人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

2019年 06月 25日 ( 1 )

日曜日に、多いかなと思いつつも10缶買っておいてよかった。
日曜の夜に開缶したフードは、火曜の朝一番でなくなった。
大体計量していたので、月曜1日で100g~110gを食べ切ったことが分かる。
内容量150gなので2/3缶。
10缶のフードは約2週間しか持たない。

もっとも、これはあくまでも消化器疾患の猫用療養食だからウンチが元通りになれば離脱して通常のドライフードに戻す予定。

たくさん食べたので体重は理想的な855gに回復。
前日の計量で832gだったから一気に23g増加。
3日前に最低体重801gまで落ちたので、積極的に食べさせてなんとか800g台を死守したかった。


ウンチは大体80点前後の状態で、まず下痢状便はなくなった。
ただ惚れ惚れするようなバナナ様ウンチを製造できるのも勝率20~30%。
後はちょっと溶け始めたチョコレートアイスな感じw←まさか、今それ食べながら読んでる友達いないよね?(笑)
バナナを100点とすると、溶け具合によって80~90点の状態の時が多い。


つぶちんの投薬で一番苦くて嫌いなのが1日1回与える下痢止めのグリーンの薬なんだけど、90~100点のウンチに安定しないと離脱できない。

つぶちんの受難はまだしばらく続く。
オトャンオカチャンの不注意のせいで辛い思いさせてホントにごめん。






………………………………………………………











by omoutsubo-bar | 2019-06-25 08:49 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)