ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

引越計画、中間報告

引越計画は順調に進んでいる。
現場をお願いしているcontractorさんから見積もりが届いた。
日本でなら‥と思うよりかなり安い。

ただ問題は質。
日本でも現場のおじさんのセンスには、ちょっと受け入れ難い時があるけどマレーシアも然り。
雰囲気のあるロマンティックな灯りにしたい、最高級リゾートのバーみたいにしたいと、何度身振り手振り、抑揚も交えて全身で(笑)説得しても、彼の強いお勧めは、日本で言えばパナソニックとかの「明るい団欒」的な、リモコン付LED。
これ、5星ホテルの最上階のバーで使うか?

とブツブツ言いながら、予定しているカーテンは日本でも使っていたHunter Douglas。
バンサーにあるショールームで色を確認していると、思う壺ダンナが天井を指差して「あれ、ハロゲンちゃうのん?」
確かに、灯りの雰囲気はハロゲンぽくって、向きを自由に変えられるからピクチャーライトにもなりそう。
早速尋ねてみたらチェラスにあると言う、そのcontractorさんに連絡してくれた。
なんでも、そちらはホテルのバーとかの照明周りを多く手がけているらしい。

それだよ、ソレ!

‥と、現場のおじさん社長に紹介されたダマンサラのショールームに行くのを止めて、チェラスに直行。
バンサーからチェラスと言う初めてのルートで、ポイントで曲がれず3回Uターンしたけど無事辿り着き、私の説明をきちんと理解してくれる女性担当者と、話はトントン拍子。
ハロゲンっぽく見えた灯りは実はLEDで、まさに雰囲気のある灯りとLEDの便利さを兼ね備えている。正確には灯りのニュアンスがハロゲンとは少し違うけれど、充分ハロゲンっぽいLED。

しかも日本から持って来て大切にしまってあるアンティーク照明器具の灯りも、説明すると「あー、キャンドルタイプのね〜。」ってふんふん理解してくれるし。

現場の気のいいおじちゃん社長とはセンスの面でまだまだ戦わないといけないけど、とにかく照明計画はグーンと進んだ。

一方、引越日程についても2週間延長決定。
実は先週のご案内の時に、駐在日本人のご主人に、「この部屋、ペントハウスだから暑くて電気代めっちゃかかりますよー。下の部屋に住む友人宅の3倍!」って、本当のことをしっかりチクって置いたw
まあ、それ以前に中国人風の奥さんはキッチンまで入って来なかったから、彼女はここが好みではなさそうだと思っていたけど。

でまあ、オーナーに「あの見込み客さんが断ってきたら、もう2週間だけ住まわせてよ。今、ほら、KLCCの家賃相場下がってるよね、原油安の影響で。高いままの私たちが少しでも長居するのって、good dealやおまへんか〜〜」と交渉しておいたら、「住みたいだけ住んでいいよ」って返事が来た。

はは〜〜、埃だらけの現場監督ライフは夢と消えたよ、ザンネンながら(笑

さて今日も現場のおじちゃんが使う予定の素材見本を持ってくる。
私の希望はウォルナッツの無垢材だけど、きっと合板持って来るんだろうな〜〜。
おじちゃんセンスとの戦いは今日も続く。









by omoutsubo-bar | 2015-09-24 07:30 | KLで不動産購入 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://omoutsubo.exblog.jp/tb/24501569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pagi at 2015-09-26 02:59 x
なんと!住み込み現場監督ライフ、回避とな?!
Commented by omoutsubo-bar at 2015-09-27 10:33
ねー、実現してたら、住込現場監督ネタでしばらく引っ張れたのにーw