人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

2019年 07月 13日 ( 1 )

日本で最後に停電を経験したのは、多分60年近く前。
まだ就学前の幼児の頃に、突然停電することが度々あった微かな記憶があるが、それが最後。
今だから告白できるが、2011年の震災直後に東京中が計画停電した時期に都心3区だけは停電しなかった。千代田区は官公庁、中央区は東京株式市場。そして港区は大半の大使館があるため、政治経済外交上の理由で停電対象とはならなかったと聞いている。

それがマレーシアに来てから停電は日常。
ラウンドアバウトの信号が消えていても今更驚かないし←そもそもラウンドアバウトだから信号なしでもみんな徐行して行き交うことができる。

コンドの電気設備メンテのための停電も新築入居当時は数か月ごとにあったし、今でも年に1回くらいメンテ停電がある。

初めてのメンテ停電の日に工事の予定が入っていて急遽工事を延期してもらった時には、ビックリしてマネジメントオフィスに確認したら「掲示板に貼り出した」。
確かに。建物裏にある、その存在すら知らなかった掲示板に、期限のとっくに過ぎた案内と全く同じレベルで(つまり「重要」と大きなフォントで赤書きすることなく)さらっと貼り出されていた。

それ以来、掲示板を定期的に見に行くことは欠かさないようにしている。←日々これ学びですな。


さすがにマネジメントオフィスもこれではマズイと分かったらしく、その後は大フォント赤書き"Notice"と目を引く書き方に変わったし、エレベーターの中に貼り出すようになった。
念のために住民には登録してあるメアドにも連絡が届く。
朝10時実施の9分前、9時51分に受け取ったんだけどwww




さて、既に慣れている私たちは、まず外出のスケジュールを調整。
全エレベーター停止中に帰宅すると階段で部屋まで上ることになるからね。


当日は思う壺ダンナが雷サージプロテクターとかパソコンとかの電源を落として。
冷蔵庫を頻繁に開けられないから、特に今は2時間ごとにつぶちんの給餌があるので、アイスパックを入れた保冷バッグに必要物を移して簡易冷蔵庫。

停電中はエアコン、シーリングファン、ワイファイ、パソコンいずれも使えないから暑い書斎から涼しいリビングに退避。
風の通り抜ける窓際でモバイルワイファイとiPad利用。


エレベーター停止前に遊びに出かけて、戻ってきたら生活は元通りになっていた。
ビルトイン電子レンジの時計だけ時刻合わせしないといけないけど。


こんな風に年に1回くらいは計画停電のあるKLです。







………………………………………………………




by omoutsubo-bar | 2019-07-13 06:58 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)