたいで割と軽く済むようになり、記録を見ると1年ぶりの風邪っぽい。

しかし今回オモシロイのが、「たった今から風邪に入りました」感がすごかった(笑)

きのうの朝(時計で正確な時間を確認しておけばよかったw)、突然くしゃみを4回。
その瞬間に喉が痛くなって、明らかな風邪のイガイガ感。

今はやや背筋がゾクゾクして軽い咳。
熱はなさそうだが、なんとなくボンヤリとだるい。

まさに風邪の症状。

でも去年の風邪もフルコースを通り過ぎず3日くらいで終わってしまったから、おとなしくしてたらすぐに回復するかも。




………………………………………………………






by omoutsubo-bar | 2018-11-20 10:10 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)
きのう1日、松葉づえなしで生活してみた。
ちょうどつぶちんの通院日だったので、狭い動物病院の待合室を杖をついて歩くのも迷惑な気がして。

ところが夜、右足だけ浮腫みがひどい。
長時間、足を下にして座って待っていると完治してはいない右足には負担らしい。
しかも、歪んだ姿勢での歩行は、かなり腰にも負担がかかる。

なので姿勢をなるべく正常に保つために、補助的に松葉杖は1本使用することにした。

内出血もまだ引いていない。
完全に元通りになるには、どのくらいかかるのだろう。







………………………………………………………



by omoutsubo-bar | 2018-08-02 06:31 | 白金&KL じじばば | Trackback | Comments(0)