ブログトップ

思う壺Bar withフェレットinクアラルンプール

omoutsubo.exblog.jp

クアラルンプール/フェレットとの生活・闘病/ペットロス

日本でなら、一定以上の高級レストランやバー、カジュアルでも人気の高い居酒屋で当たり前に堪能できるクリーミーな泡で覆われた生。
カウンターに座ると目の前でバーテンダーさんが丁寧に丁寧に泡を取り除いて、最高にきめ細やかな泡が表面張力で盛り上がっているのを当然のこととして目にする事が出来る。

ところがマレーシアは違うんですよ(笑)
むしろ、泡なんて一切立てずに、グラス一杯なるべくたくさんの液体で満たす方がおもてなしとされている部分もある。
「鮨正」が割とこちら。ローカル華人客が多いからね。

でも大抵の場合は、そのどちらでもなく雑な蟹泡が消えかかった状態で提供される(泣)

きれいなクリーミー泡を毎回必ず提供してくれたのは、既に閉店した「笹川」くらい。ここは、料理人だけでなくホールのマネージャーも含めて日本人スタッフが何人かいて、スタッフ同士のチームワークも良く日本流が徹底されていたから。

と、日本で標準とされる旨い生ビールに出会うことがなかなか困難なKLで、オープンして3か月の「北海道いちえ」にようやく生ビールが設置された。

しかもこの泡。

f0189987_08133354.jpg
ゆうべ搬入されたばかりだというサーバーから、店長の金(こん)さんが丁寧に泡を取り除きながら入れてくれた。
横でスタッフが珍しそうに見ている。

金さんによると、やはりローカルスタッフからは
「(泡をスプーンですくって捨てるなんて)どうしてそんなもったいないことをするんだ?」
と聞かれたらしい。

ビールを扱うスタッフの皆さんにもきちんと伝えて、みんなが同じ泡を提供できるようにしてもらえると嬉しいもんだ。
もっともローカルのお客さんには「これが本物の日本流」と伝えないとクレームが来るかもしれないけど。
釜飯みたいにローカル向けと日本人向けの2種類が必要かも(笑)

ところで、この店に来て時々見かけることは、ランチタイムのピークが過ぎて少し手が空いた頃に日本人店長の金さんが調理していると、横でローカルスタッフが手元をじっと見ていること。

日本でもマレーシアでも同じだけど、スタッフが自分の店が提供する料理に関心を持っているのは安心できる。
そういう良い店がKLにもどんどん増えて行きそうで楽しい。



………………………………………………………










[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-18 08:28 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
突然盛り上がったワインセラー購入計画。




買う前には必ず現物を確認したかった。
日本みたいに丁寧な説明とか、ウェブサイトがきちんと更新されていることを期待してはいけないマレーシアで、ウェブサイトだけを信じて判断するのは危険。
特に今回は我が家側の問題であるボトルネックとなるウェットキッチンの入り口を通れるかどうか。

確かにウェブサイトに記載されたサイズと図面からは物理的に搬入可能に見えるが、ほんの小さな突起物が図面では省略されていたとか、或いはウェブサイト記載の図面は古いモデルから差し替えられていなくて、実際のものはビミョーに形状が違うとか?
現物を見ずにウェブサイト情報だけで判断したくない。

ところがこのメーカーはショールームを持っていないため(基本的にレストランが顧客層であって、個人ユーザーは想定外)、現物を見られるのは実際に導入しているレストランのみ。

で、どこのレストランにこのモデルが導入されているという情報をいただいて行ってみた。


場所はブキビンタンと家から近いのでランチがてらに。

そこでのんびり飲んだ後、置かれているワインセラー現物を見せてもらって念のためにサイズも測らせてもらった。
背部に致命的な突起部もなく、すっきりフラットな仕様。
GrubelのGWC-ST166BK

f0189987_18195410.png

これなら予定通りにストレージルームに設置できると安心して、帰宅後すぐに注文。
ストレージルームの奥に置いて右側に壁がくる配置になるため、ドアだけは通常の右開きから左開きに変更してもらう。

価格はLazadaで見た7,288RMからディスカウントしてもらって6,988RMにしてくれるとのこと。
その分ワインを買ってあげないと。

後はCNY明けを待って支払いと搬入スケジュールを確定するだけ。

突然思いついたワインセラー導入計画はこうして順調に進んでいる。



………………………………………………………





[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-16 18:09 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
ツーリストに使いやすい、とても便利な場所。
LOT10の真向かいで、ブキビンタン駅の地上出口のすぐ脇にあるWOLOホテルの最上階にあるダイニングバー。




基本的にバーに飲みに行く必要は皆無なのだが、ワインセラーを見るのが主目的でついでにゴハンを食べてきた。

行ってみると天井が高くて、非常に居心地のいいレストラン。
サービスも非常に丁寧で行き届いている。
ただ料理はごく普通だけどCPは悪いかも。

と言うのは、料理が運ばれる前に綺麗なオネーサンが席に来て、箸袋を使った箸置きの作り方をレクチャーするの。
それだけ。気の利いた会話をするのでもなく、単にそれだけw
お客が日本人なら、「日本人ってこーゆーの得意なんじゃないの」くらいの軽口も叩かず。
この人件費は意味不明だなーと、逆にシュールかも(笑)


アジア料理とラテン料理のフュージョンみたいなお酒のおつまみが多い。

美味しかったのはフライドチキン。

f0189987_17484937.jpg
揚げ油も悪くなく、アジア風にマリネされた鶏肉がしっとりと柔らかく仕上がっていた。

電車好きの思う壺ダンナはモノレールのブキビンタン駅を上から見下ろせるのにテンションアップ(笑)

全体に値段は高い。
この場所でなければ110RM、ワインショップで買えば60RMレベルの一番お手頃なハウスワインが180RMくらいから。

欧米人ツーリストでごった返しているパビリオンの3階通路脇でビールを飲むより、ゆったりと落ち着いて休むのには良さそう。ドラフトビールはキリン。


………………………………………………………



[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-16 17:53 | KLレストラン 都心 | Trackback | Comments(0)
最近、乾燥が気になる。
ここ1週間くらい、唇が荒れてリップクリームを塗るとか指先のささくれが気になってハンドクリームを塗る回数が増えている。

気温はまだまだ気持ちよく涼しいけれど、1月の終わりから少しずつ気温が上がっている。
雨も減ってきた。

いつも言われる通り、CNYの頃からKLは暑くなり始めるようだ。

しかし、この熱帯のKLで乾燥を感じるようになってしまっては、もう日本になんて滞在できないかも。体中干乾びて。
将来もしも日本に少し長めに滞在するなら、梅雨の6月かな。ちょっとツマラナイ。

………………………………………………………



[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-14 18:34 | KLの気候 | Trackback | Comments(0)
 いよいよ今週の金曜日からCNYのホリデー。
深夜にドカンドカンと打ちあがる花火で眠れないのは覚悟してマス。

ところで、CNYになるとアンパオをあげる習慣が華人の世界にある。
日本のお年玉と似たようなものなんだけど、違いはもらう人と金額。
日本と違って子供だけじゃなくて結婚前の若い人たち、逆にお年寄り。そして結婚しているかどうかも関係なく、華人ではない出稼ぎの外国人も含めてコンドで働くスタッフ、行きつけの美容院その他、そこら中の人たちに現役世代の大人たちが配っている。

そんな風に大量にばらまくから金額は小さくて、1件5リンギが相場だそう。貧乏であまり上げられない人は2リンギ、お金持ちなら10リンギ。(鮨正の華人ナナさん情報)
これをアンパオ袋に入れて顔見知りの若い人たちにどんどん配っている。
(親戚などもっとつながりの深い関係なら金額が違うのかもしれない。)

移住して4年、今まであげたことないんだけどね。日本人だから知らん顔して(笑)
最初2年間はほんとに知らなくて、華人社会の中だけで行われている習慣だと思っていた。
去年あたりもまだ子供だけがもらうものだと思っていた。

でも去年、CNY明けに行きつけのネイルサロンに行ったら、常連らしい女性がネイリストに配ってるの。
既に結婚して子供が二人もいるネイリストさんなのに。

そんなわけで今年からあげようか、どうするか迷い中(笑)
コンドのスタッフさん、誰にあげて誰にあげてないか覚えられそうにないし。

とりあえずCNY中にローカルの友人と会う可能性もなくはないから、一応新札に両替して準備だけしてあります。

ちなみにこの時期、銀行やスーパーやレストランでもアンパオ袋をくれる。
スーパーでくれるものは赤地にシンプルな模様が金色で描かれた程度だが、銀行となるとかなりゴージャス。

f0189987_19054291.jpg
上の渋めの色合いのはRHBで両替したらくれたもの。1セットに3種類の縁起のいい鳥のデザインが入っていて、どれもかっこいい。
下の極彩色の豪華なのは今年と去年のUBS新年セミナーのお土産。紙も厚手で日本のお年玉袋よりも高級感があって美しい。

CNYが始まってしばらくは、常に準備して持ち歩いておこう。


………………………………………………………






[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-13 19:14 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
めっちゃ辛かったー。
でも凄ーく美味しかったから、今後ヘビロテしそう。唐辛子減らしてもらってねw

以前、麻婆豆腐を食べに行って、麻婆豆腐はLu Ding Jiの方が美味しかったけど茄子とインゲンの炒めものが美味しかったからまた来たい…と言いながら随分時間が経ってしまった。



ところで最近、CNY直前のせいか渋滞がとんでもなく激しい。
うちの北側を窓から見下ろしていると深夜まで物凄い渋滞だし、うちのすぐ南側にあるラウンドアバウトも、工事が多いこともあって時速2kmとか。
すぐ南のMy Townってショッピングモールに行くのに3分、帰るのに40分www

で、なんとか渋滞を避けてたどり着けるところを考えたところ、このショップロットなら往復ともにそれ程渋滞がなさそうなので久しぶりに行ってみた。

オーダーしたのはどちらも他で食べれば辛くはなさそうな料理。
「小炒肉」ってどこのレストランでもあるピーマンと豚肉炒め。

f0189987_18482199.jpg

と、この白菜と豚肉のうま煮。

f0189987_18485106.jpg

メニューの写真ではそれほど辛そうには見えなかったのに、運ばれたお皿には見るからに辛みの強そうな唐辛子がたっぷり。

特にこの白菜と豚肉のうま煮が最高に旨い。
白菜の甘みが凝縮して、つゆだくのおつゆまで美味しい、けど辛い。

辛いもの好きな私が唐辛子を除けて食べるレベルだから、思う壺ダンナは途中からビールを飲めなくて水ばかり飲んでたw

メニューには他にも美味しそうな料理が並んでいるから是非また行きたいけど、次回は辛さをマイルドにして欲しいとお願いしよう。

ランチから夜まで通し営業であることと、このショップロットではJomParkingのアプリでパーキングチケットを買えるから便利。



………………………………………………………










[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-13 17:54 | お勧めの逸品 | Trackback | Comments(0)
着々と進むワインセラー購入計画。




思いつき→信頼おける専門家に相談して、ブランド選定→実際の設置場所のプランニング(今ココ)→ショールームで詳細な情報収集→購入するモデルの確定→値引き交渉・支払い・搬入スケジュール確定→搬入前に受け入れ準備(場所を譲る現行のワインセラーと冷蔵庫の中身をあらかじめ移動させておく)→実際の搬入

設置場所のプランニングにまた役立ったのが3Dマイホームデザイナーのソフト。




3年前にインテリアを計画するときには主にリビング・書斎・メインベッドルームの家具の配置のために利用したが、今回はストレージルームとウェットキッチン。

慣れないと使いにくいソフトではあるものの思い出しながら触ってみて、冷蔵庫、現行のワインセラー、その他の棚やプラスチックコンテナなどの位置を入れ替えてみる。

そしてその案に基づいて実際に家具類を移動し、新しいワインセラーを受け入れるための空間を確保した。
土曜日の午前中いっぱいかかって一人で。

こういう作業は一人であれこれ考えながら、軍手とメジャー片手に汗だくになってやるのが楽しい。

ワインインポーターの友人と相談した結果、機種はローカルのGrubel社の166本サイズのものに決まりそう。
アフターサービスもしっかりしているし、値段も安い。
品質さえしっかりしているならブランドネームに高いお金を払うより安くあげて、その分良いワインを買った方がいいって。
商売うまい(笑)

リビングにインテリアとして置くならデザインにこだわるけど、ストレージルームの中に置くだけだからね。品質さえしっかりしていて、アフターサービスに信頼おければ十分だ。

うまく行けば、CNY明けにも手に入るかな、大きなワインセラー。

ちなみにこっちではWine cellarではなくWine chillerって呼ばれるみたい。
チラーってなんか冷やしすぎるイメージがあるけど(笑)


………………………………………………………






[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-11 13:32 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)



そういう訳で、インポーターの彼にお勧めを聞いてみたところ、すぐにくれたアドバイスは3つ。

1) Liebherr
ドイツのブランドだけど、マレーシア国内で製造しているから「冷蔵庫税」?が輸入物より40%安い。

2) Grubel
信頼おけるマレーシア国内ブランドで、メイドインチャイナ。

3) vintec
デンマークのブランドで、メイドインチャイナ。

これ以外のメーカーは避けるべき。
Tuscani, Pacificaなど。

という事で、プロの薦める3社を較べてみる。
比較するのはメーカーの扱う最大容量のワインセラーで少なくとも150本くらい入るもの。

ところがもう一つ大きな障害は、搬入。
設置場所はウェットキッチンの奥にあるストレージルームしかないが、ウェットキッチンの入り口が取り外せない引き戸で間口が62cm。

ここでLiebherrが落ちる。
幅70cm以上で通らない。

残るはVintecのV190SG2eBK 155本サイズ。
LAZADAで12,055RM。



またはGrubelのGWC-ST166BK 166本サイズ。
LAZADAで7,288RM。



こうして選択肢は2つに絞られた。
後は実際にショールームに行って現物を確認したり、修理のしやすさとか搬入設置の信頼度とか色々と情報収集しないといけない。

更に購入が確定したら、現行の小さいワインセラーを空にして電源を抜いて、ゲストルームに移動させると言う厄介な作業も発生する。

うまく行けばCNY明けの自分の誕生日祝いに買おうかな、自分で(笑)



………………………………………………………






[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-09 13:09 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
今、マレーシアで大きなワインセラーの購入を検討している。

 東京にいた時には、Forstarのワインセラーを2つ置いていた。
小さい30本程度のものと、業務用の120本程度の大きさのもの。
でも、大きい方は移住前に売ってきた。

理由は、日本の電化製品を持ってきたところで電圧が違うから変圧器なしには使用できないことや、特にForstarはマレーシアで展開していないので故障しても修理が効かないこと。
更に、ムスリムの国マレーシアで良いワインインポーターがいるとは期待できないことや、どうせ常夏なんだから安い白をよく冷やしてガブ飲みすれば足りるetc.

そこでとりあえず普段飲みワインを保管する冷蔵庫程度のつもりで小さいものだけ持って来ていた。

実際この4年間、機会があればワイン売り場を覗いてみるし、最近はオンラインワインショップも増えてきたので注意はしているが、東京でお世話になったやまややカーヴドリラックス、或いは全国に数多くあるワインに精通した個人商店…。そういうレベルで意欲と知識を持ってワインを紹介してくれるスタッフには出会えない。

とは言え、普段飲みのカジュアルワインなら全く問題ないのでこう言うオンラインワインショップはよく利用する。







ところが数か月前にワインイベントで偶然隣り合わせた南アフリカ人がとんでもない食通・ワイン通で、彼の人脈からワイン人脈がどんどん膨らんでいった。

その結果、ワインを持ち寄ってブラインドテイスティング会を開催してくれるような、「ここはKLじゃなくて東京か?」みたいな、ユメみたいな友人が増えた。
会場は普通の海鮮中華屋さんで、かつ特にテーマの決められていないワイン会なんだけど、仕切ってくれた華人、ちゃんとリーデルグラス持ち込んでくれてるしwww

f0189987_09501813.jpg
さて、この時のワイン会を主催してくれた華人が、こちらのインポーターさん。
と言ってもこの会は会社の企画ではなく彼の友人たちだけのプライベートなお遊びだったが、そのインポーターがこちら。




名前からしてこだわりあるよね(笑)

店舗は持たず通販だけで、実はウェブサイトの品揃えだけを見ても最初は他の通販サイトと似たような感じにしか見えなかった。
ところが本数は限られているものの素晴らしいチリワインが手に入ったとニュースレターを送ってくれたのが、例えばコレ。

ワインスペクテイターの元編集長James Sucklingが98点を付けたチリワインErrazuriz Las Pizzaras。

f0189987_10070286.png

2014年のシャルドネとピノノワールなんだけど、それぞれ249RMとか369RMと日本での一般的な販売価格(楽天調べ(笑))より安い。

マレーシアではオーストラリアのがぶ飲みワインでさえ、日本の大手スーパーで800円くらいものが60RMくらい。
フランスワインだったら日本の2倍以上。
しかも保存が適切だったかどうか分からないので、高いものは怖くて買えない。

でも、これだけの知識のあるインポーターさんがいるなら安心して高いものでも買ってみる気になる。

ところが残念なことに今は保管場所がなくてせいぜい赤白1本ずつ買うのがやっと。

そうして、東京にいた頃みたいに良いワインを手に入れたら飲み頃まで待って楽しめるように、大きなワインセラーを買おうかなあと思い始めたところ。

しばらくワインセラー購入計画が続きます。



………………………………………………………







[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-09 10:17 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)
やり切った充実感…。

今のコンドに引っ越して2年半、一度もゴキブリを見たことがなかった。
と言うか、東京でも30年くらい前に築何十年のマンションに住んでいた時にはゴキブリが外廊下から自分の部屋のドアの下をくぐって行くのを会社から帰宅してきて目撃してしまったことがあったが、それ以後はほぼ見たことがなかった。
KLに引っ越して来てから4年間でも、一度も。

ところが先月から2回、小さいヤツがつぶちんランドの食器の近くに潜んでいるのを発見して撃退。
そして今朝やって来たメイドさんが、隣の家とうちの家の間の廊下で死んでいるヤツを見つけて怒っていた。
「こんなのがここにいるってことは、絶対にうちの家にも侵入してくる。台所で繁殖されたらタイヘンだ」って。

実は私も気づいてたんだよな、コイツら、2年間未入居だったお隣の部屋に先月華人ファミリーが引っ越してきた途端に出没し始めたって。
マンションではよくあることだが、古い家から家財道具を持ってくると、その家具にくっついてコイツら一緒に引っ越してくる。

だから、隣の家族が入居した途端に立て続けにつぶちんのゴハン周りとか玄関前の廊下に出没するようになったわけだ。
元々、料理をしないから生ゴミの発生しない我が家にはヤツらはいない。
なので、廊下に面した玄関と勝手口のドアと床の間の隙間を塞げば、外からの侵入は防げる。

もしも既に大量に我が家に侵入してしまっているなら、ソイツらはゴキブリホイホイだとかホウ酸ダンゴとかで皆殺しにしてやろう。

という事で、ダイソーに行って隙間テープを購入。

f0189987_20483835.jpg

そして二人で入念な打ち合わせをして、力を合わせてドアの底部に隙間テープを貼り付けることに成功。

かなりタイヘンだったので、将来何か似たような作業が発生して「あれってどんなやり方で貼り付けることに成功したんだろう」って思い出すためのヒントとして記録。

ドアと床の隙間をなくすためにテープを貼るわけだが、粘着部分を覆っている紙テープを剥がすために十分な空間がない。
もちろんドア本体を取り外して底部に貼るならカンタンだけど、そもそも大きくて重いドア本体を自分で取り外すことは不可能。

日本のお友達は「そんなの、床側のドアフレームに沿って付ければ簡単」だと思うでしょ。
こっちでは玄関でもドアフレームはなくて、普通の部屋のドア同様、大理石のフラットな床の上にドア本体があるだけ。だから、もしも床側に貼ったらドアを開けた時に見苦しいし、外から買ってきた大量のビールを台車で運び込むときに踏み付けて傷めてしまう。

そういうわけで、ドア自体の底部に貼りたい。

で考えたのが、紙テープの端の部分にT字に別のテープを接着して「取っ手」とし、その取っ手を少しずつ引いて、紙テープを剥がしていくこと。

f0189987_20512093.jpeg
分かりにくいけど、白いのが隙間テープの粘着面の裏紙、黄色いのが取っ手として取り付けたマスキングテープ。
黄色い取っ手を取り付けた部分の白い紙テープが覆っていた隙間テープ本体は切り落とし済なのが、上の写真の状態。

この状態でドア下の隙間に定規を使って丁寧に押し込み、黄色い取っ手を少しずつ左方向に二人で息を合わせて引いていくことによって紙テープが剥がれて行くという思う壺ダンナの神アイディアが光った。

紙テープが正しく剥がれて行けば、後は隙間テープと床の間に定規を差し込んで押し上げる要領で粘着面をドア底部に圧着させる。

途中で一度千切れてしまったものの、半分までは思い通りに剥がれていたので再度黄色い取っ手を貼り付けて作業を続行。

めでたくゴキブリ侵入ルートの遮断に成功した。
このまま一晩ドアを開けずに放置していれば、十分な厚みのある隙間テープが膨張することによってしっかりとドア底部に圧着されるはず。

やり切った満足感。
今から達成記念宴会だ。

皆さん、お疲れさまでした。
あ、企画した私と神アイディアを閃かせた思う壺ダンナ、そして後ろからじーっと見て応援してくれていたつぶちんが皆さんです。


………………………………………………………











[PR]
# by omoutsubo-bar | 2018-02-08 21:00 | KLの日常 | Trackback | Comments(0)