人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

2019年 03月 09日 ( 2 )

今年の東京の桜は今月末に満開。
という事で毎年この季節には桜葉締め。

今回はシラウオ。

f0189987_11575277.jpg

春と言えば鰆。
そして木の芽味噌。

f0189987_11581029.jpg

大トロと赤身をミルフィーユにしたから中トロになるわけではなく(笑)
絶妙にそれぞれの味わいが口の中で主張する。

f0189987_11583715.jpg


ちなみにネイルも桜にしてもらいましたw

f0189987_11592988.jpg






………………………………………………………








by omoutsubo-bar | 2019-03-09 10:24 | 旬の魚をKLで | Trackback | Comments(0)
あおりって、こんな字を書くとは知らなかった、障泥烏賊。
シャキッとした歯応えの烏賊が好きなのだが、握られてしまうと見かけからは区別できない。
それがちょうど今の時期、全ての旬が重なって良いものが入荷したとのことで、烏賊の水平テイスティング。
ホタルイカ以外は全て墨塩とスダチで、烏賊そのものの味の違いが分かるように握っていただいた。

シャキッとしながらも少しねっとり感の残るヤリイカ。

f0189987_11550958.jpg




ヤリイカよりもねっとり感なく、歯応えが素晴らしいスミイカ。

f0189987_11560260.jpg




ねっとりともシャキッとも違って、柔らかく絹のような滑らかさのアオリイカ、烏賊の王様。

f0189987_11562191.jpg




これだけは誰でも外見で分かるホタルイカ。
身のコリコリ感と内臓の旨みが最高。


f0189987_11564197.jpg




ヤリイカとスミイカって別々で食べるとなかなか区別がつきにくいが、一度に並べて試すとはっきりと違いが分かる。
好みは分かれるが、私はスミイカが一番好きかも。村上さんも。
思う壺ダンナは歯応えよりもなめらかさでアオリイカ。



よく食材として使われる烏賊はこの他に、紋甲イカ、スルメイカ、アカイカがあるが、いずれもねっとり感が強くて鮨以外の調理法に合う。






………………………………………………………





by omoutsubo-bar | 2019-03-09 10:20 | Trackback | Comments(0)