人気ブログランキング |
ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

おむくん、二度目の発作

1週間前の金曜日、奇跡の復活を成し遂げたおむくんだったが、木曜日、またしても呼吸困難の発作。
2時過ぎに買い物に出かけようとして、ふと見るとなんとなくおむくんの呼吸が荒い。

で、外出を止めて様子を見守ることにした。
3時過ぎ、収まる気配はなく、荒い呼吸で腹ばいに寝そべっている。
息をするごとに喉の奥からグフグフとおかしな音がするので、4時、Jenny先生に指示を受けた吸入を試すことに。

彼を水槽に閉じ込めて、予行演習通りに15分間の気管支拡張剤吸入。
そうすると、喉の奥のグフグフ音は消えたが、依然呼吸は荒いまま。
それどころか徐々に悪化。

5時、ステロイド3.0ml投与。
この時、ちょっと事故が起こって、おむくん気管に詰まらせてしまった。
目をむいて吐き出してくれたものの、一瞬死ぬかと思った!

その後安静にしていると、1週間前同様に3時間くらいで呼吸困難が収まってきた。
目を覚まして大量の水を飲み、少しのフェレットバイトを舐める程度に回復。
翌朝には、呼吸も元通りになったのは、前回と同じ経過だった。

倉田先生からは、なるべく早く呼吸器系の検査をしてもらうようにとの指示を受ける。

一方Jenny先生とは深夜にようやく連絡がつき、今日金曜日、いつもとは別のクリニックまでJenny先生を追いかけて診察してもらうことに。
先生からは、昨日初めて使ったネブライザーを持ってくるようにと指示。

さて、慎重に時間をかけて聴診した先生だが、やはり肺の音は正常で、気管支炎以外の異常はないらしい。
疑われるのは、今の抗生物質によるアレルギー。

そこで、家から持って来たネブライザーにステロイドを追加して吸入。
別の抗生物質をもらって帰って来た。

7歳になってから、おできの手術や咳で通院続きのおむくん。
苦しかったり、嫌なお薬飲まされたりで散々だけど、少しだけオトウチャン、オカアチャンに協力して良くなって、家族みんなの時間を楽しもうよ。






by omoutsubo-bar | 2015-10-09 22:33 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://omoutsubo.exblog.jp/tb/24555057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]