人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

2019年 05月 28日 ( 2 )

日本への送金の手続きがさらに増えた。
以前から、3000万円相当額を超える送金には、受取銀行に「支払又は支払の受領に関する報告書」を提出しないといけなかったけど。

久しぶりに自分の口座に送金してみたらいつものように翌日に入金されず、メールで「誰からの送金で、資金使途は何か」等を回答するページがリンクされてきた。

回答したら、今度は「原資を「質問事項」欄に記入して再送して欲しい」って。

だったら最初から「資金使途」「原資」って欄を作っておけばいいのにね。

…で送ったからオワリと思っていたら「原資」を証明できるステイトメンツを3m以内のサイズのjpgファイルで送れとまた言ってきた。

まるで子供の使いとやりとりしているみたいで、次の質問があるなら一度にまとめてくれやーと結構イラッとする。

マネロンとかテロ資金とかの対策で、お金の流れは全て把握されるシステムが世界的に構築されつつある。
疚しい資金じゃないから回答すればいいんだけど、手際の悪さが劇的にメンドクサイ。

3月に送金した時にはこんなプロセスなかったし、このシステム、ほんとはまだ顧客には出せないレベルのβ版じゃないの?
てかα版?
事例を集めてからリンクページ1枚で完結するよう改善していく途中の←そんなん顧客に使わせるなや。


さて、また次の子供の使いが来るのだろうか。




………………………………………………………
子供の使いは3回で済んだらしい。

次からは「質問事項」と言う名称の欄に「質問じゃないんですけどぉ、原資書いとくのでぇ、ステイトメンツを送信できるページのリンク送っていただけますかぁ?できたら一度で済ませてもらいたいわーん。」と書こうかな←イメージ的に。多分、文字数超過で却下される(笑)









………………………………………………………


by omoutsubo-bar | 2019-05-28 10:04 | 運用・金融・税務 | Trackback | Comments(0)
この件の続報。



結論から言うと、この店は非常に誠実。
トラブルがあるとすぐに逃げ隠れしてしまう(お客が失望する情報を提供してガッカリされるのがカナシイから、とりあえず臭いものにはフタをするw)マレー人気質をいやほど経験しているので、顧客クレームにきちんと対応するこの店には逆にこちらがびっくりしてしまう(笑)

ただし、修理作業の完成度は修理工次第。


4月にバッテリー交換と割れたタッチバネル交換の修理に持ち込んだものの、タッチパネルの中央に歪んだモアレ模様が浮き出ていたので再修理してもらったのは上記の通り。

いったん外したタッチバネルの取り付けがわりと雑くて、接着剤がこびりついたままだし、なんだか手作業感たっぷりの見栄えだった。


ところが1か月近く使ううちに、画面の端がどんどん明るくなってきて、背景色が黒のページを見ると明らかにおかしい。
修理後の保証期間が1か月だったので、期限前ギリギリに再修理をお願いした。


いつも通り、WAでのやりとりはとてもしっかりしている。

そして出来上がった後に、「これはLCDの故障で取り換えたから200リンギ支払ってほしい」と言ってきた。
「最初に持ち込んでから1か月と数日後なので保証期間も切れている」と言うのが先方の主張。

でも元々はLCDには何の異常もなかったので、我々はタッチパネルを取り外した時に未熟な修理工がLCDに無理な力をかけてしまったのではないかと疑っていた。

また、1か月の保証期間の始期についても一度できちんと修理が完了していたなら第1次引取日が始期だろうが、最初の修理は失敗している。
なのでモアレ模様の出現を修理してもらって取りに行った第2次引取日が保証期間の始期で、そこからは1か月以内。

これが我々の主張。

このやりとりをWAで行うのだが、根気よく丁寧に返答してくれて「都合が悪くなると返信がない」マレー人対応ではない。

結局、全てこちらの主張を受け入れてくれて、「再修理は無料、ただしここからの保証期間延長はなし」と決着した。


再度修理されたものを受け取ってみたら、出来上がりが綺麗www

はみ出た接着剤もないし、ホームボタンの不安定さもなくなって、ほぼ元通りな美しい外見に仕上がっている。
その後1週間使ってみて、全く不具合なし。


こんなわけで1か月半かかったiPadローカル修理が本当に完了。


誠実さと信頼性は日本と同等に高品質(最近は日本の高品質自体が幻想化してるらしいけど)なので、もしも次にお願いすることがあるなら「急がないから、いくらでも待つから、一番腕のいい職人さんに修理してもらって」と付け加えるのがよさそう(笑)





………………………………………………………













by omoutsubo-bar | 2019-05-28 07:50 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)