ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

1か月近く前に、突然誰かから請求書らしき写真がWhatsappで送られてきた。
何だ、これはと思ってよく見ると、送り主は2年半前に退去した賃貸コンドのエージェントさん。

「税金の請求書がこっちに送られて来て、今のテナントさんから転送されてきたよ。必要でしょ?」
と言う。
確かに。
去年初めて固定資産税を支払った時は係官が各戸を訪問して手渡ししていた。






今年初めて請求書が郵送されるにあたって、新築物件購入時に記載した住所に送られてきたわけだ。
後に入った入居者さんもエージェントさんも親切な人で良かった(笑)

それにしてもマレーシアもどんどん便利になっていて、「現物の請求書はなく、写真のみ」持った状態で納税も住所変更もできる。
送ってくれたエージェントとローカルの友人とに聞いた時には「支払いはオンライン公共料金支払いシステムのJompayで支払えるけど、住所変更は役所DBKLまで行って窓口でするしかないと思うよ。」と言われた。

特にローカルの友人はマレー語を話せない私のためにわざわざDBKLまで電話で問い合わせてくれて、その回答がそれだった。

ところが試しにDBKLのウェブサイトで調べて




問い合わせメアドに住所変更の仕方を教えて欲しいとメールしたら、pdfで変更用紙を送ってくれて。

f0189987_08310377.jpg
記入後pdf添付でメール返送すればよいとのこと。

しかも3週間ほど経った昨日、「住所変更は完了したよ」と請求額が0バランスになった請求書を送ってくれた。
宛先の住所が正しく、現住所に変更されて。←ここも大事なトコ。往々にしてタイプミスあるしw

もちろん支払いはオンラインバンキングで簡単に完了しているし、結局一度も役所まで出向かずに納税と届け出事項の変更が完了した。
なんかスゴイ。
マレーシア、凄い。進化してるwwww




………………………………………………………





[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-21 06:38 | KLで不動産購入 | Trackback | Comments(0)
このところほとんど毎週、時には週2でワインイベントやパーティに参加している。

今回はなんとLuceを垂直で飲める、レストランとワイナリーの共同企画。

f0189987_11470423.jpg

ワイナリーが主催するプロモーションだからそこそこリーズナブルに、しかもマグナムのLuceを試せる機会なんて滅多にないから楽しんだ。
ただ正直言うと、Luceってそれほど私の好みではないんだな。

確かにパーカーポイントやジェームスサックリングで90点以上取っているから、かなり値段が高くなるのは仕方ないけど、昔日本で初めて飲んだ時も、「これがそんなに高得点なんだ」と感じた印象があって、その時はヴィンテージが悪かったのか、このボトルがたまたまよろしくなかったのかと思っていた。

今回、丁寧に垂直で、一番低くてもパーカーポイント90点の2009年ブルネッロモンタルチーノから最高はジェームスサックリングで97点のルーチェ2013まで試せたけど、印象変わらず。

美味しいけど、もっと安くて美味しいものがあるし。

長持ちしてどんどん香りが豊かに変わっていくわけでもないし。

一緒に行った友人たちも同意見で、結局ディスカウント価格で買えるお買い物タイムにも誰も1本も買わずじまい。


でも楽しかった。

7人で行ったのに8席用意されていて不思議に思っていると、1人参加客が私たちのテーブルに合流されられて。
私たちもビックリしたけど、その1人客の方も自分が初対面の7人と一緒に座らされることに怪訝な顔してた。

この店、随分乱暴な事をするものだ、いくらイベントとは言え、こんな席決めしてもし私たち7人がとてもシャイだったり、あるいは打ち解けにくいタイプだったり、まさかの英語もカントニーズもマレーも話さないグループだったらどうするつもりだったんだろうかと思っていた。

もちろん私たちは英語が共通言語で、とてもフレンドリーな一団なので最後はみんなで写真を撮ったりしたのだが。(私たち自身は彼とは遠い席にいたので、直接は話さなかった。)

さて翌日、イベントに参加しなかった別のワイン仲間に「Luce垂直イベント、楽しかったよ」とその写真を送ったら。
「え゛ーっ!なぜ、ボクの友人が(キミらとは面識ないはずなのに)一緒に写真に写っているのーーっ?」
とビックリされた。

分かった事情は。
店のオーナーは、参加しなかった友人と私が親しい事を知っていて、かつ、この参加しなかった友人と1人参加客とが親しいことも知っている。

だから、この日本人の予約した7人組に1人つっこんでも大丈夫だろう、と判断して、どちらの客にも断りなく同じテーブルにしたらしいwww

キモチ分からなくもないけど、この7人、日本人2名と名前から明らかに外国人と分かる(正確には南アフリカ人)5名だよ。
もしも、この7人たまたまどっちかの国に長く住んだことがあって共通言語が日本語だったりアフリカーンスだったら、どうするつもりだったよー(笑)

で、この笑い話を思う壺ダンナにしたら、
「え゛ーーーーっ!見知らぬ人がなぜか一緒にいたと思ってたら、その接着剤はボクらだったのーーーーーっ!」


と、今回一番驚いたのが、ダンナでした。





………………………………………………………










[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-18 11:58 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)
先週か今週初めくらいから、つぶちん換毛期。
全身がびっしり抜けるほどではなく、抱き上げた後シャツに付着する毛が少しずつ増えている感じ。

去年は6月と12月に換毛したようだけど、今年は遅れて?8月。
日本と違って四季がないからね。

オトウチャン、喘息の症状が出るからしばらくはつぶちんのいる部屋に籠れない。
それでも日本の春に喘息と花粉症の合わせ技で苦しんでいた時よりはうーんとラク。




………………………………………………………







[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-17 12:04 | いたち生活inクアラルンプール | Trackback | Comments(0)
いつ見ても妊娠しているダルタが、今日は一人のんびりセキュリティガードのおじさんの横で毛繕いをしているのかと思ったら、近くの物陰で子猫たちが3人、遊んでいた。

顔も毛並みもダルタそっくりのこの子と。

f0189987_08054679.jpg
毛並みは白っぽいが、美人なところはやっぱりダルタそっくりの子が2人。
この子がそのうちの一人。

f0189987_08070837.jpg
近づいても恐れるどころか、自分から寄ってくる。
ダルタもいつもガードのおじさんたちからゴハンもらってるし、生まれたばかりの子猫たちも他の動物に襲われる危険のない建物の片隅で保護されているから、この子たちにとってニンゲンってゴハンくれたり遊んでくれる存在なのだろう。

まさにICC puduで働く人みんなから飼われている地域猫って感じ。

でも、こんなにいつもいつも妊娠しているダルタなのに、異常に猫の数が増えている様子はない。
不幸にも病気や交通事故で死ぬ子もいるし、誰かに家に連れて帰ってもらう子もいるし(ワンタンミー屋台のJoeの家猫は元々インビマーケットで生まれた子猫だった)、ある程度大きくなったら自分のテリトリーを探して出て行く男の子もいるのかも知れない。




………………………………………………………








[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-17 08:15 | 白金&KLアニマル | Trackback | Comments(0)
日本にあるカジュアル中華レストラン的なRD90で、看板メニューの1つ担々麺。

f0189987_07494389.jpg
良い意味で、物凄くフツーの、日本で食べる担々麺。
本場四川の味を追求せず、決して「Dayncyu」の担々麺特集に載るような個性はない。
マレーシアでも大人気のディンタイフォンでいただく担々麺みたいな奥行きもない。
所謂「万人向け」(ただし日本人向けの味として)。
辛いものが苦手の日本人でも、美味しいと感じて食べられる味と言えばいいのかな。

もちろん、麺は程よい固さで決して茹で過ぎていないし、スープは熱々。
マレーシアに来た日本人ががっかりする「ぬるーい」スープじゃない。

しっかり美味しくいただきました。





………………………………………………………












[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-17 08:03 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
2か月半かかったけど、Berrylookの詐欺事件は解決した。

調査期間の期限が8/10で、それまでにBerrylookからの真っ当な対応がなかったのか、彼らが詐欺ではないと主張する証拠を出せなかったのかはよく分からないけど、きのうクレジットカード会社からの「3営業日以内に返金します」と言う通知を受け取った。

そして実際に返金されていることも確認した。

さて。手元に残ったペラッペラの粗悪なTシャツ(笑)
マレーシアでは古着でも寄付したら使ってもらえるようなので、メイドさんに頼んで誰かに寄付してもらおう。


次からは通販は、どんなに少額でもきちんと調べてから利用しないとね。
カード会社のカスタマーサービスに無駄な迷惑をかけてしまわないように。






………………………………………………………











[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-16 13:03 | KLの日常 | Trackback | Comments(2)
この件、続報。



6/2に調べもせずに不用意にポチった通販サイト。
いったんクレジットカードの支払を受けたら最後、全く連絡なし、やる気なし。

カード会社に対して、詐欺通販サイトを利用してしまったらしいから、支払いはペンディングして欲しいと伝えて1か月。
今度はどこかで勝手にホテル予約に私のカードが使われたことが判明し、速攻でカード停止とその支払いをストップしてもらう手続きを取った。

ここまでがあらすじ。

ホテル予約の方は、翌月の支払い明細からきちんと削除されていたし、カード会社からは不正な使用があったカードなので無効にしましたという正式文書も届いて一段落。

さて、詐欺師にカード情報を売ったのはオマエに違いないと疑っている詐欺通販サイトの方は、2か月半後の今、4つ注文した品物のうち、3つに相当するらしきモノを送って来た。←かろうじて写真と同じように見えたのは1品のみだけど。

送られてきたものは品質劣悪。素材もペラペラ、糸もボロボロほつれている代物。
まあ、品質についてはオーダー時にもそんなに期待していなかったから、想定内なんだけど。

そしてサイズが違う。
と言うか、検品が全くされていなくて品物にはL表示、袋にもL表示、だけどバーコードにM表示とかね。

被害者たちからの情報を見ると、「いつまで待っても何も送って来ない」「送って来たものは別物だった」「返金や返品に応じない」らしいから、何か送って来たとしても詐欺サイトであることには変わりないと思われる。

で、ここまで来たら相手がどうするのか見てみようと、「送られてきた品物、サイズが違うんですけど」とメールを送ってみた。

すると珍しく即座に、「カード会社に出したクレームを取り下げてくれないと、対応できない。取り下げてくれたら最優先で対応する。」との返信が届いた。

バカモノめ。
誰が取り下げなんてするか。
キミらが降参して、カード会社からのクレームを受け入れるまで我慢比べだ。

このまま、カード会社が保留したままでもちーっとも困らない私と、消費者とのトラブル(しかも世界的にはかなりの数のクレームを抱えているはず)を抱えたままでカード会社に支払いをペンディングされている会社と。
どっちが辛抱強いかは火を見るより明らかだろう。

ちなみに、いまだに被害は続いているらしく、このサイトにも被害報告が投稿されている。
またこの会社はBerrylookと言う名称以外でも同じ詐欺を繰り返しているらしいから要注意。


詐欺サイトもたくさんあるんだろうけど、逆にこんな風に詐欺サイトをチェックするサイトもあるところがインターネットの世界ってオモシロイ。






………………………………………………………













[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-14 20:28 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
油ものに弱い私は苦手なのだが、胃が丈夫ならきっと美味しいだろーなーと羨ましかったサックリングピッグ子豚の丸焼きのタパス。
f0189987_19405991.jpg

肉質はとても柔らかくて、皮がパリパリ。
塩分がかなり強いけど、付け合わせのほうれん草とレーズンがよく合うし、なにより赤ワインにぴったり。

後で胃が痛くなるのが怖いので、皮の部分を全て思う壺ダンナに食べてもらったら、赤ワインと合わせて喜んであっと言う間に食べてしまった。

3回通って食べたいタパスメニューは大半制覇したけど、大きめのタパスとかパエリアが未踏。

友達誘って大人数で出かけたい。





………………………………………………………







[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-14 19:46 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
日本では、どんなに非常識なドライバーでもさすがにこれはやらんやろ…と言う話。

週末にいつもの洗車屋さんに行ったら、敷地内に車が一杯でミョーに混んでいた。
でも洗車スペースは空いているので入ってみたら、洗車場の出口を完全に塞ぐ形で停まっているトラックあり。
運転手はいない。

脇には松葉づえをついたおじいさんが一人、縁石に座っている。

思う壺ダンナが
「事故か?車にぶつけられた被害者か?それにしては既に松葉づえとは準備万端やなー」とか言って笑っている間に、洗車屋のおにいちゃんもおっちゃんも集まって、その松葉づえじいちゃんを取り囲んでいる。
喧嘩ではないけど、なんか文句を言っている様子。

推測するに、トラックが故障した→迷惑も考えずに洗車屋の出口を完全に塞ぐ位置に駐車して、ドライバーは助けを求めにその場を離れた→同乗していた松葉づえ爺ちゃん一人取り残された→洗車屋のみんなで爺ちゃんに文句を言ってる←今ココ。

と言っても足の悪い爺ちゃんには何もできず、しかもユルーくてやさしーいマレーシアのみんなだからそれほど怒っている様子もない。
結局みんなの人力で動かすことになった。
ドライバーはドアは開けたままだがキーは外して行ってしまったので、1人が運転席に乗り込みハンドル操作。
残りのみんなが人力で押して移動させる。

それがこれ。

f0189987_19155245.jpg
何が可笑しいって、松葉づえ爺ちゃん、さすがに申し訳ないと思っているらしい。
だから、いっしょになって押すフリをしているwww

全員が力いっぱい押している横で、一緒に片手を添えて松葉づえをつきながら「フリをする」爺ちゃんがあまりに可愛らしくて、笑いすぎて涙が出たwwwww

残念ながら、ぎっくり腰の思う壺ダンナと、捻挫が治りかけの私は全くお役に立ちません。
ただひたすら応援しながら写真を撮りました、笑いながらだけど(笑)

そうして出口が開くと、溜まっていた車たちも出て行って、スタッフもみんな仕事に戻り、お爺ちゃんもタクシー拾ってどこかに消えて行った。


日本ではあり得ないような非常識な事態が、あり得ないくらい穏やかに解決され、しかも十分お笑いも提供してくれた。
だからマレーシアって楽しいんだ(笑)




………………………………………………………










[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-14 19:25 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
先日のワインイベントで初めて行った素晴らしいフレンチレストランChampignion。
すごい格式高いファインダイニングと言う佇まいではなく、洗練された高級ビストロって感じ。

2日間だけ、ゲストシェフも招いてのディナーイベントがあったので、友人と、本国南アフリカから来て滞在中のご親族も一緒に行ってみた。
これ。

f0189987_18555487.jpg
どの料理も美しくて美味しくて。
缶丸ごとのキャビアかと思ったら、中身はロブスターだったり。

f0189987_18582881.jpg
香ばしいスモークの演出の和牛リブアイだったり。

f0189987_19005223.jpg

目にも舌にも楽しく美味しく。
しかも、持込ワインが凄い。

f0189987_19013173.jpg
日本にいた時だって、こんなに毎週ワインイベントなんてなかったのに、まさかのムスリムの国でワイン生活充実してます。






………………………………………………………





[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-08-14 19:02 | KLでワイン生活 | Trackback | Comments(0)